ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

12年7月17日 火曜日

福井旅行記【前編】東尋坊、怖ぇえええええええー!

6月某日。ガラマニ、はじめての福井。

織田信長がネーミングしてくれた街、ガラマニ県ガラマニ市に住む俺。JRガラマニ駅から、福井までは、特急しらさぎで、たったの1時間47分で到着。なにしろ福井は、隣県だ。近い。

ワクワクしながら、JR福井駅に到着。おお、ここが福井か!

f:id:garamani1983:20120717110513j:image:w640

すごく…福井です…

福井の信号は、しゃべる。音楽で、「とうりゃんせ」を流しながら女性アナウンスが、

「信号が、青になりました。」などと言う。ガラマニ県では、せいぜい、ピッポ、ピッポ、ピッポだけだが、福井では、

♪と〜うりゃんせ、とうりゃんせ〜 「信号が、青になりました。」 こーこはどーこの福井県〜 「気をつけて、お渡りください。」

すごく…福井です…

福井駅に近い、某ホテルにチェックらインし、荷物を置き、軽装になり、えちぜん鉄道の福井駅から、三国港駅へ行く電車に乗った。きれいな女性の車掌さんが同乗して下さっており、特に不安は、いまのところないが、安心だ。

終着駅、三国港駅(みくにみなとえき)に到着。

f:id:garamani1983:20120717110510j:image:w640

お天気は、くもり空だが、気温は快適。ここから徒歩で、福井が世界に誇る、自殺の名所、東尋坊へと向かう。地図として参考にしたのは、グーグルマップの航空写真だ。写真を、どこからどう見ても、俺の健脚ならば、軽く、かるぅ〜く、歩いて行ける、と、この時はまだ、ワクワクしていた。

おや、小奇麗なビーチだ。三国海水浴場だ。

f:id:garamani1983:20120717110506j:image:w640

お船も、釣り人も、いる。俺は、海なし県に住んでいるので、海を見るだけで、テンションが上がってしまう。ウワーイ!海だ!海だ!

白浜を通り過ぎ、車道を歩いていくと、おお、見えてきた!ヘンなタワーが!あそこが東尋坊か!

f:id:garamani1983:20120717112408j:image:w640

しかも、緑あざやかな林が、東尋坊タワーまで、連綿と続いているではないか。絶好の散策路ジャマイカ。

と、その時。俺を、振り向かせる、強大なパワーを感じた。こ、これはッ?!

f:id:garamani1983:20120717112404j:image:w640

階段だー!

f:id:garamani1983:20120717112401j:image:w640

個人所有の別荘らしい。そのわきの階段が、崖の下の、海辺まで、続いている。おりてみたいという階段マニアの欲望をおさえつけ、俺は自殺名所・東尋坊へのルートを探した。

「荒磯遊歩道」という、看板を見つけたので、いそいそ荒磯と、その道へと踏み込んだ。「ありそゆうほどう」と読むそうだ。

ここからが本当の地獄だった。

f:id:garamani1983:20120717113459j:image:w640

写真では、のどかな風景に、見えることだろう。

駄菓子菓子!平日の午後。俺は、俺俺ゆーとるが、何度もゆーとる通り、実際の俺は、かよわくて、あまえんぼうで、おしゃれした、女性旅行者で、たった一人で、この道を歩き出したのだ…。さっきまで、オレンジ色の別荘の、階段を見ていた時は、一般車道にいるので、車も通るし、地元民さんも、いた。

f:id:garamani1983:20120717113456j:image:w640

だが、この、薄暗い林道に、俺はいま、たった一人!東尋坊タワーまで行けば、お店や、ほかの観光客もいるだろうが、ここには、俺のほか、人っ子ひとり、いないんである!

f:id:garamani1983:20120717113452j:image:w640

あ、ありのまま、感じたことを話すぜ!俺は、ここが自殺名所だからって、ユーレイに怯えているわけではないッ!俺が怖いのは、

f:id:garamani1983:20120717113448j:image:w640

こんな人気(ひとけ)のない場所で、にんげんに出会うことが怖ろしいのだぁあああああああ!頼む、誰も、誰も来ないでッ!俺の、前からも、後ろからも、誰も誰も、来ないでーッ!!と、全力で、駆け出した。荒磯遊歩道の入り口には、こういう注意書きが、あったのだ。

「危険なので、午後5時以降には入らないでください」

そりゃ危険だろーさ!色んな意味で!なつかしい、さっきの階段の方を、振り返ると、あっ、あれはなんだろう?

f:id:garamani1983:20120717113444j:image:w640

なんか、ケムリがモクモク出てる巨大施設があるんですけどッ!安心なさい、あれはただの火力発電所です!そんなことより俺よ、早く早く、この危険がデンジャラスな遊歩道を、走りぬけるのだ!

走った、走った。いかに健脚の俺でも、恐怖感にかられての、疾走だもんだから、いやな汗を、ダクダクにかいた。

f:id:garamani1983:20120717115954j:image:w640

色んな意味で怖い、荒磯遊歩道には、子供向けの案内板が、そこかしこにあり、「東尋坊にいる、鳥を観察してみよう!」だの、「東尋坊の、植物を観察してみよう!」だの、能天気なことがたくさん書いてあったが、♪花や木やー小鳥のー、こーとばをー、あなたにもー、教えてー、あーげたいー♪などという心持には、なれるはずもない。なにしろ、いま俺が怖いのは、人間なんだから!

ウワッ、こ、ここは!怖い!なにがって、柵が、サクがないんである!林間に見える灰色はぜんぶ海水なのだー!

f:id:garamani1983:20120717115847j:image:w640

海に、吸い込まれそうだ。そう、荒磯遊歩道の怖さは、がけっぷちギリギリの道が、そこ、それ、そこから落っこちたら、海に転げ落ちてしまうところに、あるからであるんである!恐怖のあまり、日本語がおかしいが、そんなことより俺を助けろ!

柵があっても、まだ怖い。とにかく早く、にぎやかな所に行きたい…

f:id:garamani1983:20120717115843j:image:w640

ようやく、人間性のカケラを感じられる場所まで、たどりついた。歌碑がある。展望タワーの下だ。ふう。

f:id:garamani1983:20120717115950j:image:w640

ようやく、東尋坊らしい風景になったぜ。でもまだ怖い

f:id:garamani1983:20120717121543j:image:w640

お花が咲いてる、けど、まだ怖い

f:id:garamani1983:20120717121533j:image:w640

ってゆーか、あんなところに、人がッ、人がいるぅうううう

f:id:garamani1983:20120717121540j:image:w640

ここで、はじめて、東尋坊で、普通の観光客さんおおぜいに出会い、俺の恐怖感は、少し、やわらいだ。

f:id:garamani1983:20120717122539j:image:w640

来てみて驚いたが、俺のほかの人々は、皆さん陽気で、誰も怖がっていないのだ。

f:id:garamani1983:20120717122534j:image:w640

ためしてガッテン」の、アブラアゲ特集で紹介されていた、観光客の食べ物をかっさらうことで有名な、トンビさんとカラスさんにも、出会うことができた。みんな、キャッキャウフフ笑いあい、楽しそうだ。

f:id:garamani1983:20120717122529j:image:w640

俺だけ、まだ恐怖感でガクブルで、ガクブルしながらも、東尋坊の、崖の下へと、おりて行った。岸壁と海の前、岩に腰かけて、一息ついた。

f:id:garamani1983:20120717121536j:image:w640

東尋坊まで来て、階段萌え。

f:id:garamani1983:20120717122522j:image:w640

これから呪う、いや乗ろうとしている遊覧船の、船着き場は、あの下だ。かなたに見える、雄島(おしま)まで、行けるお船だ。

f:id:garamani1983:20120717122525j:image:w640

お船に乗る前に、腹ごしらえ。甘えび丼!

f:id:garamani1983:20120717130947j:image:w640

食べてたら、海産物で栄養に満ち満ちている、東尋坊猫がよってきた!

f:id:garamani1983:20120717130943j:image:w640

以下は、遊覧船からの撮影。白波けって〜雄島へ、向かいまぁ〜す

f:id:garamani1983:20120717130937j:image:w640

お船から見た、別のお船。東尋坊に行ったら、この遊覧船はおすすめです。

f:id:garamani1983:20120717130940j:image:w640

なぜって、さっきまで、怖くて怖くて、ふるえていた俺は、遊覧船の、ガイドのおにいさんの、愉快トークのちからで、すっかり、元気になれたからです!ありがとう、ガイドのおにいさん!

「あちらに見えてきましたのが、雄島です。」

f:id:garamani1983:20120717130933j:image:w640

オカルト系サイトで、「自殺者の死体が、うちよせられる島」とか、「日本最強の、マイナスパワースポット」とか、さんざんに怖がらせられている雄島だが、唯物論者の俺が見るに、たんに美しい、釣りのメッカ、そして、奇岩のメッカであった。

f:id:garamani1983:20120717132147j:image:w640

遊覧船は、丁寧に、東尋坊の奇岩の真下まで、船をよせて、ジックリ見せてくださる。下から見上げる東尋坊は、もう怖くない。

f:id:garamani1983:20120717132143j:image:w640

ありがとう、さようなら。でもやっぱ、怖かったよー、東尋坊。

f:id:garamani1983:20120717132152j:image:w640

福井旅行記【後編】永平寺 につづく!

irohqirohq 2012/07/17 17:56 まいど♪

ガラマニさん、とってもすっごく恐怖感が伝わって来ましたよ〜。ガラマニさんの文章って何でこんなに破壊力があるのでしょう(笑)。あんまり凄かったので緑星差し上げます♪
東尋坊で飛び込みおじさんに逢いませんでしたか? あの自殺の名所で一日何回も飛び込みしてるんです。おじさんの飛び込みに出逢えたらラッキーらしいですよ。今も飛び込みしてるのかしら……。
遊歩道にある自殺防止ホットラインにタダで繋がる公衆電話も有名みたいです。
しかし遊覧船があったとは……! 旅行会社のパックツアーではなかなか自由行動は難しいです。

garamani1983garamani1983 2012/07/17 21:30 >irohqさん

遊覧船のガイドのおにいさんが、その「飛び込みおじさん」がいたお話しをしてくれました。

探偵ナイトスクープで取材されたとか。今はやっておられないそうです。

公衆電話…黄色い電話の、ソレはですね、見ました…

それを見た瞬間が、恐怖感がマックスに達しておりまして…
とても、デジカメ撮影どころでは、なかったのです…!

遊覧船は、トンビと猫がいる売店の場所に行けば、マイクで「乗りませんか〜」と客寄せしていましたから、すぐわかりましたよ。涼しくってイイです!

これから東尋坊へ行かれる方も、是非どーぞ!

ジョーくんジョーくん 2012/07/17 22:11 ガラマニさんの文章って何でこんなに破壊力があるのでしょう

↑凄く的を得た表現!!!!!!!!!
破壊力というか 表現力に メロメロです。
まい進せよ 「俺」←ガラマニ氏を指して

garamani1983garamani1983 2012/07/17 22:37 >irohqさん

きれいな色の、グリーンスター!ありがとう御座います。

>ジョーくんさん

コメントありがとう御座います。

何も考えないで、書きたいように書くのが、楽しいですわ。

日本語なんて作ればイイ、が俺の文章方針です。

あぴきゅあぴきゅ 2013/01/23 11:34 面白い!!
早く死ににいきたい

かなかな 2013/04/08 13:36 生きるの疲れた。

戦空戦空 2014/03/01 06:50 鹿児島からのこのこ車で観光に来て、駐車場に寝てたら自殺志願者に間違われたこと思いだしたよ。あの誰かのペンション確かにあって俺も階段降りました。暫く遊んでいたら、目の前を怪しい物体が流れていった---(>_<)

garamani1983garamani1983 2014/03/01 09:20 >戦空さん

あのオレンジ色の別荘の階段を降りられたのですか!俺、時間がなくて。いいなあー!
そして漂流物ですか?HAHAHA!なんて珍奇な体験。いいなあー!

…怖かったですねえ…

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証