ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年8月4日 日曜日

小説「月下の花」第52章「崖の上のバーン・バニングス」更新!

第52章「崖の上のバーン・バニングス」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/52syo.html

ひさしぶりに、バーン薄幸路線。やっぱり「月下の花」はこうでなくちゃね

俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

セ「今回のキャッチコピー、ふるってるさ。そうさ。この小説は、バーン・バニングスを、不幸のどん底にたたきおとすことで、定評があったはずさ。なのに、2013年6月19日から、連載再開してからというもの、不幸になるのが、どちらかとゆーと、ガラリア嬢のほうで、バーンは、第27章「燃える、ギブンの館」では、キャラが変わってナニしてしまい、以降ずっと、優等生な態度ばかり、とってきたのさ。このへんでバーンには、辛酸をなめてもらわないと、ダメさ。」

俺「セザル君、きみ、よくしゃべるねえ。」

セ「この章で、第27章 のツケが、回ってきたのさ。」

俺「ツケというか。通信機の操作方法の、勉強不足が、たたったね。」

セ「馬脚をあらわすってやつさ。それだって、ゆうならばツケさ。」

俺「セザル君たら、辛辣やねえ。」

セ「僕だって、バーンに泣かされた、ひとりだものさ!」

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garamani1983/20130804/1375620887