gayuu_fujinaの愚草記 このページをアンテナに追加 RSSフィード


RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/ Map

2016-09-01 (Thu) もう九月だよー

[] 食事を記録しよう

体重:82.3kg

体脂肪率:25.0%

朝食:弁当刺身 with おくすり

昼食:鉄一 日替わり定食

夕食:ラーメン大盛り

[] 結局モバブー買った

まあ、一番コストが安い時点で、迷う余地が無かったと言うか。

スマホなんて、1人で1OS各1台持ってたら十分と言うか、経験上、同OSの2台目は予備機として死蔵する事になる。

たまに、2台で同時にソシャゲプレイ中、PCを起動するまでも無い調べ物をしたい時に、3台目のスマホが欲しい、と思う瞬間はあるが、面倒がらずにPCのディスプレイをONにすれば、広い画面で調べ物が出来るし、まあいらんよな、と。

帰りに、あきばおーに寄ったら、

KQP K58 10000mAh Powerbank (海外通販サイト)

が 1980円(税別)で売っていたので購入。

実は、

が 2980円(税別)で売っており、パナソニック製のセルという点に惹かれたのだが、本体の厚みがあって、買ったバッテリーと比べると、片手で持った時の重さの体感が圧倒的に後者の方が重かったのだ。

ちなみに、実際の重量は、KQP K58 は 228gで、Anker PowerCore 10000 は 220gと差は小さかったのだが、やはり形状によって体感できる重さの差は大きかった。

ちなみに、後者アマゾンの方が新型を安く売っていたので、全くお得感は無かった。

というか、最近モバイルバッテリーネットショップだとめちゃくちゃ安くてビビる

ヨドバシとかでは平然と1万円近くの値段で売ってる容量のやつが、4K以下とかで売ってるし。

閑話休題(それはさておき)

ついでに、きちんと2.4A充電対応USBケーブルも購入…したんだけど、バッテリー付属してて無駄だった罠。

当面は、モバイル運用時は常にこののバッテリーで充電状態にすること、いままで使っていたパナソニックモバイルバッテリーは、このバッテリーが無くなった後に使う予備とする事にして、様子を見ようと思う。

ここまでモバイルバッテリーが安いと、バッテリーが1年以内に劣化してゴミになっても諦めがつくし

追記:まず、帰宅までの40分にバッテリーは100%から69%まで急降下。1時間フルに使ったら、50%を割りそうな感じ。

そして、40%を割ると強制再起動になるので、50%を目安に充電開始しようと決める。

モバイルバッテリーを繋ぐと、FGOのような消耗の激しいゲームをしなければ、消費電力よりモバイルバッテリーから供給される電力が上回り、充電されることが分かった。

過充電状態で繋いでおくのも馬鹿らしいので、100%充電されたら、モバイルバッテリーを外す事にした。

これを、朝晩の通勤2回行っても、モバイルバッテリーは空にならなかったので、割と使えそうな感じ…

[] 転生ラノベ・アニメ批判と日本ハードSFの滅びる日:焼き林檎少年ブログ - ブロマガ

SF全盛期、SFファン蛇蝎の如く嫌われていたエリアルを書いてた笹本祐一現代日本SF界の重鎮*1と言う時点で、ハードSFなんて、日本ではとっくに滅んでいるぞ。(終わり)

ついでに言えば、野尻氏の個人的意見に、個人的意見以上の意味は無く、「ストレスゼロ砂糖だけで作られたようななろう小説」に対して「砂糖だけ食べてたら体壊すぞ」と言っているだけの、実にあたりまえの指摘である

その反論にSF云々とか屁理屈付けてるから、それでなくても薄っぺらい内容が、更に意味不明になってる。

何で、

俺は、トラック転生して異世界という名の想像力のかけらもないゲーム世界に行って、なんの苦労もせずチート貰って、奴隷ハーレムできる作品死ぬほど好きなんだよ、余計なお世話だよ、てめーはネギ振って、ピアピア動画してればいいんだよ!

と、開き直れないのか。

別に砂糖の摂りすぎで糖尿病死ぬのも、個人自由なのだから、そうした作品だけ読んでいるからと言って、誇る事ではないが、卑下する事でもない。

趣味嗜好の話だ。

個人的には、なろう小説ストレスフリーな点は、結構好きだけど、それを指摘されたからと言って、反発するほどハマっている訳でもない。

あと、かまちー作品セカイ系であって、SFじゃないから

禁書目録オカルト系には分類しないっしょ!?

西尾作品ファンタジーに分類するぐらい荒っぽいタグつけです。

その辺りはきちんと分けてください、本当にお願いします。

[] 財布どうしよう…

今日、帰りに寄った大き目のキャンドゥで、いつも使っていた財布が見つかったから購入し、ボロい財布から移動したんだけど…

カード枚数を数えてみてびっくり。

52枚入ってた。

そりゃ、財布もぶっ壊れるわ。

むしろ、よく収まって居たな、と言うレベル。(収まっていません、縫い目とか解れまくりの、布地も裂けまくりでした)

めったに行かない医者の診察券とか、むかし一回だけ泊まった事があるアパホテルの会員カードとか、既に使わなくなったお店のカードとかも含んでいたので、それらを整理して…

42枚。

これはあかん

ペラペラのKーBooksやらアニメイトカードとかも含むが、厚さのあるIC/磁気カードだけで軽く30枚を超えている。

皮の財布で「カードがいっぱい入って20枚」とか言ってる世界なのに、その倍以上を突っ込むんだから、無理無理。

どんなにお高い財布を買ったところで、ぶっ壊す未来しか見えない。

カード専用のカードケース買って、別に持ち歩くようにしないとダメかなぁ、これは。

*1ライトノベルと言うジャンル草分けとして、ラノベ史に残る作家だと思っているが