ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

06年6月15日 木曜日 そろそろ本気出すわよ

検索避けについて

ガラマニによる栞とコメント(はてなブックマーク)に、[検索避け]タグを追加。
http://b.hatena.ne.jp/garamani1983/
右側にあるタグ一覧、tags(数字)の下部から、「検索避け」をクリックすると、このテーマでブクマした一覧が出ます。
「二次創作サイト=違法行為=検索避けすべし」論法については、いずれ本腰入れて語りたいと思っていました。まず、はてブのコメント欄において持論を発動しました。

ヤフーのブログ検索で「検索避け」で検索してみたところ、好きな芸能人について語っているだけのブログが、「この話題はナマモノ*1だから、検索避けしなきゃいけないわ!」って強迫観念みたいに言っていたり、「私のブログにコメント書き込む人は、芸能人や漫画家の名前出すときは、伏せ字にしてくんなきゃ困るわよ!」って怒っていたり、「アクセス解析を見たら、うちのサイトに、検索語句<有名バンド名>で来てる人がいる!うちには、<有名バンド名>についての情報なんかありませんから!」ってビビッていたり。自サイトが検索でヒットすることを、必要以上に怖れている作者が増えてきているように感じました。「検索避け」の名のもとに、かなりの誤解、曲解が広まっているのではないかな。

「アニメや芸能人の二次創作だから」、ではなくって、「アニメや芸能人の話題だから」という理由で、自サイトを検索避けしたがる意味が、分かりません。前者は確かに著作権法違反ですが、後者は違反でもなんでもありません。もしも、持論に反感を持つ人に見つけてほしくないという動機ならば、サイトやブログに書かなきゃいいじゃんと思います。

ジャニーズだろうがディズニーだろうが、それについて自分が思う事を、文章に書き、インターネット上に掲載すること自体には、なんら法的問題はありません。こうした評論文は、自分の著作物以外のなにものでもありません。泡食ってロボット検索から逃れようとする必要など皆無。「ナマモノ=検索避け」と、インプリンティングされすぎて、映画の感想や、「歌手の誰だれが好き!」或いは「嫌い!」と書くだけで、検索避けだ、ロボ避けだと、ウワゴトのように言う人が出てきたことに、驚いております。

俺が、「二次創作サイト=違法行為=検索避けすべし」論法
(例:「検索避けをいれよう」さん
http://kensakuyoke.client.jp/
に、もろ手を上げて同意出来ない最大の理由は、その論法と、「リンク行為は自由である」というインターネットの基本原則
(例:後藤斉さん作「リンクについて「リンクは自由!」」
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/webpolicy.html
とが、矛盾する面を持つからです。

例えば、はてなのアンテナやブックマークのような、オンラインブックマーク媒体は、検索避け論法と真っ向から衝突してしまいます。検索避けを入れているサイトは、リンクについて、様々なローカルルールを設定していることが多いからです。特に、オンラインブックマークにリンクされると、せっかく検索避けを施したサイトが、リンクの風通しのよい環境に置かれることから、「オンラインブクマ禁止!」と主張するサイトが出てきました。Googleの検索結果画面にリンクされたくない、検索避け論法は、他人が自サイトをリンクする際にも、これはだめ、あれはだめと要求する方向にいっているのです。

こうしたリンクに際してのオネガイを、聞き入れるか否かは、自サイトに検索避けを入れるか否かと同様に、各人の判断に任されることであって、先方に強要することは出来ないと思います。また、検索避け論法が問題にしている、二次創作サイトがはらむ著作権問題は、イラストや小説ならば対象になるでしょうが、評論は対象になりません。俺が作ってるファンサイトには、二次創作小説もイラストもありますが、評論もたくさんあります。俺のサイトぜんぶを指して「二次のエロやってんだから、検索避けしろ」と、もしも言われたらイヤです。直には言われたことはありませんが、この掲示板
http://www.webclap.com/bbs2/index.html?mode=view&thread=46&from=1&to=300&sort=down
の、171さん

私の周囲でも、ロボ避けが注目されるようになったのは本当につい最近ですから、
それ以前は義務やマナーに値するとは思ってませんでした。

この部分に、俺は同意見なのですが、171さんはくそみそに非難されており、複雑な思いでおります。ハードコアなエロ等、年齢等の制限を要すると自主的に判断した場合に、その項へのリンクページに注意書きを置き、エロ本文にのみ検索避けを施すといったやり方ならば、妥当であろうと考えます。また、自サイト全体を、なにがしかの理由で検索避けしたり、技術的なリンク制限を施すことにも、それがサイト作者による自主的判断ならば、尊重されてしかるべきだと思います。しかし、よそのサイトの方針にまで口出しすべきではないと思います。
俺は、サンライズの二次創作サイトを、サンライズ公認のひのぼりドッとネッと!ではないサーバーで運営し、なおかつID・パスワード制にせず、あまつさえ検索避けを施さず、そんな違法サイトから、公式サイトへリンクを貼っているという、検索避け論法者にしてみれば、言語道断なやつのようです。そんな俺は、下記のような考えで、自分のサイトを作っております。
ガラマニが考える、二次創作と著作権についての声明
http://www11.ocn.ne.jp/~garamani/garamani-net-creation.html
このブログにある検索避けについての記事は、サイドバーのカテゴリー「検索避け」から、ご覧いただけます。
★トラバいただきました!ご丁寧な解説をありがとう御座います。勉強になります!
「二次創作+オンラインブックマーク総括」の履歴とメモ-またしても調べ不足で…検索避けのこと
http://onlinebkm.blog.shinobi.jp/Entry/8/

また「版権元から逃れるための検索避け」であれば、卑屈であると捉えられても仕方ないなあと思います。

アニメやマンガの、二次イラストや小説ならば、まったき違法ですから、摘発を怖れる気持ちはもっともです。ただ自分のサイトで、ロボット検索はイヤ、アーカイブはイヤ、オンラインブクマはイヤと、次々出てくる媒体に、いちいち対策を講じるのが、すごい手間ひまだろうと思うのです。そんなにまでして、リンクされないために努力するのならば、インターネットでやらないのが一番手っ取り早いだろうというのが、現在の俺の論です。慮外者から逃れたいという発想でいくと、インターネットという媒体が、そもそも不向きだろうと思うのです。
あんまり難しく考える必要はないと思うのですよ。インターネットの恩恵に浴すならば、同時にリスクも負わねばならないということです。検索にヒットすることやリンクされることを俺は「恩恵」と考えるし、「リスク」と考える人は、技術的な対策を、自分だけが講ずればよいのではないでしょうか。
ただし、上にも書きました通り、二次創作やナマモノカップリング創作ではなくて、番組の感想や萌え語りをしているだけのテキストオンリーサイトならば、少なくとも著作権と肖像権に抵触する心配はありませんから、違法性を気にしての検索避けは不要です。そして「うちのブログにリンク貼るなら、貴サイト様に検索避けをして下さい」等と、リンク先に要求するのは、「棲み分け論」に立脚するならばなおさら、声高にかかげるべきではないでしょう。

*1:ナマモノ:芸能人など、実在の人物を戯画化した著作物を発表する行為。肖像権の問題が発生する場合がある。一方、アニメやマンガの無認可二次創作物は、著作権法下で違法行為にあたる。二次創作とナマモノとは、問題の性質が異なる。

たきがはたきがは 2006/06/15 23:57 検索避け検索避けってヒステリックにうるさいですねぇ。
公式が二次創作見て見ぬふりしてるのは「毒にも薬にもならない」からだと思うんです。公式が馬鹿みたいにうるさいディズニーならいざ知らず、公式に「描くな」と言われるぐらいのものを書いてみたいと思う私はへそが曲がってるのかも。

garamani1983garamani1983 2006/06/16 00:55 たきがはさん、コメントありがとう御座います!
本当に、昨今の検索避け論法は、ヒステリックすぎるし、発想が卑屈だと思うんですよ。自分で考えるとか、創作とはなんぞやとか、本質突かずに「二次なんだから常識でしょ!」ですもん。いつから、公式や検索エンジンから「隠れる」ことが「常識」になったんだか。

>と言われるぐらいのものを書いてみたい

俺も、同感でおりますよ!

MikiMiki 2007/06/26 21:43 私は裏サイトを持っていますが、別段検索避けをしていません。大人の冗談なんだから軽く受け流してくれよ、と受け手の判断に任せています。まあ、一日十カウントもないサイトだから言える事ですね。昨年、とあるSNSに登録した時、管理人に「ナマモノの話題は厳禁」って言われて「そんならいらねえや」と思いました。話題にすら出来ないなんて常軌を逸してます。ウェブリングなき今、検索なしでどれだけのアクセスが望めるでしょうか。私はとにかく検索避けには反対です。

garamani1983garamani1983 2007/06/27 22:50 Mikiさん、コメントありがとう御座います!共感いただき嬉しいです!

世界中に、星の数ほどウェブサイトがあって、その中で我々読者は、検索エンジン等を使い、数少な〜い、好みのサイトを選んでいるだけのことだと思うんですが、検索避け論法は、正直、今更なに言ってるんだか?と疑問です。すべてのサイトは

>受け手の判断に任せています。

状態なのが、当たり前だと思いますよ。本屋さんで本選ぶとき、テレビのチャンネル変えてるときと同様に。大手でも公式でも、ウェブ上では、個人サイトと同じ、好悪の視線の先に置いてあることに変わりはありませんもの。

法的な問題を見ると、そもそも検索エンジン自体が日本国内ではまだ違法なんですよね。それで、サイト作者が「自分たちは違法だから」「ジャンル消滅するから」「検索から来ないで下さい!」って騒いでいるのを見ると…

な゛んだかなー!(阿藤快口調で)

>話題にすら出来ないなんて常軌を逸してます。

まったくです。SNSで、な゛んじゃそりゃー!(松田優作口調で)

>ウェブリングなき今、検索なしでどれだけのアクセスが望めるでしょうか。

老舗ウェブリングが相次いで閉鎖してるようですね。ネットサーフは検索エンジン主導の時代でしょうか。

俺も、世界中のサイトを各種エンジンで探しまくってます。閲覧者としても、発信者としても、検索のないネットなんて考えられませんわ。検索エンジンの方も、新しいロボットが続々登場しているようで、避けたい方々には、いちいち避けるのがさぞかしたいへんでしょうに〜と思います。

nouskjpnouskjp 2009/10/10 21:21 はじめまして。私は男性向けで活動しているのですが、たまに女性向けが活発なジャンルにはまると「検索避け!検索避け!」五月蠅く、なんだかなあ…と日々思っていたことが、判りやすくこちらの日記にかかれていて胸がすきました。

garamani1983garamani1983 2009/10/11 22:04 nouskjpさん、ようこそ!
すっきりしてもらえたなら、嬉しいです。

同じ、著作権的には未許諾な、同人サイトなのに、
男性向けと女性向けとでは、
なんで、こんなにも、雰囲気が違うのでしょうね、
検索避けについてだけ。

この疑問への、自分なりの回答は。

「男性は、自分の性向を、見られたり知られたりする事に、抵抗がない。あくまで女性に比べたら、ですが。

一方、女性は、それには抵抗がある。

例えば、自慰行為について、男性同士は、あけすけに語り合う。ポルノ女優の誰々さんにはお世話になりましたーとか。

女性は、ウェブ上ですら、女同士ですら、その話題はタブーである。

だから、あたしは誰×誰で感じます、などとゆうテーマのサイトは、隠したがる。
同じ趣味の女同士でだけ、ひっそりとこっそりと、語り合いたい。
あたしの趣味をわかってくれない人は、見ないでほしい。」

こーゆー心理なのではないかと。

もちろん、著作権うんぬんは、後付の大義名分です。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証