ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年7月17日 水曜日

小説「月下の花」第42章「ガラリア、エルフ城に行く」更新!

第42章「ガラリア、エルフ城に行く」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/42syo.html

第4部に突入!ガラリア、はじめてのおつかい無駄にエロい編!

俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

セ「なにかの度合い、星マーク、一つで足りるかな?キャッチコピーの通り、無駄にエロいさ。」

俺「うん、ゼット・ライト三部作で、本番シーンがあるのか?と思わせておいて、肩すかししたからね、まあ、それが、俺の思惑どおりなんだけどね。」

セ「だから今回、そーゆー描写を入れてみたの?」

俺「そうともよー」

セ「エロい描写は一部見受けられるけども、ただ、でも、みんな、思ってるだけで、実行にうつしてないさ。」

俺「そうだねw さいきん、俺の小説内で、本番やってくれた人物は、意外なことに、バーン・バニングスくんだけやね!」

第27章「燃える、ギブンの館」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/27syo.html

セ「まじ、意外さww」

俺「ところで、今回の第42章から、第4部としました。」

セ「あっ本当だ。どういう分け方なのさ?」

俺「うん、ガラリアの年齢や、恋愛相手や、周囲の情勢による分類だよ。こうだね。

第1部 序章〜第10章 初めての恋人、アトラス編

第2部 第11章〜第28章 地上人が、バイストン・ウェルにあらわれる編

小説「月下の花」もくじ1
http://www.garamani.sakura.ne.jp/mokuji.html

第3部 第29〜第41章 ゼット・ライト編

小説「月下の花」もくじ2
http://www.garamani.sakura.ne.jp/mokuji2.html

そうして、今回から、第4部が、はじまりました。」

セ「それは…?第4部は、何編になるのさ?ガラリア嬢の恋愛相手が、誰編になるのさ?」

俺「それは、読んでのお楽しみに!」

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garamani1983/20130717/1374066213