がるの健忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-08

[][]なるほど見えてきた

元ネタは

TwitterRuby on Railsからの脱却を検討か

http://slashdot.jp/developers/article.pl?sid=08/05/03/0617242

尤も、反応したのは主題とは少し違うところ(苦笑

現在Ruby on Railsからの脱却を検討しているらしい(TechCrunch Japaneseの日本語記事 http://jp.techcrunch.com/archives/20080501twitter-said-to-be-abandoning-ruby-on-rails/ )。2年越しで苦しめられてきたスケーラビリティの問題に対応するためで、書き換えの候補はPHPJava、そしてRailsフレームワーク抜きのRubyとのこと。

知ってるだけで2件の商用サービスがRoRからJavaに置き換えてます。

立ち上げ時の開発速度はなかなかなんですけど、やっぱり量が増えるとダメですね。

ん?そもそもRoRってJavaなんかよりRubyが得意な人たちが使って何ぼなもんでしょ。

わざわざRoRのためにRubyを覚えないといけないような人たちが使っても

何の意味もないと思うんだけど。

そう思うっしょ?

ところが、"高速開発"の名前に踊らされて無闇に手を出す偉い人がいて困る。

んと。「本当にスケーラビリティが悪いのかどうか」は要調査だとは思うんだけど。&これからの進化ってのもあるだろうし。

ただ。おそらくは「どこかのタイミングでネックになりやすい」ってのが一つめの事実。

…ってことは。多分その方向の技術って重宝されるんだろうなぁと。


RoRはちょいと手ぇ出す予定だし。切り込む方向見えてきたかも。


追記

まるで上述の反論のような記事を偶然にも見つけた。

エンタープライズでも採用が拡大

Ruby on Railsのスケーラビリティ強化製品、続々

http://www.atmarkit.co.jp/news/200805/07/rails.html

…とはいえ。

「批評家はしばしば、Railsはスケーラビリティに欠けており、ミッションクリティカルアプリケーションの開発には不向きだと口にする。1990年代中ごろにJavaが受けていた評価と実によく似ている」(フェントン氏)

Engine Yardの最高技術責任者を務めるトム・モーニニ氏は、eWEEKに対し次のように語っている。

Railsのスケーラビリティに根本的な問題はないと、われわれは考えている。それでもこの点を批判する人々は、効率性とスケーラビリティを混同しているのだろう。RubyRailsは、ランタイムにおける効率性こそ従来のプラットフォームに劣るが、これはほかの新しい開発プラットフォームすべてに言えることだ。Javaも登場した当時はひどく遅く感じられたのを思い出してほしい。Rubiniusなどの新たなRubyランタイムは、ネイティブコード生成といった、Javaでも多用されているのと同じ最適化技術を採用しており、効率性の向上を実現してくれる。現在われわれは、一月あたり数百万人ものユニークビジターが使用するRailsアプリケーションを、わずか数台の最新サーバ上で運用しており、ビジター数が数千万人になっても、将来的に数億人になっても大丈夫だという自信を持っている」(モーニニ氏)

Railsのスケーラビリティに対する非難について、Ruby on Railsの作者であるデビッド・ハインマイアー・ハンソン氏は、「言ってみれば、“揚げ足取り”のようなものだ。議論の的にできるものがなくなったので、苦し紛れに『スケーラビリティはどうなんだ?』というカードを切ったに過ぎない。いわゆるFUDFear, Uncertainty, Doubt:不安、不確実、不信)戦略の常套手段とも言える」と、eWEEKに話している。

ハンソン氏によれば、Railsは2005年の時点ですでに十分なスケーラビリティを備えていたという。

う〜んそのまま鵜呑みには出来ないなぁ*1


まぁ。議論と話題の中心付近にあるネタだってのは、概ねこれで確定できたかな。

*1:「そもあんた人の話鵜呑みにしたことあるの?」とかいう話はおいといて

2008-02-16

[][][][][]来たよ 来たよ ハイエナ 来たよ orz

ほぉら来たハイエナが。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080108/290642/

Ruby:高生産性でビジネスに急拡大,課題は大規模への展開


先に。

Ruby on Railsを作ったのは,David Heinemeier Hanssonというデンマーク出身の技術者で,今は,カナダに住んでいます。なぜRubyを使ったんですか,と彼に聞いたら「美しいプログラムを書けるから」と。

ここはわからんでもない。個人的には「プライベート&身内で使うなら面白い」と「集団とか有象無象に使わせるには怖すぎる」が半々ってイメージなのですが。

でもねでもね。

話題が先行するも生産性の高さが魅力

実際「日経ソフトウエア」で記事を作っていて,手順を順番に示すような記事で,J2EE(Java2 Enterprise Edition)とRuby on Railsで同じものを作ると,感覚的に2倍から3倍,J2EEの方が手順が多いと感じます。

とか。この辺がこわい。

ハイエナな皆様は、きっと

ただ何もかも楽になるかというとそうでもありません。Ruby on Railsで楽になれる部分は,主に設定の部分です。これまで,データベースはこれで,テーブル名はこれでという設定をXMLでゴリゴリ書かなければいけなかったのが,Ruby on Railsでは一定の規約に基づいて自動的にスケルトンプログラムを生成してくれます。“いつも同じ面倒な作業”から解放されて,本来実装すべきビジネス・ロジックだけに注力できるようになります。

なんて部分はすぽ〜んとすこり〜んと抜けて、ただ「何倍も楽にかける == 何倍も早く作成出来る == 数分の一のコストで出来る」って思うだけだろうから。

Javaは知らない。Visual Basicはちょっとやったことがある。で,Rubyの本を1冊だけ買ってきて,読んで,作ってしまったんです。

ここもこわい。多分ここから導き出されるのは「プログラミングに対してずぶのド素人でも本を一冊与えて読ませればモノが作れる == 初心者安く買いたたけてらき〜」。


…うん最近ちょっと悲観的な部分多いんだけどね orz

なにせ…様々な質と方向性で山盛りな量のハイエナども見ちゃってるしねぇ orz

不安に思いつつ、しばらくは見守る感じかなぁ?

しばらくの後も見守る以上の事が出来る自信は全然ないんだけど orz

2007-09-25

[][][][][]ちょっとしたメモ

http://www.oreillynet.com/ruby/blog/2007/09/7_reasons_i_switched_back_to_p_1.html

…の、意訳@スラド( http://slashdot.jp/articles/07/09/23/2357202.shtml )

1. Ruby on Railsでなければできないことは実は無い

“IS THERE ANYTHING RAILS/RUBY CAN DO THAT PHP CAN’T DO? … (thinking)… NO.”


2. 社内にPHPの利用者が多く、Railsに移行するには再教育が必要

OUR ENTIRE COMPANY’S STUFF WAS IN PHP: DON’T UNDERESTIMATE INTEGRATION


3. Railsは冗長:「余計な機能が多すぎる。9割の機能は使うことがなかった。」

DON’T WANT WHAT I DON’T NEED


4. phpは小さくて早い

IT’S SMALL AND FAST


5. phpは自分好みにいじれる

IT’S BUILT TO MY TASTES


6. phpだと自分でSQLを書ける

I LOVE SQL


7. Ruby on Railsを学んだことでphpでもっといいコードが書けるようになった

 「新しい言語のほうが良いと思えるのは、貴方が成長したから。」

PROGRAMMING LANGUAGES ARE LIKE GIRLFRIENDS: THE NEW ONE IS BETTER BECAUSE *YOU* ARE BETTER

まぁあちこち異論もあろうかって内容ではあるのですが*1

職人たるもの、道具にこだわるのと同じくらい、いざとなったら「どんな道具でもどうにかできるくらいの腕と知恵(== スキル)」が欲しいもんです。


ちょっと面白い内容だったので、めも。

*1:個人的には4番とか6番とかが特に