砂金掘り日記 このページをアンテナに追加

2018-06-22 『よくわかる河川法 第三次改訂版』 このエントリーのブックマークコメント

これも図書館で新着図書になっていた本『よくわかる河川法 第三次改訂版』

趣味の砂金採りって鉱業権よりも漁業権とか河川法上で問題になりそうな感じはあるので以前から気になっていたところ。 まあ、法律は素人解釈が危ういので深入りしないけど・・・

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=339AC0000000167&openerCode=1#173

第二十五条 河川区域内の土地において土石(砂を含む。以下同じ。)を採取しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。河川区域内の土地において土石以外の河川の産出物で政令で指定したものを採取しようとする者も、同様とする。

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=339AC0000000167&openerCode=1#186

第二十七条 河川区域内の土地において土地の掘削、盛土若しくは切土その他土地の形状を変更する行為(前条第一項の許可に係る行為のためにするものを除く。)又は竹木の栽植若しくは伐採をしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。ただし、政令で定める軽易な行為については、この限りでない。

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=339AC0000000167&openerCode=1#334

第五十五条 河川保全区域内において、次の各号の一に掲げる行為をしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。ただし、政令で定める行為については、この限りでない。

一 土地の掘さく、盛土又は切土その他土地の形状を変更する行為

言葉通りに解釈するならこんなところかなあ・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180622

2018-06-21 『高山市史 金森氏領国時代編』 このエントリーのブックマークコメント

『高山市史 金森氏領国時代編』上下2分冊、どちらにも鉱山関係の記述はあるが『飛騨 金森氏』などからの引用なので・・・うーん、読むなら引用元を読んだ方がいいかな〜

まだ借りてきていないが『高山市史 幕府直轄地時代編』にも鉱山関係の記述があったのは確認してきた。こちらに期待。 でも図書館の方では貸し出し中になってたんだよな〜 分館のを借りるかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180621

2018-06-20 飛騨の金山 このエントリーのブックマークコメント

昨日に引き続き『岐阜県史 通史編 近世下』から。

f:id:garimpo:20180620165125j:image

飛騨地方の市町村史に同じような鉱山分布図の記載があるが、これには『飛騨国中案内』からいくつかの鉱山が加えられているようだ。

  • 吉城郡二ツ屋村(神岡町・・ってことは飛騨市か現 飛騨市にはかつて2つの二ツ屋村が存在し、こちらは旧 河合村に存在した二ツ屋村*1 ) 原山金山
  • 益田郡奥田洞村 奥田洞金山
  • 益田郡中洞村 中洞(徳河)金山

あれ?でもこれにも旧 清見村の金山がいくつか載っていないなあ。清見村史には記載があるのだけど・・・

hero-AUhero-AU 2018/06/21 12:41 お疲れさまです。このページをメールして下さい☺

bandloverbandlover 2018/06/22 09:02 清見村史に書かれている金山がない? 地元がないんですね〜
二ッ屋の人に聞いた金鉱山が載っているので、資料としては参考になりますが・・地図がおおざっぱなんで場所は特定できないですね

雨が降ったら図書館で読んでみよう

ありがとうございます

garimpogarimpo 2018/06/22 13:26 『飛騨国中案内』に記載がある鉱山を載せているようです。とは言っても記載がある清見の金鉱跡の話も県史には出てきませんので取捨選択されているようです。基準は何かな?試掘程度だとか記録が不十分だと載せていないのかもしれません。

二ツ屋の金山は場所の説明はなされていますが、これで現地まで特定できるかは分かりません。あとで地図を見てみよーっと。

garimpogarimpo 2018/06/22 16:58 あ、二ツ屋の鉱山の場所大体わかっちゃったかも・・・?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180620

2018-06-19 美濃の金山 このエントリーのブックマークコメント

『岐阜県史 通史編 近世下』に美濃地域の江戸時代の金属鉱山が取り上げられている。

金を出した鉱山は少ないし、いずれにしてもあまり採れたとは思えないが・・・

大垣藩領

  • 不破郡赤坂(銅)
  • 不破郡昼飯(銅)
  • 池田郡市橋(銅)
  • 本巣郡根尾 黒津(銀)
  • 本巣郡根尾 松田(銀)
  • 赤坂山吉賀谷(銅)
  • 昼飯銅山
  • 本巣郡根尾山(銅鉛)

尾張藩領

  • 石津郡市之瀬村(金)
  • 武儀郡洞戸村高賀山(鉛)
  • 武儀郡洞戸村支邑小見瀬の西方 夷蔵(金)
  • 武儀郡蕨生村小字ジ丶ラ 佐倉洞(金鉛)

幕府直領

  • 石津郡多良村のうち小山瀬村(銅)
  • 加茂郡迫間村(銀)

旗本高木氏采地

  • 石津郡奥村分尾越山(金)

  • 郡上郡畑佐村 畑佐銀銅山

江戸時代の鉱山が取り上げられているので慶長三年当時の伏見城蔵納目録 http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20120306 にある美濃広瀬黄金山に相当する鉱山は無いだろうか?と思ったが、少なくとも現 揖斐川町に相当する地域の鉱山はなさそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180619

2018-06-18 ミシッと

大阪の地震は飛騨でも家がミシッと鳴ってどきどき。

亡くなられた方々の御冥福をお祈り致します。

ジルコン 13:02 ジルコンのブックマークコメント

昨日砂金と一緒に採れた白い重鉱物。 乾燥させてルーペで確認してみると・・・少なくとも一部は薄ピンクの柱状結晶。ジルコンだねえ。

但し、量的にもっと多い白い不定形の重鉱物があるが、こちらは依然正体不明・・・

「砂金採りは英語でなんていうの?」 20:26 「砂金採りは英語でなんていうの?」のブックマークコメント

・・・という質問が出ている https://okwave.jp/qa/q9509626.html

英語で様々な"砂金採り"の表現がありますが、どの言葉が日本の砂金採りに相応しいでしょうか?

ネイティブでかつ砂金採りをする人は何て答えるんだろうねえ。 私はgold prospecting か、場合によってgold panning を使うけど・・・

gold prospectingで検索するとこんなページも https://en.wikipedia.org/wiki/Gold_prospecting

そうそう、オーストラリアやニュージーランドの趣味の砂金採りならgold fossicking なんかも使うかもね? https://en.wikipedia.org/wiki/Fossicking

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180618

2018-06-17 白い重鉱物 このエントリーのブックマークコメント

I伏さんを誘って飛騨の産地探見へ

まずはいくつか見つけてあった柴金採掘遺構へ案内。 ある遺構などはかなりの広がりがあることも今回歩いて分かったが・・・これは本当にどうにかして図面に落としたいところ。どうやったものか難しい課題ではあるが。

さて昼からは濃飛流紋岩の盤が露出する川(そんな川はたくさんあるのだが・・・)で砂金掘り。 以前M木さんが来た時には採れなかったと聞いていたのだが、苔を洗うと細かい砂金がそれなりに採れる。

ん?この砂金と一緒に出てくる、白い粒子はなんだろう? 砂鉄より後に現れるということは砂鉄(5.2)より重い鉱物なのだが・・・灰重石(6.1)とか出るのかなあ?

この川も段丘上に上がってみると柴金の採掘遺構が広がっている。本当に飛騨は柴金採掘遺構が多い土地だなあ。

N村(携帯)N村(携帯) 2018/06/18 08:49 地震。私は那覇にいます。神戸の家族は無事が確認できました。

maromaro 2018/06/18 10:19 被災された方々には申し訳ありませんが、N村さんと家族無事良かったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180617

2018-06-16 『金属伝説で日本を読む』 このエントリーのブックマークコメント

先日図書館に寄ったら新着図書が並べられている中に『金属伝説で日本を読む』(井上孝夫)なる本があった。

当然借りてきて中を確認するが、ぱっと見、砂金に関しては書かれていないようではある。でも読んでみよ〜っと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180616

2018-06-15 おお!柴金遺構が図化されている! このエントリーのブックマークコメント

飛騨高山まちの博物館にいろいろと文献があるようなので訪ねてみた。 高山市図書館の近くだけど来るのは初めてだなあ。

とりあえずの目的は『飛騨乃清見』を見ること。なぜか図書館には無くてこっちにあるんだよね〜 で、見せてもらったが内容的には新味に欠けるので、「飛騨の鉱山関係で何か文献はありませんか?」と尋ねてみたら出てきたのが

『飛騨の中世』2015年第6号

 この中の「荒城川流域の鉱山・森部金山の変遷と金採取遺跡」(田口勝、茂住修史)を読んでみると・・・おっ!お〜

f:id:garimpo:20180615204852j:image

柴金採掘遺構が精密ではないが図化されている。 今金町・美利河の遺跡他の発掘調査報告書以外で柴金遺構の図を見るのは初めてだ。 この時の場所だねえ http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20161123

ここだけでなく更に上流部にも柴金遺構があるらしいので今度訪ねてみたいなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180615

2018-06-14 出来山 このエントリーのブックマークコメント

豊田市と津具金山のある設楽町の境にある山“出来山”

https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=18509

山名の由来は、「出来」は金が出るという意味らしく、『新日本山岳誌』によると江戸時代の初めに砂金が出たという記述もある。

ほうほう。

津具金山の近くというわけではない。 他の鉱山もあまり無い地域だなあ。

『新日本山岳誌』もどこかで探してみるとして、市町村史だと設楽町誌か豊田市史か。載っているかなあ?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180614

2018-06-13 一月ぶりに このエントリーのブックマークコメント

一月ぶりに飛騨の産地で砂金掘り http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180511 三河川目の川でスルースボックスでサンプルを集めるのだ!

・・・と、勇んで出かけたは良いが、一月経ったら笹とススキが伸びて別世界のよう・・・ 前回もこんな感じだったらこの場所まで入ってこなかったよな〜 まあ、前回歩いて掘る場所は決めてあるので藪を掻き分け現地に到着。

川岸に砂岩の盤が出ているので、それを追いかけて川底の堆積物を掘って・・・

f:id:garimpo:20180613090212j:image

スルースボックスに流す。

f:id:garimpo:20180613103628j:image

採掘終了〜

f:id:garimpo:20180613132007j:image

川底から掘り上げた大石2個はかなり重かった・・・

結果としては前回掘った時と同様一パンの土砂から一粒程度の砂金しか出なかった・・・盤には多少寄せているかと思ったんだけどな〜 重鉱物は砂鉄が少なく代わりに1cm程度の餅鉄がわりと入ってくる。北海道なら小豆石といったところだが、ここでは餅なのだ。 後は前回は気付かなかったが少量の辰砂が入ってくる。数は多くないし、比重が中途半端なのでパンニングしているだけだと最後まで残りにくく気付かないのだ。


帰りにうろついていると、道路脇に違和感があるので車を止めて歩いてみると・・・

f:id:garimpo:20180613134901j:image

おっ! ここにも柴金採掘遺構が。50m程か?溝状の地形が残っている。崖下の地形も掘り跡かも? 石積み、石垣は見られないが、位置的にみて柴金採掘の遺構だろう。

追記

f:id:garimpo:20180614192455j:image

赤線は溝の縁を示す。溝は右に曲がりながら写真奥方向へ続く。


帰り道は今まで走ったことの無い道を通って・・・おお、スキー場のゲレンデ上部に出た!

f:id:garimpo:20180613154016j:image

えーと・・・御岳?乗鞍?

f:id:garimpo:20180613154020j:image


天正地震での崩壊地。 有名なのは帰雲城のあった白川村保木脇だが、他に二ヶ所ほどあったらしい。そのうちの一ヶ所がここ。ここにも金と埋没の伝説が伝わっている。

f:id:garimpo:20180613155237j:image

もっとはっきり分かるかと思ったけど、地図でみるほどはっきりとは分からないな〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/garimpo/20180613