雅爛堂書庫

2005-08-25 『みんな元気。』

[]みんな元気。

著者:舞城王太郎

みんな元気。


舞城王太郎の「みんな元気。」は、「何かを選ぶ」ということの暴力性をはっきりと描き出す。「何かを選ぶ」ということは「選ばれなかった可能性」を殺すということでもあるのだ。だが、舞城は「それでも何かを選ばないことには前に進めない」ことを示す。「みんな元気。」は、できるだけ暴力を避ける、という方向には進まないのである。舞城作品においては、行動に伴う暴力性は不可避であり、その点は否応なく受け入れるしかないのである。

舞城の欠点はその生真面目さにある。メッセージ性の強さと言い換えてもいい。常に小説の後半は思弁的となり、(彼の最大の武器である)前半のスピードや無茶な展開が最後まで持続しないのである。恐らく舞城が試みているのは、(ドタバタとして描かれる)現代的な「内面の不在」という場所に、近代的自我を再生させるということなのだろう。だからこそ舞城は『世界は密室でてきている』や『山ん中の獅見朋成雄』に見られるように教養小説の枠組みを「再利用」するのだ。そしてそれ故に、その物語は「内側」へと折りたたまれて終わることとなるのだ。

教養小説の再利用ということでは、『電車男』もそうである。あれは『感情教育』なのである。その底にある「倦怠」が我々に「選択」することを困難となさしめている。だからこそ『電車男』の冒頭には「暴力」と「暴力への対決」が配置されているのだ。だが、そのような個人の主体的な行動もまた、舞城作品でもそうであるように「支配的な価値観の強要」や「暴力の再生産」という構造を超えることができないのだ。近代的自我は「現代」へ抗うための武器として余りにも脆弱にすぎるのである。

(余談ではあるが、さとう珠緒には『ボヴァリー夫人』を読むことを勧める。)

男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww 2009/06/15 08:29
すげっ!!! 昨日の女に潮 吹 かされた!!!!!
イった後もキトー攻めされたら急に力入んなくんなって頭真っ白になってさぁ、
したら凄ぇ勢いで透明の液がチソコからブシャー!って出てマジ焦ったよww
女が潮 吹 くのは当然として、男が潮 吹 くなんて思わなかったわぁwwwww
頭がブッ飛ぶぐらい気持ちいいからやってもらってみー??

http://shiofuki.navi-y.net/M9TARux/

れっぺーれ??れっぺーれ?? 2009/07/09 13:24
これ始めた時は女の子逝かせる事出来ないと思ってたけど慣れると簡単だな^^
自信ついたしハメれるし貰った金で車買えたしもう言う事ないわー(>_<)
ちなみに昨日ハメた子、逝かせた瞬間に「れっぺーれ!!」って叫びながら白目むいちゃってどうしようかと思ったよwwwwwwww

http://Gx2JFFn.meshiuma.tsukimisou.net/

ケースバイケースwwwwケースバイケースwwww 2009/07/26 17:39
「今日はディープスロートの練習させて!!ケースバイケースだから!!!」
昨日こんな事を言われたんだが・・・なんだよケースバイケースってwwww
使い方間違ってるよwwww てかこんなヴァカなのに何で金持ちなの??
すごいテンションでいつも10万くれるのはやっぱヴァカだから?wwwwww

http://netoge.bolar.net/51ivufj/

これはいい使い捨てwwwwwこれはいい使い捨てwwwww 2009/08/05 22:35
ナニコレwwww アフォほど女溢れてるんだがwwwwwwww
毎日毎日セクゥス三昧でもうティムポ一本じゃ足りないっすwwwwwwww
良いマヌコはキープするけど、基本はヤリ捨てでおkwwwwwwwwwww

http://ene.creampie2.net/11BdLkq/

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/10 00:04
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/KSRrt3J/

ケ ツ コ キ!!!!!!!!!ケ ツ コ キ!!!!!!!!! 2009/08/16 20:16
すんげえケ ツでかい女に当たった!!! コイツのケ ツ 技すぎすぎwwwww

ケ ツにロ -ショ ン塗りたくって、俺のティ ヌコ挟んですんげー前後すんの!!!
前後してる時にク リに当たったりマ ヌ コに入ったりして
女もアヒアヒしまくりで俺も女も絶 頂しまくりで最高ですたwwwwwww

こりゃハマるわぁ・・・・

http://yuzo.plusnote.net/oUjMN3Z/

メタボがアチイメタボがアチイ 2009/08/23 08:37
なんか俺妙に人気すぎるから昨日ハ メ ハ メした女の子に
理由聞いてみたら今メタボ超人気なんだってさ!!!!

お腹のポニョポニョだけじゃなくて包 茎が多いのも
ポイント高いっていうまさかのメタボ包 茎フィーバーwwwwwww

今月もうちょいで8 0 万貯まるし家でネトゲしまくって体型維持するわwww

http://okane.d-viking.com/hxe7Nn1/

パイが世界を救う日パイが世界を救う日 2009/08/27 20:47
パイおパパイパパぱいいいぱいいい!!!!!!!!
なんでセ ッ ク スさせて貰えたのに5 万貰えたわけー?wwwww
てか初 体 験ゴチーーみたいなぁーwwwwwwwwww

今までこれ知らなかった俺ってアフォすぎぃーー(^▽^;;

http://koro.chuebrarin.com/SzJPPOm/

2005-06-18 『靖国問題』

[]『靖国問題

著者:高橋哲哉

靖国問題 (ちくま新書)

帯には「哲学で斬る「靖国」」とあるが、どこが「哲学」やねんw

手法としてはむしろ「言説史」的といえるのでは。

以下、本書のまとめに私の意見を付記する。







1・感情の問題

靖国のシステムの本質が、国家が国民の生と死に対し最終的な意味づけを提供し、戦死の悲しみを喜びに逆転させる「感情の錬金術」にあると指摘。そこでは戦争のおぞましさや悲惨さといったイメージが拭い去られ、国のために死んだ名誉の死者として顕彰される。それによって戦死者の家族の不満が国へ向かないようにし、次の戦争でも国へ命を捧げる兵士を動員できるようにする。

それに抵抗するためには、「最も自然な感情にしたがって悲しむだけ悲しむこと。本当は悲しいのに、無理をして喜ぶことをしないこと。悲しさやむなしさやわりきれなさを埋めるために国家の物語、国家の意味づけを決して受け入れないことである。「喪の作業」を性急に終わらせようとしないこと。とりわけ国家が提供する物語、意味づけによって「喪」の状態を終わらせようとしないこと」である。

国家による意味づけを受け入れないことについてはその通りなのだが、「自然な感情」って何?w

その「自然な感情」が「自然」であることは何によって担保されているのであろうか。その「物語」が「物語」であるとはどうしていえるのか。それを示しておかないと、今度は「作られた自然」に騙されると思うのだが。ここでは死の意味づけに対する「最終的審級」の問題が意図的にはぐらかされているのだ。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garando/20050618

2005-05-25 私が語りはじめた彼は

[]『私が語りはじめた彼は』

 著者:三浦しをん

私が語りはじめた彼は















激しい感情は書物と同じだ。どれだけ厚くても、いつか終わりがやってくる。僕はもう、激しさをすべて使いきってしまったから、はじまりも終わりもなく続いていくだけなのだ。

(「冷血」より)

「結晶」「残骸」「予言」「水葬」「冷血」「家路」の六篇からなる短篇集。

妻子を捨てて別の既婚女性と再婚した大学教授の周囲の人々を各篇で描く。だがその当事者たる二人は殆ど描かれることはなく、明確な像を結ぶことはない。そこにこの小説の狙いはあるだろう。

二人の既婚者の恋に振り回されるその周囲は、彼らのようには熱い情熱とは無縁に、ただ淡々と静かに毎日をこなしていく。それぞれ何らかの「疑い」を底に秘めたまま。家族であっても互いに何を考えているのか分からないということにおいて、家族小説とはミステリである。家族という藪の中、その分からなさを抱えたまま、彼らは愛ではなく理解を、「ことば」を求める。「ことば」にしても分からないのだから、「ことば」にされないならばなおさらに分からないのだ。(DQNな人々が「ことば」を信用せず、言葉なしで意を察することを要求するのと対照的である。)

私は伊都に言う。愛ではなく、理解してくれ。暗闇のなかできみに囁く私の言葉を、どうか慎重に拾ってくれ。

そしてまた、こうも言うだろう。

きみと話がしたい。きみの話を聞かせてほしい、と。

(「家路」より)

それはまた、冒頭に置かれた「寝取られた皇帝の復讐」*1の挿話が示唆するように、シェヘラザードを欠いた「千夜一夜物語」なのである。

続きを読む

*1:彼は疑念を与えることにより苦痛を長引かせる。それは「疑念」というもののこの小説での位置をも暗示している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garando/20050525