ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年7月13日 土曜日

ゼット・ライト三部作開始!小説「月下の花」第39章「ゼット・ライト事件」更新!

第39章「ゼット・ライト事件」
http://www11.ocn.ne.jp/~garamani/39syo.html

当サイト最大のボリュームをほこる、当サイトのメインコンテンツ、ガラマニ渾身の作にして、ガラマニはこれを書くのが生きがいである、脱法二次創作恋愛エロ小説、「月下の花」、連載開始の2003年より10年を経た、2013年夏、いよいよ、山場をむかえます。今まで書いてきた、序章〜第38章は、これへの準備期間であったといっても過言でない。

その名も


ゼット・ライト三部作!

いよいよ、その第1部を開始!

俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

セ「ゼット・ライトっていうキャラクターは、原作アニメ「聖戦士ダンバイン」では…」

俺「そう。ガラリアさんの、恋人です!それも、ハッキリと肉体関係のある男女として、描かれました。俺がそれを見ていた年齢が、満14歳ですよ奥さん。」

セ「僕は、奥さんじゃないさ。」

俺「今、あらためて、アニメのダンバインを見返すと、ガラリアさんと、ゼット・ライトのラブシーンは、ものすっっっごく、エロいんです。よくこんなんを、土曜日の夕方5時半に放送しとったなと、感心するぐらい、露骨な、セックスをにおわせる演出でしたね。」

セ「ダンバインのファンにも、人気があるの?ゼット・ライトは。」

俺「ものすごく、あります。ゼットの人気は、キャラクターデザインの妙と、根っからの技術屋である人物像にくわえ、中の人のすばらしさによるところが、非常に大きいと、感じますねえ。

ゼット・ライト役を演じた、声優の立木文彦さんは、「聖戦士ダンバイン」本放送の1983年当時は、俳優として、若い時期で、いらっしゃいました。そののち、「新世紀エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウ役はじめ、映画の吹き替えや、コマーシャルなどで、ハイパーなご活躍をされています。

ちなみに、バーン・バニングス役の速水奨さんと、ゼット・ライト役の立木文彦さんとは、事務所も同じで、なかよしでいらっしゃいます。おふたりが、ラジオで共演されたときなどは、バーンとゼットが、くつろぎトークしているわけですから、俺は、笑い死にそうで、いやいや、もだえ死にそうでした。」

セ「ゼット・ライトは、第1話「聖戦士たち」から、第43話「ハイパー・ショウ」まで、出ずっぱりの名脇役なのさ。」

俺「そうなんよ。」

セ「ガラリア嬢と、肉体関係のある恋人同士であることが公式設定で、アニメでは、ガラリア嬢よりも、かなり長生きしたキャラクターで、ファンも多い、そんな、ゼット・ライトを?」

俺「俺の小説では、どう描くか?どうぞ、ごらん下さい!」

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garamani1983/20130713/1373719205