gayuu_fujinaの愚草記 このページをアンテナに追加 RSSフィード


RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/ Map

2018-10-18 (Thu) まぢでねもい

[] 「4年前のPC利用は約35万円の損失」――マイクロソフト「最新PC買った方が得」 - ITmedia PC USER

「購入から4年以上経過したPC1台当たり、約35万円の損失が発生している」――日本マイクロソフト10月17日、現状の「Windows 7」や「Office 2010」から最新のクラウド環境への移行に関する記者説明会で、PCを長く使うデメリットについてそう説明した。

(中略)

同社は、中堅中小企業IT環境調査した。その結果、経年によるPC故障率(修理率)は1年未満だと1%未満、3年だと20%と緩やかに増加していくが、4年では67%とはね上がることが分かったという。

(中略)

同社執行役員梅田成二本部長(デバイスパートナー営業統括本部)は、「バッテリー不具合や、OS立ち上がりの遅さ、メモリ寿命によるクラッシュなどのトラブルが4年目以降に頻発する」と分析

(中略)

利用期間が4年未満のPC1台にかかるメンテナンスコストは322ドルで、生産性コスト(起動にかかる時間など、本来生産可能だった時間を失うコスト)は1056ドル、計1379ドル(約15万円)であるのに対し、4年以上のPC1台にかかるそれぞれのコストは497ドル、2574ドルで計3071ドル(約35万円)という結果だった。

(後略)

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1810/17/news122.html

日本の財務官僚が作った金額の試算がガバカバ資料みたい。

ビジネスユース、Officeソフトの利用程度なら、10年前のPC…それこそ、Core2Duoマシンですら、SSDに換装して居れば、現用機と比べても大したストレス無しで動くよ。

生産性コストのロスの内、大部分はHDDとSSDの差による起動時間なんじゃないかね?

…まあ、流石にCore2Duo時代マシンメモリが2GBとかだから、64bit化してメモリ増設してないと大量ファイルを処理する際には辛いかもだけど。

意味も無く、古いPCをビジネスで使い続ける事は、確かに無駄だと思うけれど、4年以上のPCで35万ってのは、盛り過ぎだと思う。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/20181018/p4