ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年9月12日 木曜日

小説「月下の花」第62章「バニングス邸炎上」更新!

第62章「バニングス邸炎上」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/62syo.html
ニー・ギブンは、バーンの実家を空爆する。その時ビランビーは…!

俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

俺「この章以降、次の第63章とか、その次の、第64章の、サブタイトルを、どうしようか、ものすごく悩んでるんだよ。いま、第66章まで、小説本編は、完成してるんだけどね。サブタイトルを考えるのが、難しいんだわあ。」

セ「なんでさ?」

俺「サブタイトルで、ネタバレしないようにしたいのよ。でも、衝撃的な、パッと見て内容が象徴される、サブタイトルにしたいから。」

セ「ああ…なるほどさ。「バニングス邸炎上」、とタイトルコールしてしまうと、バーン・バニングスの実家が、ギブンの館みたいに、全焼することが、読む前にわかってしまうからさ。」

俺「だからねえ、「バニングス邸上空」とか、「ゼラーナ対ビランビー」とか、「バーン激動」とか、内容をぼかしたタイトルにしようかとも、考えたけど…。」

セ「しなかった?けっきょく、「バニングス邸炎上」にしたのは、なんでさ?」

俺「読者にとって、内容をわかりやすく、興味をひきやすくした方がいいんではないか、これぐらいならネタバレしてもいいだろうと。

ただねー、でもねー。ウーンウーン。」

セ「なにをまた、悩んでるのさ?」

俺「問題は、次の章なのよ!第63章。完成済みで、更新するばっかなんだけど、サブタイトルで、まだ悩んでるの!

次の第63章は、「月下の花」最大の伏線だと、俺が思っている、ある伏線が、完全に解き明かされる内容なのよ!」

セ「まじ?それは、期待大なのさ。で、サブタイトルで、まだ悩み中で、だから更新できないでいると?」

俺「そうなのよ!どうしたらいいと思う?」

セ「うーん、それは悩むさ…ウーン…

ウン、そうさ。適度に、ぼかすといいさ。」

俺「よし、決まった。適度にぼかしたサブタイトルにするわ。」

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証