ガラリアさん好き好き病更新履歴 このページをアンテナに追加 Twitter

13年11月27日 水曜日

小説「月下の花」第65章「トッド激震」更新!目次ページも3項めになります!

「月下の花」目次3(第65章〜)
http://www.garamani.sakura.ne.jp/mokuji3.html

第5部開始!目次ページも3項め!トッド・ギネス参戦によって、ガラリアの恋物語は激動期へ!

第65章「トッド激震」
http://www.garamani.sakura.ne.jp/65syo.html

原作アニメ第13話「トッド激進」相当分。ガラリアに恋するトッド。一方ガラリアはゼット・ライトと…


俺=筆者ガラマニ セ=セザル・ズロム君

セ「えっ?!」

俺「どしたの、セザル君。」

セ「なにこれ。てか、もう、やっちゃった後なのっ?!」

俺「だからねえきみ、この記事は、更新後書き兼、宣伝記事なんやから、本編のネタバレは、あんまり言ったらあかんって。」

セ「いやいやいや、これは突っ込みどころ満載さ。だって「月下の花」ってゆうエロ小説は、女主人公、ガラリア嬢の視点で描かれてきたはずさ。特に、男の人の、誰にどうゆうことされましたってゆう性描写を、微に入り細に入り、書くのが嬉しくて、あなたは書いてきたはずじゃんさ!」

俺「ふんふん、そうね。」

セ「それが、なにさ!ガラリア嬢が、彼女の人生で3人目の彼氏と、もう事後になってるさ!こんな描き方は、初めてなのさ!」

俺「あえて、こうしたんだよ。今、この物語は、トッド・ギネス視点で動いてるからね。確かに以前は、ガラリアの性描写、心理描写をことさら細かく書いたけど、今は違う描き方がしたい。どんどん変化したい。俺が好きで書いてる脱法二次創作でさ、10年前と同じことを、宿命のようにやり続ける気はないよ。」

セ「ふうーん。まあね、好きにしたらいいけどさ。に、しても、この章はビックリするさ。」

俺「もくじページも、3つめを作って、気分一新。この第65章と、次の、第66章でも、主人公は、トッド・ギネスになってます。」

セ「ダンバインのアニメのほう、第13話のタイトルとも、完全に一致さ。」

俺「トッド激進と、トッド激震ね。アニメのトッド・ギネスは、戦闘を激しく進行させたわけですけど、俺の小説では。」

セ「ナニを激しく震わせたのでしょう。ってことさ。」

amyamy 2013/12/02 20:04 更新お疲れ様です!ガラマニさんの創作への意識の高さと、10年以上も創作を続けてらっしゃることを尊敬しています。

garamani1983garamani1983 2013/12/03 09:26 >amyさん

コメント欄へようこそ、ありがとう御座います。

ダンバインの小説を書く行為は、純粋に一重に、
自分にとって、何よりも楽しい趣味であります。

ですから、連載10年とはいえ、
書くことを楽しめなくなっていた間は、何年も書かずにおりました。

でも今は楽しくって、楽しくって!書く行為そのものが楽しく、そしてamyさんに声がけしてもらえて、なおいっそう嬉しいです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garamani1983/20131127/1385550732