gayuu_fujinaの愚草記 このページをアンテナに追加 RSSフィード


RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/ Map

2018-07-08 (Sun) マジでダルいんすけど…

[] 食事を記録しよう

体重:kg

体脂肪率:%

朝食:食べそびれ with のみわすれ

昼食:食べそびれ

夕食:ビビカルビ

昨日に引き続き、出かける気力が湧かずに、ひたすらヒキコモリ

体調もそうだが、精神的に非常にローテンションっぽい。

…んが、深夜になって状況は一変する。

風邪になってからこっち、木曜に治った後も咳と鼻づまりが治らず、鼻づまりに伴う右耳の詰まった感じが慢性化していたのだが、23時ごろにその違和感が、コメカミから口元までの「しびれ」という感じで広がっている事に気が付く。

左側の同箇所を触った場合に比べて、右側の皮膚感覚が「遠い」と言う感じで、慌てて左右手足の感覚確認から視力・聴力・味覚・嗅覚に左右差が無いかをチェック。

しびれに似た違和感を除いて、問題が無い事を確認したのだけれど、最後に鏡の前で表情を作った際に、唇の端が左側に比べて、右側が上がっていない事に気づく。

万が一があると怖い、しかし、救急車を呼ぶほどには緊急性のある自覚症状も無い。

悩んだ末に、「川崎市救急医療情報センター」に電話を掛ける。

…繋がらない。

10分ほど時間を置いて掛けなおし続けたが、全然繋がらないので、掛けっぱなしにして待ち続けること15分。

0:25分になってようやく電話が繋がった。

簡単に症状と状況を伝えると、市立病院に連絡して受診可能ならそのまま向かい、ダメなら救急車を呼ぶように言われる。

続けて、市立病院電話を掛け、川崎市救急医療情報センターからそちらで受診可能か伺うように言われた旨を伝える。

幸い、受け入れ可能という事で、念のための荷物セットを抱えて、市立病院へ行った。

緊急外来入口を通って、緊急用の受付に電話連絡して受診した旨を伝えると、問診票と血圧、体温測定を行う。

この頃には、右耳の詰まった感じは残っていたものの、顔の右側の「しびれ」はかなり小さくなっており、致命的な問題である可能性は低いと感じてはいたが、脳みそに関しては素人判断して失敗すると怖いので、そのまま受診した。

当直医に脳神経科の方が居て、問診と簡単確認を行った結果、やはり脳梗塞である可能性は低そうだとの事。

しかし、念のためMRIを取りましょうという事で、そのままMRI検査を受ける。

こちらの結果も、問題なし。

直近での脳梗塞も無いし、過去脳梗塞を起こしたという事も無いだろう、今回出た症状に関しては、原因はわからないが、症状が再発、悪化するようならまた受診してください、との事で、本日の緊急受診が終了したのは、午前2時過ぎであった。

結果的問題が無く、救急車を呼ばなくて済んだことにホッとしつつ、お医者さんとか対応していただいたMRI技師の方や看護婦の方には申し訳なくも感謝しかない。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/20180708/p1
リンク元