gayuu_fujinaの愚草記 このページをアンテナに追加 RSSフィード


RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/ Map

2017-12-07 (Thu) 着々と12月が削れていく…

[] 「Snapdragon 845」はCPU性能30%増、AI関連処理は3倍速、1.2Gbps LTEに対応──クアルコムが発表 - Engadget 日本版

ハワイで開催中のSnapdragon Tech Summitより。クアルコムスマートフォン向けの次期プロセッサSnapdragon 845」の詳細を発表しました。Snapdragon 845は、ハイエンドAndroid端末に採用されている「Snapdragon 835」の後継にあたる次世代SoC(システム・オン・チップ)です。

CPUには、Cortex-A75ベースの高性能コア(最大2.8GHz)、およびCortex-A55ベースの効率コア(最大1.8GHz)をそれぞれ4つ、計8つ搭載するbig.LITTELE構成を採用。CPU性能はSnapdragon 835と比較して25〜30%、電力効率で30%向上したといいます。

4K動画撮影機能も強化。4K 60fpsでの動画撮影をサポートするほか、8bitから10bitカラーに移行、さらに色域を拡大し、より豊かな色表現が可能だといいます(Rec.709からRec.2020へ)。クアルコムはこれを「Ultra HD Premium Video」と呼び、845はこれをサポートする初のモバイルSoCである、と胸を張ります。

昨今注目されるAIにも対応し、Snapdragon 835比で3倍のニューラル処理速度をアピール。なお、アップルの「A10 Bionic」やファーウェイの「Kirin 970」のように、ニューラル処理に特化したユニットは非搭載。AI向けに改善されたHexagon 685デジタルシグナプロセッサ(DSP)やGPU、Kryo CPUなど、どのコアを利用するか開発者が選択できます。

さらに、GoogleTensorFlowFacebookのCaffe 2、さらにOpen Neural Network Exhange(ONNX)など、さまざまなAIフレームワークをサポートします。

セキュリティも強化。他のチップと完全に独立したSPU(セキュリティ・プロセッシング・ユニット)を搭載したほか、指紋・虹彩認証に加え、iPhone XのFace IDに似た顔認証や、音声認証をサポートすることなどが明かされました。

LTE通信部はSnapdragon X20モデム統合し、受信最大1.2Gbpsにも対応します。

Snapdragon 845を搭載したSoCは2018年初頭に出荷される製品に搭載予定。サムスンソニーは歴代のハイエンド製品クアルコムチップを搭載していることから、Galaxy S9(仮)やXperia XZ2(仮)といった新製品が同チップを搭載する可能性も高そうです。

http://japanese.engadget.com/2017/12/06/snapdragon-845-30-ai-3-1-2gbps-lte/

CPU性能が3割増しだと、ほぼ倍増したA11対抗にはならないのと、ニューラル処理速度3倍だと、20倍近い効率を出したKirin760には相手にならない。*1

Snapdragon835が名SoCだったのは間違いないが、プロセスサイズも変わらない後継の845の伸びがこの程度だと、来年はAppleとHUAWEIが突き放しにかかるかも…。

サムスンも独自SoC開発しているけれど、公称性能はともかく、実態はSnapdragon835に負けてるので、次期フラッグシップモデルもSnapdragonだろうし。

なら、買い替えは、Snapdragon835搭載機でいいかなぁ。

*1:NPUに関しては、外付けで自由な組み合わせを推奨しているから、あまり欠点とは思っていないけど

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/20171207/p5