gamme’s direction is as pleasing to the soul. このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-21

[]ジュピター/平原綾香


帰りに寄る所があったのでちょっと早めに(定時後だけど)オフィスを出て、の、五反田駅のホームは、吹き抜ける風が気持ち良く、私はホームの端に立って空を見上げていた。口笛を吹いてみる、小さな音で。

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙(そら)の御胸(みむね)に抱かれて

ふと気が付くと、私の隣に立って電車が来るのを待っているお姉さん(と言ってもたぶん私よりも年下)が、迷惑そーな顔をして立っていた。私の立っていたところはちょうど電車の降車口だったということは、そのとき気が付いたのだが、私には別に退く理由はなかった。

いいじゃんかよー、口笛くらい好きに吹いたってよー。

お姉さんに気が付いた私を、お姉さんは気が付かない振りをしていた。私は急に、何か言わなければと思った。

「あれがジュピターです」「えっ?!」とお姉さんが言った。今度は私が気が付かない振りをして、続けた。「あの月の、左斜め上のところに白く明るく光っている大きな星があるでしょう、あれがジュピターです。地球から、っていうか太陽から、ええと、どれくらい離れているんだったっけかなあ。その下の小さく光っている星がアンタレスで、さそり座で一番明るい星です。ジュピターと月が、サソリの、この変辺とこの辺にあるみたいな形でサソリがあるんです。で、この辺に、ばああっと天の川があるはずなんですけど、ここじゃあ見えないみたいですねえ。」

「あのっ」とお姉さんが急に言ったものだから、私はついそのお姉さんの顔を見てしまった。「あのっ、私、『ジュピター』すごく好きで、あの私にとってはとてもとても大切な歌なんですけど、でもあの私、ジュピターって見た事なくって。どれかもわからなくって。そんなに大切だったら調べればいいのに、私ダメなんです、そういうの、いつもいつもほったらかしでできなくて、どうでもよくなってしまうんです」

「あ、でも、今、わかったでしょう。あれがそのジュピターですよ。時間と共に少しずつ場所動いていきますけど、でも、明日も晴れていれば今と同じ時間にあそこらへんに見えるはずです。で、日と共にも少しずつ場所変わっていきますけど、でもまあ1回見つけられると案外次も見つけられるもんですよ。」

と、ホームに電車滑り込んで来て、私達が立っている位置から月もジュピターも見えなくなった。私は黙って電車に乗った。お姉さんはまだホームにいた。あれ?と思って振り返ると、お姉さんは「私、もう一度見てからにします」と言った。そして、「あの、ありがとうございました」と言って素早くお辞儀をした。あ、いや、なんでお礼? あれ、何だったんだっけ? 電車のドアが閉まって、電車が走り出した。この電車がホームからすっかり抜け出したらお姉さんはまたジュピターを見る事ができるだろう。

私は私のおまじないの言葉を思い出した。このおまじないは無意識に出てくるし本当によく効くので、今度このおまじないを教えてくれた人にこのことを言わなければ、と思った。

Why can't we be friends?
Why can't we be friends?

すだれすだれ 2007/10/29 15:26 ご挨拶が遅れました。拙ブログの記事を書くにあたり貴ブログの記事を参考にさせていただきました。つきましては僭越ながら貴ブログへリンクを張らせていただきました。事後になりますがご了承頂ければ幸いです。↓
http://oto.temiruya.com/archives/2007/10/post_52.html

代わりと言ってはなんですが、拙ブログの記事を踏み台に記事を作成された折にはご遠慮なくトラックバックされて結構です。今後とも宜しくお願いします。(このコメントは削除して頂いて構いません。)

P.S.
上のエピソードは実話でしょうか?……すみません野暮なことを訊いてしまいました。聞き流してください。実話だろうと作話だろうとよい物語にはちがいありませんし。
”Why can’t we be friends?”は、「私たちが友人になれないことなどあろうか?」という訳でよろしいのでしょうか。

gammegamme 2007/10/30 11:03 すだれさん、どうもありがとう!
はい、上のお話は実話です。私もちゃんと実在する人間です(笑)

”Why can’t we be friends? は、どっちかって言うと「で、私たち、友だちになれるよね?」とか「僕ら友だちだよね?」みたいな感じです。すごい疑問文、って感じよりかは。うーん、日本語に翻訳するのが難しい言葉の1つだと私は思っています(^_^;)

すだれすだれ 2007/11/08 20:41 gammeさん
> 「で、私たち、友だちになれるよね?」
なるほど。まあ意味は意味は把握できてたというところでしょうか。
上の記事のようなエピソードが、私にもあったような気がします。それとも友人から聞いたのか。表情を見た感じ怒ってる?と思ったのですが、実はそうでもなくてむしろ歓迎されていたというような……きちんと思い出してからコメントしようと思っていましたが、どうもあやふやです。

gammegamme 2007/11/09 00:01 私は、すごーく考えているときには自分の世界に入ってしまう傾向があり、人から見ると寝ているように見えるときもあるみたいです。会議中とか、ちゃんと考えているのに「そこ!眠いのなら出て行け!」とか言われたことがあります(^_^;)

表情って、ココロが表れるものではあるけど、それがどんなココロの様相と結びついているのかは人それぞれだったりしますよね。

すだれすだれ 2007/11/13 14:54 > 眠いのなら出て行け!」とか言われたことがあります
…せめて目は開けておきましょう。

> それがどんなココロの様相と結びついているのかは人それぞれ
デフォルトが怒っているような顔、って人もいるでしょうし。特に都会で生きるためには面倒事に巻き込まれないように、他人を寄せつけない表情を浮かべているというのは、有効だと思えます。
ではでは。

gammegamme 2007/11/13 17:27 意識していないけど、表情や行動に出てしまうということはありますよね。心理的なものもあるし、生理的なものもあるし。むつかしいですよね。

よく人に道を聞かれたり、飲み屋で話しかけられがちな私はさしずめ、他人にwelcomeは表情を浮かべているのでしょうか(笑) もちろん本人にその自覚はありませんが。でも、ま、イヤではないので、その「イヤではない」っていうのが表れているんでしょうね〜

ではでは!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gamme/20070821/1187716407
Into Infinity Japan オフィシャルブログ
Into Infinity Japan オフィシャルブログ
Connection: close