ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年7月23日 火曜日

小説「月下の花」第44章「トッド・ギネスのラブソング」更新!

第44章「トッド・ギネスのラブソング」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/44syo.html

トッドの主題歌登場。おとなしくお留守番できないガラリアにトッドは…

俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

セ「ねえねえ、筆者はさ、洋楽が好きなの?いきなり、洋楽の翻訳なんか、はじめちゃってさ。」

俺「いやあ、そこを突かれると、弱いんだわ。このたび、トッド・ギネスさんの愛唱歌として引用した曲、TRACKS OF MY TEARS ね。この歌との出会いはね、ひょんなことでね。ダンバインともぜんぜん関係ないし、俺は、特に洋楽に詳しいわけでも、なんでもないのよね。」

セ「どんな出会いなのさ。」

俺「オリバー・ストーン監督のベトナム戦争映画で、「プラトーン」という映画を、高校生の時、見て、すごく感銘をうけてね。」

セ「ああ、オリバー・ストーン監督。筆者が、ひかりTVの映画感想文でも、好きな監督に挙げていた人なのさ。」

俺「そうなの。そいで、映画「プラトーン」のサントラレコードLP盤を買って、それはもう熱心に聞いてたのね。そのレコードには、ベトナム戦争当時に、米兵のあいだで愛好された楽曲が、多数、収録されていたわけです。」

セ「そのレコードのなかに…?例の曲が?」

俺「そう。なかでもこの曲、TRACKS OF MY TEARS は、劇中でも使われ、たいへん印象的でした。なので、俺は、訳詞をこころみようとしまして、今回、第44章 に掲載した訳詩は、「プラトーン」公開当時、俺が高校生のときに作ったものです。歌詞の意味も、「月下の花」における、トッド・ギネスの気持ちを表現するのにピッタリと思い、使用しました。」

セ「へえ、「月下の花」のために訳したんじゃないんだ。原曲を、聴いてみたいさ。」

俺「これです!では、映画「プラトーン」より、TRACKS OF MY TEARS 使用シーンです。どんぞ!」

D

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証