Hatena::ブログ(Diary)

ガ島通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

【お知らせ】

はてなブログに移動中です

2010-08-18

[]朝日カルチャーセンターのジャーナリズム実践講座で講師を担当します

朝日カルチャーセンター立川で9月から開講する「就活に役立つ メディアとジャーナリズムの実戦講座(総論編)+1日記者体験」に協力します。全5回のプログラムには、支局での記者体験も含まれ、優秀作品はアサヒ・コムに掲載される予定とのこと。

コースディレクターを務める、元朝日新聞編集局長補佐・元ジャーナリスト学校事務局長の五十嵐浩司さんから「多摩エリアの大学生向けに本格的名ジャーナリズム教育を」との誘いがありお受けしたのですが、他の講師メンバーがすごい…

朝日ジャーナリスト学校長の野村彰男さん、元NHKスペシャルのエグゼクティブプロデューサーで作家坂上遼としても活動する小俣一平東京都市大学教授、元読売新聞編集局次長・国際部長の山口勉東海大学教授で、本当にここに並んでよいのかと思いますが、精一杯務めたいと思います。担当は3回目の9月18日(土)で、「ウエブ・メディアのいまと、ウエブ・ジャーナリズムの可能性」というタイトルです。講座の概要は以下の通りです。

□就活に役立つ メディアとジャーナリズムの実戦講座(総論編)+1日記者体験

□期間=9月4、11、18、15日、10月2日の全5回 午後5時50分〜8時20分(「記者体験」は午後1時〜午後6時)

□参加費用=1万5750円(朝日カルチャーセンター会員は1万3125円)

<各回のタイトルと担当者 2限は佐藤和雄さん、五十嵐浩司さん担当>

  • 4日1限「メディアのいま。メディアが欲しがる若者たち」(講師・野村彰男さん)2限「メディア企業のエントリーシートを書く技法」
  • 11日(土)1限「テレビ局で働くということ。テレビ・ジャーナリズム」(講師:小俣一平さん)2限「エントリーシートの講評、書き直し指導」
  • 18日(土)1限「ウエブ・メディアのいまと、ウエブ・ジャーナリズムの可能性」(講師:藤代裕之)2限「メディア面接での自己表現訓練・模擬面接」
  • 25日(土)1限「新聞で働くということ」(講師:山口勉さん)2限「メディア受験・集団討論訓練」
  • 10月2日(土)朝日新聞立川支局などで「1日記者体験」(午後1時〜午後6時)

朝日カルチャーセンター立川は駅にあるルミネ立川店9階。お近くの大学に通っていたり、自宅があったりする方でマスメディアへの就職、ジャーナリズムに関心があるかたは、ぜひどうぞ。

追記 残念ながら講座は最低人数に達せず中止となったとのことです。

2010-06-20

[]毎日新聞「ボートマッチ」の特集で漫画家の赤星たみこさんと対談しました

アンケートと答えると各党や候補者と自分の考えの一致度が分かるボートマッチというツールがあります。

f:id:gatonews:20100621011526j:image:right

毎日新聞の解説によると『英語のvote(投票)とmatch(調和すること)を組み合わせた言葉で、オランダ発祥。選挙の投票に役立てるツールとして主に欧州で普及している』そう。日本では、2007年の参院選で毎日新聞が初めて取り組み、読売新聞も実施しています。このボートマッチの使い方や特徴を紹介する特集で、漫画家の赤星たみこさんと対談、20日の紙面に見開きで掲載されました。

記事は毎日JPにも掲載されています。『藤代裕之さんと赤星たみこさん、語り合う』。ボートマッチの話だけでなく、政権交代をどう捉えるのか、マニフェスト、インターネットでの選挙運動、メディアの役割、候補者の選択基準など幅広いものになっています。赤星さんとお会いするのは初めてで、あまり挨拶も出来ないまま対談に入ったのですが、問題意識が重なる部分もあり、楽しく話すことが出来ました。

ボートマッチを監修した3人指揮者、埼玉大の松本正生教授、慶応大の曽根泰教教授、片山善博教授のコメントなどがある記事もネットで読めます『機能を紹介/監修委員3氏に聞く』。ボートマッチも完璧ではないのですが、設定されている問題(それ以外のアジェンダもあるとは思うが…)に対して自分がどんなスタンスなのか、興味があるのか、ないのかも含めて整理できるのも良いところです。未体験の方はぜひ一度トライしてみてください。ボートマッチスタートページ(全20問)

対談の原稿は下記のやりとりで終わっているのですが

 藤代 投票に行くきっかけは何でもいい。ボートマッチのようなまじめなものだけでなく、ネット上で公開されているゲーム性の高いものから関心を持つのでも構わない。自分に与えられている権利を行使するってことが、やはり大事だ。

 赤星 「たった1票入れても変わらない」という人がすごく多い。投票率は、いつも5割ぐらいじゃない。行っても行かなくても同じだという5割ぐらいの人が今の社会を作った。ものすごく責任があると思う。

赤星さんも、私もとにかく投票に行くということを何度も話しました。赤星さんは、選挙に行くのは格好悪いと思っていた時期があり、いまではとても後悔しているとのこと。

対談終了後の雑談の際に、以前にブログで呼びかけた「衆議院選挙の投票行動をブログにアップしよう」を紹介すると、関心を持って頂きました。今回も選挙がスタートしたら改めてブログで呼びかけるつもりですので、賛同頂ける方はぜひ投票に行ったことをブログやツイッターに書き込んだり、投票所や投票済証(投票所にいる係員に「証明書もらえますか?」と声をかけると渡してくれます)の写真をアップしたりしてください。

マスメディアなどでは「選挙に関心がない」とレッテルを貼られがちな、若者やネットユーザーの選挙への関心向上・投票行動の可視化を目的にしていますので、特定の候補者や政党に投票を誘導する書き込みは禁止です。投票したという事実のみを書き込むようにお願いします。ツイッターのハッシュタグは#tohyoです。

【関連サイト】

2010-02-24

[]フォーラム「ネット時代のメディアとジャーナリズム」のパネルに参加します

今日(2月24日)に開かれる日経新聞のフォーラム「ネット時代のメディアとジャーナリズム」のパネルに参加します。

既に満席ということですが、動画中継が行なわれる予定です。テーマとパネリストは以下の通りです。どんな話になるのか楽しみです。

ネット社会において、今後求められるメディアとはどのようなものか。既存のマスメディアとソーシャルメディアはどのように連携、あるいは融合していくのか。メディアビジネスの新たな可能性は―。今回のフォーラムではこれらの点について、ソーシャルメディア、マスメディア、ユーザーの垣根を越え、自由に討論することを目的に企画いたしました。

  パネリスト:

  高広伯彦さん(スケダチ|高広伯彦事務所/ブログ「mediologic.com/weblog」)

  津田大介さん(メディアジャーナリスト)

  徳力基彦さん(アジャイルメディア・ネットワーク社長)

  椿奈緒子さん(cybozu.net CEO/ブログ「椿ブログ」)

  藤代裕之(ジャーナリスト/ブログ「ガ島通信」 )

  (司会)日本経済新聞社 編集局産業部編集委員 小柳建彦さん

追記:

2009-10-29

[]土曜日に駒澤大学で「ネット時代の政治とメディアの関係」を考えるシンポジウムを行います

10月31日(土曜日)17時から19時まで、駒澤大学中央講堂で、H-Yamaguchi.netの山口さん、雑種路線でいこうの楠さんらと『ブロガーが問う!ネット時代の政治とメディアの新たな関係』というシンポジウムを行います。みんなの党で、Twitterを活用している浅尾さんが参加してくれます(少し遅れるとのことですが、スケジュールを調整してくれました)。入場無料。申し込み不要です。

ブロガーが問う!ネット時代の政治とメディアの新たな関係

ソーシャルメディアと政治との関係に注目が集まっています。アメリカではオバマ大統領がTwitterやFacebookを活用して選挙キャンペーンを行い、日本でもブログやSNSで情報発信する政治家が増えています。マニフェストにネット選挙解禁を掲げた民主党政権で、一部の大臣会見が解放されてネットメディアが参加するようになりました。新たな状況を迎えつつある政治とメディアの関係。ネット選挙、政策立案プロセス、そしてメディアのあり方はどうなるのか、ブロガーが議論します。

【登壇者】

山口浩(ブロガー・駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授)

楠正憲(ブロガー・国際大学GLOCOM 客員研究員)

富崎隆(駒澤大学法学部政治学科准教授)

浅尾慶一郎(みんなの党・衆議院議員)

藤代裕之(ブロガー・ジャーナリスト)

駒大は学園祭(オータムフェスティバル)開催中なので、シンポまでの時間にミスコンや模擬店も楽しめます。よろしければ会場にお越しください。また、シンポジウムの模様は山口ゼミ学生チームにより「駒大GMSちゃんねる」を通じて生中継される予定です。

2009-09-09

[]広島大で講演とワークショップ「理系学生のための文章力講座-分かりやすい自己PRを書く」

9月10日の午後、広島大学大学院生物圏科学研究科の院生会主催セミナ(生物圏共同セミナー)で「理系学生のための文章力講座−分かりやすい自己PRを書く」と題した講演とワークショップを行います。

講演では、読み手に伝わるために必要なこと、書く前に考えておくこと、陥りがちな失敗など、分かりやすい文章を書くための「技術」を説明します。ワークショップでは、講演を踏まえて「モジュールライティング」と呼ばれる手法を利用、研究をベースにした魅力的な自己紹介・自己PR文章を実際に書いてみます。

院生会の方がブログの記事文章構成のためのフレーム「モジュールライティング」を読んでメールを送ってくれたのがきっかけで、日程など色々な調整をしていただき実現することになりました。学部は違いますが、久しぶりの母校ということで楽しみです。

90分×2回で講演とワークショップを行うのは初めてなので手探りですが、参加してくれる学生の皆さんの役に立つものになるよう頑張ります。東広島キャンパスは10年ぶりぐらいでしょうか。ずいぶん発展しているとの噂です…