Hatena::ブログ(Diary)

とある地方のオタ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

カレンダー
2010 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2015-12-20

11月・12月に観た映画

少し早いですが。年末に観たものがあったら追記します。

レンタル屋で安かったので、たくさん借りてきました。オススメは『おやすみなさいを言いたくて』。主人公の生き方に賛否あるとは思いますが。『ジャッジ』も中々良かった。『ミルカ』や『ソロモンの偽証』も興味があれば是非。

長くなったので格納しておきますね。


D

ピューリタン革命を起こしたクロムウェルと、その友人フェアファクスとの友情もの。中々楽しめました。ピューリタン革命がどのようなものであったかのイメージは掴めると思います。


  • ミルカ

D

陸上競技におけるインドの英雄ミルカ・シンの伝記映画です。笑いあり涙あり踊りあり(笑)のいつものインド映画ですが、完成度も高く、面白かったです。ナショナリズムをくすぐる要素もあって、インドで人気があったのもうなずけますね。重い題材を扱ってはいますが、エンターテインメントとして優れた出来でした。インド映画に興味のある人は観て欲しいですね。


  • バトル・オーシャン 海上決戦

D

豊臣秀吉による慶長の役における鳴梁海戦(1597年)を題材とした韓国映画韓国の英雄李舜臣が、少数の朝鮮水軍で多数の日本水軍を撃破する話です。韓国側から見た「壬辰倭乱」についてのイメージが、どういうものか知ることができるでしょう。史実に忠実な部分と、願望が入り混じっていて中々興味深いです。ゾンビのような李舜臣の艦隊が、残虐で脆弱な日本軍を打破するのを楽しむ作品を「反日映画」と受け取るかは人によるでしょうね。


D

お話自体は微妙でしたが、映像表現や世界観は面白かった。重力を制御する靴で飛ぶ表現は、『蒼の彼方のフォーリズム』のアニメを作るのに参考になるんじゃないかなと。


  • おやすみなさいを言いたくて

D

家族を選ぶのか、それとも仕事を選ぶのかという定番のテーマだけでなく、ジャーナリスト存在意義や苦しみを描いているのが良かった。一応フィクションではあるけれど、現実に起こっていることではあるんですよね。ラストシーンは胸が締め付けられるものでした。


D

元ネタである『花とアリス』については全く知らなかったので、タイトルから『氷菓』みたいなものを想像していましたが、全く違うものでした。お話自体は他愛ないものではあったけれども、キャラが活き活きしていたので、会話のやり取りは楽しめました。


D

物事に真剣に取り組む覚悟が問われるような作品。正直、全く期待していませんでしたが、面白かったですね。


D

アフガニスタンに駐留しているドイツ軍の状況が、どのようなものであるかが多少なりとも理解できるかなと。現在の日本の政治状況を考えると、近い将来自衛隊が本作で描かれているような状態に陥るのではないかと考えてしまいます。そうした行為の是非を考えても、答えは出ません。一体、どうすりゃいいんでしょうね……。


  • ソロモンの偽証

D

前後編に分かれていて合計4時間以上の作品になっていますが、全く飽きずに観れました。面白かったです。ただまあ、自分の中学時代を思い出して嫌な気分になってしまいましが(笑)


  • ジャッジ 裁かれる判事

D

殺人が疑われる父親の判事を、息子が弁護する話。良い作品でした。やりきれない部分もあるけれど、世の中そんなに捨てたもんじゃないんだよ、と。いつもながらアメリカ人の人間関係の在り方は面白いなあ。


D

東西ドイツの統一を、東ドイツの側から見た作品。「ドイツの統一」とは言うけれど、どう考えても東側の屈服なんですよね。将来的な朝鮮半島の統一も、こんな感じになるんじゃないでしょうか。お話自体は家族ドラマなのですが、ナショナリズムとは何なのか、考えさせられます。


D

何かインド映画みたいでしたね(笑) 中国人にとっての「西遊記」って、こんなイメージなのでしょうか。


D

倫理的な枷が壊れている時代に、自分なりの正義感を持ちつつ適応したら、「悪童」と呼ばれるようになってしまったという感じかな。子どもは社会を映す鏡なんですよね。


D

ヒトラーの秘書の証言を基にした作品。ヒトラーの人間的な側面が描かれています。負け戦は本当に惨めだなあ……。あと、ニコ動の「総統シリーズ」の元ネタは本作だったんですね。ようやく分かりました。


D

偶にある「芸術的」作品ですね。何が何だか分からないまま終わりました。まあ、あまりに退屈過ぎて、早送りで観たからかもしれませんが。


D

前作「ジャーヘッド」って、こんな作品だったっけ……。アメリカ側の露骨なプロパガンダと言われても仕方ないかな。正直、微妙でした。



  • ブリッジ シーズン2

D

全10話。面白かったです。さすがにあの終わり方は予想できませんでしたね。シーズン3どうするんだろ……。う〜ん、ああいう引っ張り方はあまり好きではないんですよね。まあ、シーズン3のレンタル始まったら観るとは思いますが。


[12月27日追記]

D

D

  • ホビット 決戦のゆくえ

D

観ていたのに書き忘れていました。一気に観れて良かった。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gamagutu/20151220/1450613891