ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年7月26日 金曜日

小説「月下の花」第46章「トッド・ギネス参戦」更新!

第46章「トッド・ギネス参戦」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/46syo.html


激戦の火ぶたが、いま、切っておとされる。


俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

俺「このサブタイトルは、いってみたかった!トッド・ギネス参戦!おうッ!グッとくるわあ〜。」

セ「なにかの度合い(当社比)星マーク3つなのさ。これは妥当さ。今回は、短い文章のなかで、トッド・ギネスの容貌、特徴、性格、性向などなどを、まとめた章さ。」

俺「それと、第31章「女たちの饗宴」で前フリしておいた、14歳前後の少女が登場しました。一回こっきりで、もう出てきませんが。」

セ「スーちゃんってゆうのさ。この名前は、なに?あれ?キャンディーズのスーちゃんがモデル?」

俺「あんた、昭和何年生まれよ。そっちのスーちゃんじゃないよ。キューブリック監督の映画「ロリータ」(1962)で、ヒロインのドロレスたんを演じた、スー・リオンたんがモデルだよ!」

ロリータ [DVD]

セ「あなたこそ、昭和何年生まれなのさ。それにしてもあなた、「ロリータ」好きすぎるのさ。今までこのはてダで、何回、ナボコフの「ロリータ」について言及したのさ。」

俺「好きやわあ。ナボコフの「ロリータ」は、清濁あわせもつゆえの、男と女、双方の魅力を、あますところなく描いてるから。「ロリータ」こそ、恋愛官能小説の金字塔ですよ。」

セ「そうとう、影響うけてる感じ?」

俺「うん、あこがれてる。影響をうけるなどとは、おこがましいや。俺が今回、第46章で書いた、トッド・ギネス像にしても、清濁あってこその、魅力的な男性像をめざしましたね。ガラリアへの、命をかけた純愛に目覚めながら、いっぽうで買春していて、処女を買い捨てて、なんとも思ってない。男性の、こういう汚い部分を、回避せずに描きたい。そうでなければ、リアルな性愛の描写は、できないと思ってる。」

セ「筆者は女性で、この小説は、女性が主人公の恋愛ものなのさ。ともすると、女目線で、女に都合のいいお話しに、なりがちさ。」

俺「まったくそのとおり。俺が、いちばんいやなのは、理想の王子様が、都合よくあらわれ、都合よく愛してくれるお話しなんです。そんな恋愛には、燃えません。臓腑をちぎれんばかりに苦しむのが、ほんとうにある恋愛ですからね。そして俺は、「月下の花」は、男女どちらにも、読んでほしいと思ってます。特に、男性読者から、「こんな男はいねーよ」と思われるような、そんな登場人物は、書きたくない。」

セ「男性読者にも、共感してもらえると、いいね。」

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garamani1983/20130726/1374845043