Hatena::ブログ(Diary)

ガ島通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

【お知らせ】

はてなブログに移動中です

2008-10-15

[]削り出しのアルミボディを持つ新Mac Book発売

「出血大サービスで提供する」とジョブズCEOが言ったという新しいMac Book。Mac Book Airと同じように一枚のアルミ板から削り出されたアルミニウムユニボティが最も大きなポイント。230グラム軽くなり2.04キロに。ガラストラックパッド、LEDバックライトディスプレイも新たに搭載、画像処理速度もアップしています。2.4GHz版にはバックライトキーボードも付きました。

f:id:gatonews:20081015075835j:image

かなり安い値段(800ドルという噂)になるとの予想もありましたが、ベースモデルは1229ドル(日本では148,800円)、その代わり前のモデルが999ドルと1000ドルを切る価格になりました(Mac Bookホワイト 日本では114,800円

ビデオには工場でアルミボディが作られている様子があり、「どうだ、すげーだろ」といった感じ。

2008-10-08

[]未来に一歩近づいた気がする、ニコンHMD「UP300x」と「UP300」

ニコンからヘッドマウントディスプレイ(HMD)メディアポート「UP300x」「UP300」が発表されました。まるでドラゴンボールや電脳コイルスカウターのようなデザイン。Wi-Fiでインターネットも見ることができるとのことで、写真を見たりニュース記事を読んだりするだけで未来に一歩近づいた気がします。近年日本メーカーが発売した製品の中で群を抜いてワクワクして、ある意味バカを本気で実現したものではないでしょうか。

HMDと言うとウェアラブルコンピューティングの有名人・塚本昌彦さんをテレビで見ることもあったので、少しばかり関心がありましたが(テレビではほとんど変なおっちゃん扱いですが…)、「200×年にはみんなウェアラブルコンピューターを持っています」とか予言しつつキーボードを吊り下げていたりして遠い未来のことのように思いましたが、UPはWi-Fi通信機能に、メモリー(300xは8GB、300は4GB)、モーションセンサーも内臓(300xのみ)していて、ひとつ違うステージに入った感じがあります。カメラが搭載されるとスカウターも夢ではなさそう。

f:id:gatonews:20081009015025j:image

ニコンはUPの発表にあわせて3つのサイトをオープンしており、この製品にかける意気込みが伝わります。

ユーザー参加型サイトはいまのところ「UP検定」ぐらいですが、他にも参加できる仕掛けが明らかになるのかもしれません。また、販売サイトでは吉田カバンのPORTERとコラボしたキャリングケースがラインナップされています。

予約は10月15日から。300xが69,800円、300が59,800円。これまでに比べると格好よくなっていますが、UPをつけて町に出るのはまだまだ勇気が要りそう。インパクト買いや記念買いの人も多そうなので、果たしてどれくらい売れるのか…なんというか、面白いんだけれど「まだやっぱり売れない」ということになりそうな気もしていて、サイトを3つも作ってしまって大丈夫だろうかといらぬ心配をしてしまうのですが、これもデジカメでも好調なニコンの勢いということなのでしょうか。

2008-09-20

[]大手町の地下通路に音の出る広告

大きな広告パネルから「フォーン」というF-1のエンジン音が響きます。広告の主は生命保険会社のING。不思議な顔をして通り過ぎたり、パネルを指差して何やら話をしたりする人もちらほら。

f:id:gatonews:20080920233132j:image

写真のように通路の両側に広告があるので、音が立体的になってレース場にいるような感じ。

f:id:gatonews:20080920233137j:image

ただ、F-1をスポンサーしているとは言え、エンジン音がパネルとやや結びつかない気がします。これが車の広告だったら、もう少し話題になったかもしれません。

2007-09-10

[]

ブログで更新される文字量は1日およそ10億字、マスメディアの代表格新聞であれば1000万字

これまでの情報伝達は、情報を発信する側とそれを受けとる側が明確に分かれている、という構図で成り立っていました。しかし、インターネットや個人メディアの台頭、中でもブログの発展によって、情報の伝達構造は大きく変わろうとしています

  • 先日行われた「モバイル社会フォーラム2007 モバイル時代のコミュニティを考える 〜複雑化する社会と個人〜」について、ブログOn The Bridge −memorandum recordのKitamuraさんがログ&感想をアップしてくれました。

ネットによる地域活性化は(パラダイス)鎖国を助けることになるのではと思った

時間がかかってしまうという問題点は内包しているのは事実ではあるが、切羽詰って早急な対応がまだ求められていない今だからこそ、各地方自治体や、地方をなんとかしたいと思っている人には、このような取り組みを始めていって欲しいと思う。

参考エントリー