Hatena::ブログ(Diary)

がらくたにっき このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-18 8-2(復路鵜)

俳句ひとつ。

甲子園努力友情8-2

(季語は甲子園・夏。グラウンドは汗塗れ)

2017-06-26 ぐにある栗(復)

俳句ひとつ。

牛小屋を出てすぐにある栗の花

(季語は栗の花:夏。あの匂いの後だとそれでいいというか、それしか見えないというか)

2017-06-12 凪や不眠症(復)

俳句ひとつ。

〈朝凪や不眠症なり夜が明ける〉

(季語は朝凪(夏)。不眠症の人が朝を迎えるとも、あるいは朝凪自体が不眠症ともとれそう)

UNUN 2017/06/22 13:14 はじめまして。
唐突なお願いですが「ぷちss祭り」のSSが閲覧できなくなっているので
できれば復旧をお願いできないでしょうか?
よろしくお願いします。

garakuta4000garakuta4000 2017/08/30 17:27 コメントの返信遅れまして申し訳ありません、管理人です。
「ぷちSS祭り」のSSについてですが、現在は技術的な問題が発生しており、SSの復旧が難しい状況となっております。
ご期待に添えず申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

2017-05-14 へこんだ(復)

俳句ひとつ。

《春の宵へこませてゆく航空機》

(季語は春の宵・春。こちらから見える飛行機は二次元的ですが、でもやっぱり三次元。)

2017-05-13 生ずるにあらず(復)

俳句ひとつ。

《電卓に香りが生ず梅雨の空》

(季語は梅雨・夏。いろんなものがにおってくる季節。三角コーナーも……!)

2017-05-11 中継入りました(復)

俳句ひとつ。

《猫の子のいつまでも居るライブ中継》

(季語は猫の子・春。肝心な時に毛並みしか見えない)

2017-05-10 ネズミ(復)

俳句ひとつ。

《ネズミ巣に立ち退きはなし春の宵》

(季語は春の宵・春。動物の引っ越しは自由気ままですが、たまに洪水とかで強制移動とかあります)

2017-05-08 春疾風(復)

俳句ひとつ。

《飛ぶ鳥は果てまで駆けよ春疾風》

(季語は春疾風・春。行き着く所まで向かうのもひとつの手。)

2017-05-07 みは全て(復)

俳句ひとつ。

《神経の痛みは全て鎌鼬

(季語は鎌鼬・冬。降り掛かる辛さは自分や運命のせいというより、環境がなせる業……と考えられればまじめな人は気が楽になるかしら。極端になすりつけてもちょっと問題ですが。)

2017-04-26 動く☆(復)

俳句ひとつ。

〈衛星は動く星なり春野原〉

(季語は春野原・造語(多分)。最初は星を☆と書こうかと思いましたが、初見だと読むのが難しいので断念しました。ヒトデが好きな人とはちょっと違うかも)