Hatena::ブログ(Diary)

gan2 の Ruby 勉強日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数 PV/ 1262589 Subscribe with livedoor Reader 役立つリンク集

2012-07-22

[javascript] Chrome の JavaScript 処理系 v8 を OSX に入れてみた

ふいに ChromeJS 処理系コマンドラインから実行したくなったので入れてみることにした。

Chrome のコンソールがあるからいらないといえばいらないのだけど…。)

v8ビルドには SCons というビルドツールが必要らしいのでそれを入れる必要がある。

また、SCons のインストールには Python が必要。

まず Python から

たぶん OSX 10.7.4 にはデフォルトpython が入っているので、新たに入れ直す必要はない。

$ python --version
Python 2.7.1

次に SCons

SCons のソースは以下から取ってくる。

scons-2.1.0.tar.gz

作業ディレクトリ(ここでは ~/src)に持ってきてセットアップする。

$ mv ~/Downloads/scons-2.1.0.tar.gz ~/src
$ cd ~/src
$ tar zxvf scons-2.1.0.tar.gz
$ cd scons-2.1.0
$ sudo python setup.py install

最後に v8

git から v8クローンする。

$ cd ~/src
$ git clone https://github.com/v8/v8.git

SCons でビルド

$ cd v8
$ scons sample=shell

ビルドが終わると ~/src/v8 以下に shell という実行ファイルが出来ている。これが v8処理系

このままだと使いづらいので、シンボリックリンク /usr/bin/v8 を作っておく。

sudo ln -s ~/src/v8/shell /usr/bin/v8

これでどこからでも v8 と叩けば呼べるようになる。

こんな感じで動くよ

$ v8
V8 version 3.12.15 (candidate) [sample shell]
> print('hello, world!');
hello, world!
> ^C

抜けたいときは ^C で抜けられる。

ファイルを指定して実行することも可能。

$ echo 'print("from test.js");' > test.js
$ v8 test.js
from test.js

参考

2012-07-11

[vim][web+db] Vi(m) コマンドの覚書

WEB+DB PRESS 62」の特集「Linux の基礎知識」を読んで、

ボールペンでチェックしておいた覚えておきたいことをブログにも書いておく。

覚えておきたいコマンドの一覧

コマンド解説
ZZ保存して終了
w次の単語に移動
b前の単語に移動
^行頭に移動
$行末に移動
Ctrl+f1ページ進む
Ctrl+b1ページ戻る
ggファイルの先頭に移動(1G でもいい?)
%対応する括弧に移動
p前の検索結果に移動(N でもいい?)
o1つ下に新しい行を追加してテキスト入力(o は何の略?Over?)
O1つ上に新しい行を追加してテキスト入力
dwカーソル位置から1単語削除
(似たようなコマンドとして d^ や d$ がある。d はきっと Delete の略だな。)
cwカーソル位置から1単語変更
(c は Change だな。)
ywカーソル位置から1単語コピー
(y は Yank で Emacs といっしょ。現在行を丸々コピーするには yy。)
pコピーしたのが行単位でない場合は、カーソル位置の1つ後ろにペースト。
コピーしたのが行単位の場合は、カーソル行の下にペースト。
Pコピーしたのが行単位でない場合は、カーソル位置にペースト。
コピーしたのが行単位の場合は、カーソル行の上にペースト。

dw, cw, yw は似たもの同士

cw, yw も dw 同様に後ろの w を ^ や $ に変えると挙動が変わる。みんな似たような動作をする。

ペースト(p, P)の違い

  • コピーしたのが行単位の場合は、p, P は a, i に対応している。
  • コピーしたのが行単位の場合は、p, P は o, O に対応している。

そういえば、a は After の頭文字なんだろうか?

i が Insert だからカーソル位置に挿入で、a が After だから後ろに挿入と考えると覚えやすいな。

文字の置換

文字列の置換は s コマンドで行う。

フォーマットは「:範囲s/from/to/[gc]」

「範囲」は全行を表す % か、n 行目から m 行目を表す n,m が使える。

オプション c は confirm の略で、置換を1つ1つ確認したいときに使う。

アンドゥ

純粋な vi ではアンドゥは1回しか実行できませんが、Vim では複数回アンドゥを実行できるようになっています。

vi で複数回アンドゥしたいときはどうしたらいいんだろう?

回数を指定して u を呼んだりはできないのだろうか。

2012-07-07

[css] デザインを微修正

フォントのサイズと大きく、レイアウトの幅を広く取るようにした。

これで少し見やすくなるかな?

before

.day {
  font-size: 80%;
}

#simple-header {
  max-width: 910px;
}
h1 {
  max-width: 910px;
}
.hatena-body {
  max-width: 910px;
}

after

.day {
  font-size: 100%;
}

#simple-header {
  max-width: 1100px;
}
h1 {
  max-width: 1100px;
}
.hatena-body {
  max-width: 1100px;
}

max-width は none にするとちょっと広すぎる印象だったので、1100px にしておいた。