Hatena::ブログ(Diary)

cake bake diary

2011年09月03日

NetBeans+cakephp-netbeans入れてみた

| 16:33 | NetBeans+cakephp-netbeans入れてみたを含むブックマーク NetBeans+cakephp-netbeans入れてみたのブックマークコメント

そろそろ秀丸WinSCPの環境から脱却したくてNetBeansとcakephp-netbeansプラグインを試してみた。

参考にした記事:

お探しのページは見つかりませんでした | 市販薬で老人性イボ取るBANANA|本当に効く薬はコレだ!

NeBeansのインストール

インストールしたバージョンは7.0.1のPHP版。

cakephp-netbeansはevilbloodydemon氏の版

cakephp-netbeansのビルドで嵌る。

cakephp-netbeansプロジェクトを右クリック>「NBMを生成」でコンパイルできるはずが、エラー。

ソースレベルも1.5になってるし、なんで?

ここでしばらく嵌る。

PHP版だからかなと思ってALL版をインストールしてみるものの、ダメ。

エラーメッセージ*1を見ると、ハーネスが無いよーって言われてるみたい。

ハーネスってなに。

プロジェクトプロパティからライブラリの項を見ると、NetBeansプラットフォームのところが赤字で「不明なプラットフォーム」になってた。

そこでプラットフォームの管理から"C:\Program Files\NetBeans 7.0.1"を追加し、ハーネスを「プラットフォームに含まれる」にする。

これでモジュールの依存関係が解決でき、ビルド成功。

あとは参考記事の通りにプラグインをインストール。

リモートからプロジェクトを作成

お探しのページは見つかりませんでした | 市販薬で老人性イボ取るBANANA|本当に効く薬はコレだ!

既存の開発環境はリモートをWinSCPで操作+秀丸で編集(保存と同時にアップロード)なので、同じにする。

「リモートサーバーからのPHPアプリケーション」でプロジェクトを作成し、SFTPで接続し同期。

設定で「既知のホストファイル」を明示的に指定しないと、アップロードの度に確認が出るので、必ず指定する。

転送速度はWinSCPと同じくらい。

WinSCPだとたまに、転送されてると思ったら認証キーのパスワード要求で止まってたりするので、こっちの方が便利。

ただログは確認しずらい。

Zen-Codingの導入

Zen-Codingが便利らしい[導入編] | Late Riser

を参考にプラグインをインストール。

なぜかショートカットキーがCTRL+Alt+Nじゃなくて、CTRL+Windowsキー+Alt+Nになってる。

Zen-Codingは秀丸版の方が高機能で使いやすい印象。

lang="ja"だし。

秀丸版は子要素スペース記法が拡張されてるのが良かったけどまあ我慢する。

Gitの導入

結論から言うと断念しました。

理由は、

  1. 認証キーの指定方法がわからない*2
  2. リモートと同期を取っているのでブランチを移動するスタイルの開発が現実的ではない。

1の問題が解決できず、かつ2の問題もあったので諦めることに。

ブランチ使えなくなるのは痛いので、早々にローカル開発への切り替えを検討します*3

XDebugの導入

これも上記の理由で断念しました。

リモートデバッグ自体はできるらしいものの、ローカルへ切り替えた方が早そうなので。

テンプレートの作成

ツール>テンプレート から、コンポーネントやヘルパーのひな形を作成。

まとめ

とにかく動作が軽い&メモリも食わないので、おおむね満足してます。

ただ肝心のcakephp-netbeansがいまいち良くわからない&役に立ってないのが・・・うーん

*1:メモし忘れた。。

*2:要するにリモートリポジトリに接続できない

*3:MacbookAir欲しい

icpa0icpa0 2012/04/05 18:40 はじめまして、ICPAの中原でございます。
突然のメールで失礼致します。ブログを拝見させて頂いてメールさせて頂いております。
私どもは外資系ヘッドハンティングファームでございます。外資系IT企業、コンサルティングファーム、国内IT企業のエンジニアポジションをご紹介しております。
現在、クライアント(自社サービスを持った企業)の強いご希望でスマートフォン向けアプリエンジニア、アプリケーションエンジニア、サーバー、DB周りのエンジニアを急務で探しておりまします。
管理人様が上記PHPでプログラミングが出来るエンジニアかと思い非常に興味を持っております。
もし、転職したい、作るプロダクトを変えたい、新しい技術を職場で学びたいという希望があれば、是非ご連絡ください。
何卒、よろしくお願いします。
E-mail nakahara@icpa.com