-+-GAMMA’s Blooooooog-+-

2005-06-12 男は度胸、女は豊胸

[] がっすべる

ビッグボインの歌きたー!

というわけで今週はビッグボインメインの話。

清麿に見て欲しいと願い出たのはただ清麿の困った姿を見るのが楽しみだったわけではなく、本当にそれに意味があったから・・・?

それに気づいたのがキャンチョメだけだったし。


ちなみにエンディングの後にあるとりかえっこのコーナー。

先週はキャンチョメとフォルゴレでしたけど、今週はティオとビッグボイン。

出た出たー!これで髪型だけ取り替えるなんていう馬鹿な話はないとおもったが、予想通りティオのまな板胸がビッグボインに!


あのうれしそうなティオの顔がたまらん(笑

[] エウレカセブン

今日はエウレカが軍にいたときの話、住民虐殺の話などがBパートでなされた。なるほど、ホランドがレントンをあそこで叱ったのはそういう過去があったからか。


「私、変わっちゃったかもしれない・・・」

Bパート、何故かわからないけどめちゃくちゃ感動したなぁ・・・。感動に理由なんて要らないんだ、感動したから感動したんだ(?)



人が変わるって事が果たしていいことなのか悪いことなのかはよくわからない。

例えば自分が久しぶりに知り合いに会ったとき「お前変わったなぁ」といわれるのがうれしいのかうれしくないのか、ということさえよくわからないでいる。

「変わらないね」と言われるのも同様。反応に困るが、大抵前者も後者も、言われると逆の言葉で返すのが私の中でのセオリー。

でもそういう変わった・変わらないというのはひとまず外見でそれを判断しますよね。

いくら外見が変わってしまっても、中身が昔と変わってなかったとき、私としてはすごいうれしかったりする。


でも人は変わるんです。絶対。

私、どちらかというと外見が昔とあんまり変わってないほうだとおもうのですが、確実に中身は変わってる気がする。

それがいい方向にも、悪い方向にも。


エウレカには是非いい方向に変わっていって欲しいですね。



で、個人的にこの話もよかったんですが、レントンが例のおばさんのところでお茶?をご馳走になっているとき、レントンが学校で教えられた知識でおばさんと話してたことに対してのおばさんからの台詞が今の私の創作にとって、来るものがあった。

[] 中古車フェア

なんか毎週のようにフェアが開かれている・・・。今時期って売り込む時期なのかなぁ・・・。もうちょっと前、例えば新生活に伴って出入りが激しくなる3月4月の時期とかに頻繁にやるんじゃないかなぁ・・・。

とはいうもののこれで3週連続。先週があまりにもしょぼかったし、展示してあるものより駐車場に止めてある客の車のほうを見てるほうが楽しかったという結末だったので今週にはちょっと期待。


まぁ、案の定客の車のほうが豪華だったけど(爆

それでもいくつか注目した車種を発見してきましたよ。また価値観が変わってよかったと思ってる。


>>インプレッサWRX Vリミテッド

これ、04年に限定で販売された(と思われる)インプレッサWRXの派生。コンセプトはインプレッサWRXをリーズナブルな価格帯で、ということらしく(?)様々な機能がSTIよりも劣っていたり、削除されていたりと、コストを抑えるためにそれ相応の仕様になっている。

一番の特徴は5MT/4ATのミッション構成になっていること。これでMTの苦手な女性でも気軽にWRXを堪能できるという策略。


やっぱり小型セダンということで背は低いし、幅は3ナンバーながらそれほど大きくないし、全長は短いし、しかしそれでいて定員5名を確保する居住性と、扱いやすそうなスタイリング。特にちょっとした人数で乗り合わせる場合、いくら2by2構成で定員4人のクーペであっても後部座席の居住性は無きに等しいので4ドアセダンというのはやっぱり時代のニーズに適ってるなと思う。

スバルブルーのボディにブラック統一のインテリア。いくら廉価版(?)とはいえWRXはWRXである。


ちなみに余談。資料の違いで若干の違いはあるが、インプレッサとランエボは正当なライバルか否かという話。

とある資料では出来た過程が似ているので正当なライバルとしてある。どちらもラリー選手権のために生まれた小型セダンなのだから。

しかし一方ではそれは正当ではないとある。

それはランエボは、ギャランより小型のランサーというベース車両が最初から存在していたこと。逆にインプレッサは、事実上レオーネの後継車であるレガシィ、そして今は無き小型セダンジャスティの中間の層を埋めるべく開発された、また、ラリー選手権のために生まれた車だということがその理由だというが、エボにしろインプにしろ、どっちの車もすごいことには変わりはないんですけどね。



>>Z33フェアレディZ

以前シルビアがスカイラインの。180SXがZの遺伝子を受け継いでいるんじゃないか〜なんて話をしましたが、このZにしろスカイラインにしろ、同じようにダットサンとプリンスをそれぞれ受け継いできたのがこれらの車種だという話。日産における2TOP、それがZとスカイライン。

これって・・・車種の名前?それとも販売チャンネルの名前?日産○○プリンスという店の名前もあるし、スカイラインの前身はプリンススカイラインだったし。一方Zにはダットサン240Zという前身もあったし、海外輸出名にダットサン称を使っていたということだし。

ちなみにダットサンという名称はピックアップトラックの名称に03年まで使われていたらしく、実は家にもホワイトのダットサントラックが存在していた。懐かしいなぁ・・・。廃車にしちゃったけど。


で、Zは00年にZ32が消滅。しかし北米市場での復活を機に02年に復活。それがZ33フェアレディZ。

私の周りでは超絶不人気車種でZ32派がほとんどを占めている。悲しい・・・Z33派は私だけだ・・・。

そもそもフェアレディにZ称が着いた時点でフェアレディは終わったという人間もいることですから、まさにドラゴンボールといった感じ(?)

NAエンジンながら280馬力を発生するし、環境対策も万全で排ガス規制云々も☆3つを獲得する優秀な低排出ガスマシン。NAながらカスタムの幅は広いし、Z32では馬鹿でかすぎたあのボディがスタイリッシュになり、これぞスポーツカーと言える存在ではないだろうか。

04年にはGT-Rに変わり、全日本GT選手権の日産代表車としてZが参戦。見事優勝しているほどの優秀な車なのに・・・。


未だ重いのは変わりないけど・・・。



>>ロードスター

マツダが誇るオープンカー。当初、販売チャンネルの1つでるユーノスから販売されていたユーノスロードスターが置いてあった。ユーノスからマツダになった際にモデルチェンジ?がなされたと思われる。

上記フェアレディZは世界で最も売れたクーペということらしいが、このロードスターは世界で最も売れたオープンカーとしてギネスにも掲載されている。

で、マツダのスポーツカーの特徴として、センターコンソールの位置が高いことが挙げられると勝手に思ってる(爆

即ち、シフトノブの位置が高く、逆にシート位置が低いところにあるという意味であり、他のスポーツカーよりも一層スポーツ感溢れてて好きなんですけどね。それの代表格がRX-7だったりするわけですが、今じゃぁちょっと路線変更のRX-8とロードスター、ロードスタークーペしかないわけです。ロードスターにはRX-8のシャーシを使用した海外名MX-5という後継車が存在してたはず・・・。



ちなみに、チラシに載っていたランエボ6トミ・マキネン仕様がなかったんですけど・・・。探し足りなかったのかしら。

今のランエボ、唯一の弱点は三菱であること(このご時世だし)と、サイドビューが非常にダサい・・・(笑

このトミ・マキネン仕様は事実上ランサーベース最後の車で、LSD付ビスカスカップリング式フルタイム4WD搭載も最後。6ではフォグランプだったけど、これはターマック仕様のフロントバンパーに差し替えられ、足回りが確か5寄りの硬い仕様になってた気がする。

君のぞらじお

オポッ!オポッ!

栗林みな実、11日で29歳〜というわけで恒例の似顔絵コーナーが!

画伯智秋、前よりも上達してるような絵を披露。だっていつだかのワニと自転車はちょっとすごかったし・・・。

やっぱり吉住梢はうまいなぁ・・・絵。すごいよ。



ちなみに私は未来に行って数字選択式宝くじの当選番号を覚えてきて現実に帰ってきてそれを書いてあてたいと思ったりもしたが、そんな私利私欲のために未来を見に行くわけじゃないんだよとドラ○もんに諭されそうなのでやめます。

とはいえ過去に戻って何かしたいことがあるのか?というと、実は1つだけあったりする・・・。

でもそんなことをして未来を変えてはいけないんだよ?とド○えもんが説教を始めそうなのでやめます。

特に、過去を変え、未来を変えようとしても、少なくともドラえ○んの世界ではちゃんとそこら辺の帳尻をどこかで合わせてきて結局現実世界には何も支障をきたさないという結果になってた「はず」ですが・・・。


でものび太は未来を変えたじゃないか!

元々ジャイ子と結婚する予定だったのに、しずかちゃんと結婚するようドラえもんに願い出たっていう話らしいし。



最後のジョイさんのプチシルマCMソングネタに爆笑。

[] 7月新刊情報

実は私が買い続けてるコミックスの続編がさっぱり出ない。いいとこ舞-HiMEの第4巻くらいじゃないかな。月刊誌なのに2ヶ月で第4巻を出したローゼンメイデンもまだ次が出ないようですし、約2ヶ月ペースでリリースされる週刊誌系も、マガジン全滅、ジャンプ全滅という有様。

多分(爆

でもこれ来月になってからいきなりポンと出て来たりするんですよね・・・?

訂正

・デリカスペースギア

 →これ、未だに5ナンバーの車らしいですね。あんなに背が高いのに幅が5ナンバーサイズで横ロール大丈夫なんだろうか・・・。

ちなみにこの車種のおかげで排気量2500cc以上から3ナンバーになるという規制が現在では存在しないということがよーくわかりましたとさ。

ちょっと過去の話

>>一年前

ポケモンカードについて熱く語る。

残念なのは背表紙のデザインが変更されてしまったことと、カードリーダーを扱うようになったこと。こんなことしなければもしかしたら・・・。


次あたりからは恐らくMTGの話が出てきそう・・・。



>>二年前

とある先生がフリルのついたエプロンをつけて、私の背中に抱きついてきた・・・。



・・・という夢を見たんだ


まさに外道



>>三年前

うわーゲームやってるぅ〜

ジョイ知ってるぅ〜