Hatena::ブログ(Diary)

KnitTatCrochet - 和文 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年12月23日 土曜日

[][][] かういふくつ下が好き 00:34

 

編物weblogを拝見してゐると、たいへんすばらしいくつ下にいくつもいくつも出会ふ。くつ下なのにheirloom。そんな感じの作品がほんたうにたくさんある。

中には実に手の込んだものもあつて、「いいなあ、やつぱりかういふの、一足は編んでみたいなあ」と思ふのだが。

たとへば今日履いてゐるのは自分で編んだGarter Ribのくつ下だつたりして、その単純な模様に「やつぱりかういふsimpleなのがいいよね」なんぞと思つてゐたりする。

 

自画自賛。

わかつてゐる。

わかつてはゐるが、複雑な模様のものもいいし、単純なものもまたいいのだ。

 

そんなわけで、Jaywalkerもまたお気に入りのくつ下だつたりする。

 

Jaywalker

 

これはLana GrossaのMega Boots Stretchといふ毛糸で編んでゐる。前回も書いたが、くつした毛糸としては普通の毛糸だ。が、ほかのくつ下毛糸とちがふことには、なんだか編み地が妙にあたたかい感じがするのだ。まるでモヘアが入つてゐるかのやうに毛がふはふはしてゐる。撚り方もなんとなくやはらかい感じかな。モヘアつぽいわりにはちくちくしないし、いい毛糸だなあ。

 

履き口から編み始めるのは久しぶりで、メリヤスはぎをするのも久しぶり。やつぱりたまには履き口から編むやうにしないといかんかなあ。履き口からとつま先から交互に編むのがいいだらうか。あるいは二足おきとか三足おきとかにした方がいいかな。

メリヤスはぎは長いこと苦手だつたけれど、最近ゴム編み止めをするのが好きなことに気がついて、それならメリヤスはぎもそんなにかはらないよな、と思つたりもする。くつ下のつま先くらゐだつたらメリヤスはぎもそんなに悪くない。

上手下手は抜きにして、ね。

 

 

2006年12月17日 日曜日

[][][] 新幹線の中で編みはじめてみた 00:12

 

だいたい小田原を過ぎたあたりから作り目をはじめたらうか。いや、熱海かな。まあそんな感じ。

 

で、浜松あたりでこんな感じ。

 

At Hamamatsu Station

 

ゴム編みがあと少しで終はるつてところ。

 

んで名古屋あたりではこんな感じ。

 

At Nagoya Station

 

模様がすこし見えるだらうか。Jaywalkerの斜めになつた模様が。ちよつとむづかしいかな。だいぶ日が入つてきてゐるやうだ。

 

その後、幕間やバスの中、帰りの電車の中でも編み続け、とりあへずこんな感じに。

 

Jaywalker in Progress

 

Lana GrossaのMega Boot Stretchといふ毛糸で、ダイヤミュゼファインが中細になつた感じ、だらうか。中細なんだけれども毛がふはふはと長く編み地もあたたかい感じ。

ここのところずつとつま先から編んでゐたけれど、ひさしぶりに履き口から編んでゐる。また棒針もずつと2mmだつたけど、今回は2.5mm。このくらゐのサイズだと0.5mmのちがひは大きい。

踵はwrapの引き返し編み。以前Jaywalkerを編んだ時には編み方とほりに編んだ。まちのある踵は好きなんだけれども、Jaywalkerの踵はなんだか大きくなりすぎるやうな気がしてゐた。

 

Jaywalkerははじめてknit-alongに参加した思ひ出深いくつ下である。

三目一度がバスの中ではちよつと難だが、やはり編んでゐて楽しい。

 

Falling Leavesはまちがへて片方洗つてしまつたので、そのうち。

 

 

こなまずこなまず 2006/12/18 23:35 初めまして! とは言え、かなりしょっちゅう拝見しています。
なので、久しぶりに更新されていて嬉しい!! 京都へいらしてたんですね〜。素敵な収穫がまた素敵で。ところで、絹穴糸って、何にお使いになるのでしょう。私、この絹穴糸っていうのがたまたま手元にあるのですが、何に使うのかわからないまま、刺繍にでも使うか、毛糸とでも引き合わせて何か編むか・・・などと思っていたところです。やはりタティングでしょうか(タティングは私は未経験・・・) それから秋色って、そうなんですよねー。私も去年、朱色をメインに小豆やらだいだい色やら濃紫の入っている段染糸でセーターを編み、見るたびに、秋だなぁと思っていたのです。いろんな色が点々とあり、混ざり合っている・・・だからだったのかと非常に納得! また素敵な糸や作品、お話を紹介してください。

garyohgaryoh 2006/12/19 00:10 こなまずさん、こちらこそ初めまして。
絹穴糸は、そうです、タティングに使うのですが、聖光院有彩先生のビーズの本には絹穴糸にビーズを通して棒針やかぎ針で編んだ作品が出ていました。ボタン穴をかがるのに使うのが本来の使い方でしょうか。手芸以外ですと、かつてはダブルリード吹きでしたので、リードに巻いてあったこともあります。
秋を感じるセーター、いいですねぇ。「秋色」に関しては今回ちょこっと思ったことを書いてみたのですが、ご感想いただけててれくさくもうれしい気持ちがします。ありがとうございます。

CandyCandy 2006/12/20 19:17 こんにちは。京みやげのアップありがとうございます♪都羽根の絹糸、はんなりとしたやさしい佇まいがいいですね。結び心地はいかがですか? 私はまだフジックスの絹糸しか体験していないので興味津々です♪ ヤクも手に入れられたのですか! どんな手触りなのでしょうか〜〜。糸にされるのを楽しみにしていますね。
アナンダではお待たせしてしまってすみませんでした。店外から覗いて見たときにbaruさんに「どの方?」とお聞きして、なんとなく居心地の悪そうな様子でいらしたことに申し訳なく思っていました。またお会いできる機会があれば嬉しいです。

garyohgaryoh 2006/12/23 21:57 Candyさん、こんにちは。都羽根の絹糸は色がとてもすてきなんですよー。結び心地もよい感じです。普段は駒印かオリヅルの糸を使っているんですが、最近色の種類が少なくて……。ヤクはもうほとんどネタですね。「きょ、京都でこんなものを見つけてしまったっっ」というおどろきのあまり購入、といった運びです。手触りはそれほどよくないですね。とほほ。毛はほそくてこまかそうです。
居心地悪そうでしたでしょうか……。あの日はなんだかものすごく盛況で(フェルト帽子を作っている人がいたり紡ぎ車講習の人が二人いたり)どこにいたものかとても悩んでいたのでそのせいでしょう。あとは羊やその毛のことがよくわかってないのでアナンダに育といつも途方にくれた気分になるのでそのせいもあるかもしれません。Candyさんやbaruさんの会話についていけるようになりたいと思っています。そんなわけで(?)今は見せてくだすったウルグアイがとても気になっています。なんともいい感じで素敵でした。
こちらこそ、また近いうちにお会いできればと思っております。

2006年04月02日 日曜日

[][] 二足目の半分 00:05

 

今日片方だけ編み上げたのだが。

写真はFlickrにあげてみたのだけれど、うまいことこちらに載せることができずにゐる。

Dunaddは姑息な手を使つてなんとかしたけれど、これを毎回やるといふのはなあ……。

 

Fotolifeを使へばいいのかもしれないが、しかし両方使ふといふのもねえ。

 

ま、しばらく様子を見るつもり。

 

Jaywalker は細い糸(中細毛糸だけど)を細い針(一号だけど)で編むのでなかなか進まない。最近思ふのだが、もうこれ以上編む手が速くなるとも思へない。とは云つても今が速いわけではない。そんなに速くはないけれど、これが限界だらうと思つてゐる。

 

うーん、やつぱり今抱へてゐる毛糸をすべて使ひきる前に寿命がつきるんちやふかな。

 

などと思ひつつ、こんなていどの速さでしか編めない以上、これからはセーター等の「大物」を手がけるのはあきらめやうかと思つたりしてゐる。

 

…………それぢやあ糸が減らないんだよな。

2006年02月04日 土曜日 編んではゐる日々

[][] 二足目 00:16

 

二足目のJaywalker

 

といふわけで二足目のJaywalkerである。

実際今一足目を履いてゐるのだが。

細い毛糸で編んだので薄いんだけどあつたかいんだなあ、これが。たまらん。

といふわけで、でも細い毛糸には懲りたのでちよいと太めの糸で編みなほしてゐるのがこれ。

うーん、でもこれ、ちよつと色のピッチが短い気がする。しかも色合ひが今ひとつ……。

同じ毛糸を色違ひであと二つ持つてゐて、緑色系を父親用にするつもりでこれは試し編みつてなところ。

くつ下を編んでゐると思ふのだが、重要なのは本や編み図にあるとほりのゲージぢやなくて、自分の足に合ふゲージだなあといふこと。

よくよく考へてみると帽子もさうだし手袋もさうな気がする。

いや、それどころか実際、なんでもさうなのかもしれないな、と思つたりもする。

 

pyonpyon21pyonpyon21 2006/02/05 22:17 こんばんは。お帽子の写真がすてき(リンクも拝見しました)だったので、ごく単純化してまねさせていただいています。サーキュラーになるか疑問ですが、けっこう楽しい編み方ですね。ありがとうございます。

garyohgaryoh 2006/02/06 00:10 pyonpyon21さん、リンク先の帽子、ステキでしょう? 編み方も実に楽しくてついつい編み過ぎるうちにこの週末はおわってしまいました。早速明日かぶって出かけようか、と。コメントありがとうございました。

しろまるしろまる 2006/02/10 23:34 こんにちは。
この間手芸店でダイヤミュゼファインに呼び止められ、ふらふらと一緒に帰って来ました。で、今その糸でJaywalkerっぽいものを編んでます。ジグザグもきれいで、いい糸ですね。ふと買ってしまったのは、雅亮さんの編んだのがイメージに残っていたのだと思います。

garyohgaryoh 2006/02/11 13:08 しろまるさん、こんにちは。あの「試行錯誤中」の編み地、ダイヤミュゼファインだったんですね。いい糸ですよね。
しろまるさんのJaywalker、さわやかな配色で素敵でとても好みです。青と白ってたまらなく好きなんですよ。

2006年01月22日 日曜日

[][][] やれやれ…… 22:27

 

いやはや。とにかくもう全然編めないのである。

 

平日の話だ。

もうこのまま編めなくなつてしまふのかもしれないといふ気すらした。

まあ、平日はいつもこんなものなのだが。

一応「Mobile Knitting」といふことで、出先でちよこちよこ編めるものは持ち歩いてゐるし、それは編んでゐるんだけれども、仕上げたいものが全然仕上げられない。

Jaywalker も月〜金で五段編んだかなあ……。

 

そんなわけでこの週末、もう世の中にはこれしかないとでもいふかのやうにJaywalkerを編んだ。

そんなわけで、できたのがこれ。

 

Jaywalker 01 Completed

 

パターンはJaywalker

使用糸はダイヤミュゼファインのMSF113。

使用針は2.5mm。

履き口は二目ゴム編みで12段。

脚は60段。

足も60段。

 

余は満足ぢや。

 

そんなわけで、渋々「履いてナンボ」。

 

Jaywalker 01 Putted on

 

糸が細いので時間がかかつたが、仕上がりには満足してゐる。

ダイヤミュゼファインはひつかかりやすい糸だ。フェアアイルのカーディガンで編み終はつた後真ん中をはさみで切り開くといふ手法があるが、この糸だつたら同じことをしてもほつれまいと思はれる。

だが、編み地は薄くてやはらかでなめらかだ。それだけに強度はちよつと心配。

 

とりあへず糸があまつてしまつたのでこれをなんとかしないとなあ。小さなスカーフみたやうなものを作りたいのだが、どうしたもんだらう。

また、Jaywalkerは別の糸でも編みたいと思つてゐる。既に段染め糸を購入してあるのだが、なんとなく単色の糸でも編んでみたい感じ。

 

どうしたもんだらう。

 

pyonpyon21pyonpyon21 2006/01/23 09:54 はじめまして。いつもどきどきしながら拝見しています。
編みあがり、お疲れさまでした。とてもすてきですね。
私も次の冬は靴下に挑戦したいと思いました。

とらのママとらのママ 2006/01/29 17:49 Jaywalker、なーんか失敗した感じでほどいてしまった情けないわたくしです。こちらでダイヤミュゼファインのすてきなジグザグ模様を拝見し、私も!と意気込んで編んではみたのですが…。失敗の原因をつらつら考えてみるに、使った糸が太かったせいかも、とか思っています。ミュゼファインも手元にあったのに細さでたじろいじゃった訳で…。雅亮様の完成靴下がやっぱとってもステキだから、ミュゼファインで再挑戦してみるかなぁ。

garyohgaryoh 2006/02/05 00:08 pyonpyon21さん こちらこそはじめまして。コメント、ありがとうございます。手編みのくつ下、いいですよ。私も実際に編んでみるまでは半信半疑でした。家族にも編んであげたのですが最初のうち履いてみるまでは「手編みのくつ下なんて……」って感じでした。この冬は特に寒いので本当に重宝しています。

とらのママさん、ダイヤミュゼファインはほんとに細くて実は途中挫折しかかっていました。今履いているのですが、薄いのにあたたかくて、やっぱり編んでよかったなあと思っています。でも今はもう少し太い糸でリヴェンジ中です。
とらのママさんのJaywalkerも是非拝見したいです。コメント、ありがとうございました。

2006年01月12日 木曜日

[][] 強い踵を求めて 23:07

 

ひとりが好きである。

あるいはひとりでできることが好きである。

 

たとへばあみものがさうだし、読書もさうだらう。

観劇だけはひとりではどうにもならないが、しかし見に行くときはひとりでも問題ない。

 

そんなわけで、長らく knit-along といふものに参加したいと思へどもせずに来た。

だつてひとりで編むのが好きなんだもの。

 

だが、まあものはためしといふ話もある。

そんなわけで、Jaywalker Knit Along に参加することにした。

Jaywalker は2005年9月の MagKnits で紹介されたくつ下で、Grumperina こと Kathy がデザインしたものである。

実はやつがれ、もうせんこの Grumperina の weblog が好きで好きで。おばあさま・ご両親への贈り物を編んだりする話が特にいい。デザインも Jaywalker はもちろん、sharfik といふおとうさまへのマフラがまたいいんだ。いつか編みたいと思つてもう毛糸も用意してあるのだが……まだはじめてゐない。

 

ま、それはともかく。

そんなわけで、進捗状況は英文weblogに書いてゐるのだが、こちらにもちよこつとだけ。

 

Jaywalker in Progress

 

まだ片方はじめたばかり。丁度踵のまち(heel gusset と書いた方がわかるだらうか)が終はつたあたり。ここのところ踵は引き返し編みばかりだつたのと、使ふ毛糸が合太から並太だつたのとで、なかなかすすまない感じ。

 

しかし、このくつ下、とてもいい感じ。男性用にも女性用にもいいし、ジグザグのパターンと段染め糸が実にしつくりときている。でも多分単色の毛糸でもいい感じになるはず。

 

ところで今回ちよつと気になつてゐたのが踵の強度である。

ダイヤミュゼファインを使つてゐるのだが、この毛糸、かなり細いのである。220g/40g くらゐかな。以前この毛糸でくつ下を編んだことがあるけれども、現在ではだいぶフェルト化してしまつてあまり気にならない。でも編みあげたばかりの時は、「……これで大丈夫なんだらうか」と思つたものだつた。この時は引き返し編みの踵だつた。

 

そんなわけで、今回、踵のまちに入るまで表を編む時にすべり目1表目1のパターンをくりかへしてみた。

わかりづらいかとは思ふが、こんな感じ。

 

踵部分

 

うーん、まちの減らし目をするあひだも続けるべきだつたかな、とも思ふが、ま、とりあへずこんな感じで。

 

毛糸が細いのでなかなか進まないが、何足も編みたくなるやうなくつ下であることはまちがひない。実際、knit-along の主催者はすでに6足だか7足だか数へられないくらゐ編んでゐるさうである。

candycandy 2006/01/14 22:09 雅亮さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

素敵なデザインの靴下ですね! 最近はごくごく普通の靴下を編んでいますが、糸が細いのと男物で(サイズが大きくて)なかなか終わらなくて;;

踵、よい感じですね! 私もこういうデザインが好きです♪ ちょうど靴とかかとの摩擦ですぐ傷みそうな気がするので出来るだけ頑丈な踵(heel gusset)を求めてしまうのと、こういうデザインってなんとなく「実直な」雰囲気があって好きなのです・・・。

デザイン、チェックさせていただきましたのでこの冬中には編んでみたいと思います(^o^)

ちなぽんちなぽん 2006/01/15 01:00 雅亮さん、もしよかったら「編み物バトン」受け取っていただけますか?ご迷惑でしたら言ってくださいませ。
1.編み物歴はどれくらい?始めたきっかけ、はまったきっかけは?
2.お気に入りの糸、好きな針の号数は?
3.好きな本やデザイナーは?
4.あなたの編み物スタイルを教えてください(お供、(室内外問わず)場所など)。
5.編んだ物の中で、一番よく身に着けているものは?
6.大失敗または大成功エピソードを。編みかけ懺悔なども。
7.去年買った糸、どれくらい消費できましたか? 勇気を出して在庫の告白も大歓迎!
8.いつか編んでみたいもの、編んでみたい糸は?
9.最後に一言どうぞ。そして次の2人に回してください。

garyohgaryoh 2006/01/22 15:52 返事が遅れまくっていて申し訳ありません。
Candyさん、こちらこそ今年もよろしくお願い致します……ってこんなに遅くにごめんなさい。
踵は引き返し編みとJaywalkerのようなものといつも迷うのですが、「外には履いていかないし」と大抵は編み図通りに編んでしまいます。Jaywalkerは外に履いて行きたいと思っているので、もう一足、化繊混の糸で編むつもりです。その時に踵はもう一度どうするか考えます。
Candyさんはやはり御自身で紡いだ糸で編まれるんですよね。いいなあ。

ちなぽんさん
受け取りましたっっ……って遅くて本当にすみません。
おそろしい設問があるので(どれくらい消費できたって……怖くて思考停止状態に陥りました)も少しかかるかもしれません。

ちなぽんちなぽん 2006/01/22 23:10 受け取っていただけてほっとしました♪
お忙しそうだし負担をかけてしまったかしらと心配していました。ゆっくりいろんな方に広がって、皆さんご自分のペースで書かれているのでゆっくり語ってくださいませ。楽しみにしています。

2006年01月09日 月曜日

[][][][][] Work in Progress 21:25

 

といふわけで、今日の進捗。

 

Jaywalker-ip and Beads-Tatted Motifs

 

まあでもこんなものかなあ。こればつかりやつてるわけぢやないわけだし。

 

Jaywalker には真ん中の目をたてる三目一度があるのだが、これが苦手でな。どうにも残した真ん中の目がそろはないのである。

おもしろいのは、knit in front and back of the loop の増やし目を二目続けてやると真ん中の目をたてる三目一度をした時と同じやうな感じになること。左側の目がたつてゐるやうになるのだ。これはちよつといい感じ。

2006年01月08日 日曜日 進捗状況

[][] 始めちやつたよ 14:44

 

タティングレースに専念すればよいものを。

 

Jaywalker in progress

 

タティングレースはモチーフ一つを作るごとに糸巻いて端糸の後始末して、だから案外手間なのである。ちよつと休みたいなあ、といふやうな時にこれを編む。

 

ほんたうは knit-along に参加したいんだがなあ。

といふか、「まだ参加できますか?」とお伺ひをたててゐるところ。

今年はできれば knit-along に参加したい。

 

……と書いておけばするだらうか。

 

2006年01月07日 土曜日

[][] 次のくつ下 20:14

 

Jaywalker が編みたい。

 

と、もうせん思つてゐた。

毛糸もあるしね。

 

Yarns for Jaywalker

 

さて、いつはじめるかな。