Hatena::ブログ(Diary)

ブラくぼ倶楽部

2020-02-17 《インフォメーション》

※ インフォメーション準備中

2016-04-01 μ’sファイナルライブ1日目 感想(※ネタバレ注意)

ども、ガミガミです(・ω・)


初めてガルパン劇場版を観て辛抱堪らなくなって超久々にブログを更新して以来です。

つーか今回もちょっと辛抱堪らなくなったというか、

色々ぐっちゃぐちゃになった感情を吐き出したいがために更新します。


…というのも、本日(もう昨日)3/31に東京ドームで開催された

ラブライブ!」のμ’sファイナルライブに行ってきたんですよ。


(※ このライブに「行きたくても行けなかった人」は、この先の文章は不快になるかもしれないんでご注意を。あとライブのネタバレ全開です。)


続きを読む

名無し名無し 2016/04/03 15:45 気になったのでコメントさせてもらいます。
そんな些細なことがきっかけでライブに行ってそれ以上のものをもらったならそれでいいと思いますよ。
あのときあの瞬間の感動は替えがたいものだったと思います。
それを行くべきではなかったと思うのはもったいない!
このもらった熱を何かに活かして今の自分があるのはこのライブがあったから!と言ってもらえる方が18人も嬉しいと思います

2015-11-21 ガールズ&パンツァー劇場版 感想(※ネタバレ注意)

昨日、ガルパン劇場版の最速上映を観てきました。

まあ、もう、とんでもないレベルのクオリティで、

衝撃を通り越して事件なんじゃないか?とまで思った次第です。


で、そういうものを観た後ってのは思う存分感想をぶっ放したいわけですが、

(観たのが公式イベントとはいえ)さすがにツイッターで正式公開日前に起き上がり大昇龍も気が引ける。


…というわけで、これ以上溜め込むのは精神衛生上よろしくないので、

約7ヶ月も放置していたブログを再開するに至ったわけです。

変な話ですが、もうそれくらいとてつもない出来の映画です。

徹頭徹尾ガルパンで、観る前の人間が想像でどれだけハードルを上げたとしても、

全盛期のセルゲイ・ブブカばりの跳躍で飛び越されると思います。

とにかくヤバかった。とにかく凄かった。


※ え〜以下、ネタバレ満載なのでご注意下さい。



続きを読む

BLACKBIRDBLACKBIRD 2015/11/23 00:45 まさかの大洗M@ster……

2015-04-08 七つの大罪 第121話 『予測不能』 感想





















追記:

講談社漫画賞、受賞出来ますように!!(願)

ジャックポットジャックポット 2015/04/08 16:35 十戒は単に魔神族の精鋭10人だけじゃなくて、ちゃんと各々の性質の意味もなぞらえているんですね。
そうなると“盗んではいけない”の魔神はバンの天敵になりそうです。

これだけ絶望的な展開だったら多少なりとも鬱になるものですが「七つの大罪」では「これでも、どうにかなりそうだ」と思える辺り、ある意味凄いw

>講談社漫画賞、受賞出来ますように!!(願)
「DAY」Sは見てないため言及しませんが火の丸と弱ペダは王道貫いてますからねー(火の丸は当初、ジャンプで相撲がウケるとは想像つかなかった)しかし、この中ではやはり「七つの大罪」が1番面白いので1月後の発表を楽しみにしています。

最後に14巻の表紙が公開されましたが原作、知ってたら納得できるけど未読の人があの表紙だけ見たら、高確率で間違った意味で捉えられるぞw

YOUYOU 2015/04/09 00:00 どうも久しぶりにコメントさせていただきます。
正直今週号で一番うれしいのが15巻限定版があのバンデット・バンの7割追加のOADで観られることです、そして講談社漫画賞は本当に取ってほしいとも思います。

千林豆ゴハン。千林豆ゴハン。 2015/04/12 16:27 >> 感想02:ガランさん、ここまで大口開いても中身見えないのか。


ガランさんなんだから、その中身は

 が ら ん ど う

に、決まってるぢゃないですか。

II 2015/07/29 12:24 鈴木央の作品が人気が出なかったころはイベントも数少なく熱心にブログも更新できてたけど七つの大罪が大ヒットしてした以降はイベントが急激に増加忙しいからブログの内容も次第に手抜きになっていき最終的にはこうして更新が完全に止まる
好きな作者が大成したからこそブログが死んだ皮肉な例を見ました

II 2015/07/29 12:24 鈴木央の作品が人気が出なかったころはイベントも数少なく熱心にブログも更新できてたけど七つの大罪が大ヒットしてした以降はイベントが急激に増加忙しいからブログの内容も次第に手抜きになっていき最終的にはこうして更新が完全に止まる
好きな作者が大成したからこそブログが死んだ皮肉な例を見ました