Lost & Found

2010-03-20

なくしたもの、見つけたもの ー最終回ー

f:id:gazebofilm:20100320142537j:image:left

自宅近くの道を歩いていたら、ふと目の前にかわいらしい落とし物発見。

こういうのを見つけるたびに、ついつい立ち止まり、写真を撮ってしまう…そんなことからも、そろそろ離れなくてはなりません。

昨日、映画『Lost & Found』は公開最終日を迎えました。

本当にたくさんのみなさまに足を運んでいただいて、映画終了の際に聞こえてきた拍手に、舞台袖で待機していた関係者一同が感動したことは言うまでもありません。

Lost & Found

落とし物あずかり所のこの英語表記を見たときに、物語は動き始めました。

なくして、見つける。

思えば、人生ってその連続かもしれません。

私は今まで何をなくして、何を見つけてきたんだろう。

今回の公開をきっかけに、再び自分に返って考えてみました。

なくしてしまったものに強烈な喪失感を伴うときもあれば、なくしたと意識せずになくしてしまっている場合もあります。

追い求めて努力してやっと見つけたものもあれば、もう手にしているはずなのに、見つけたという感覚を持つことができないときもあります。


「なくしたものがここみたいに棚に並んでいて、取りにくることができればいいんですが……」

主人公に言ってもらった台詞ですが、人生の中の落とし物は、なかなかそうもいきません。

けれども、何となくやり過ごしてしまうより、自分の<Lost & Found>を見つめ直すことで、前に進めることもあるのかもしれない。

ふとそんなことを思ったりもしました。

私の個人的な実感はさておき、映画を通して、もし自分の<Lost & Found>にまで、意識が向かった方がいらっしゃったら、こんなにうれしいことはありません。


最後に。

今回の公開に関しては、たくさんの方のご尽力がありました。

宣伝・配給のブラウニーさん、本当に心から映画に寄り添って、公開準備から公開中までを奔走していただきました。

素敵なウェブサイトとチラシをデザインしてくださったHogaHlicさん、インディペンデント映画を上映するという英断に出てくださった劇場、シネマート六本木さん。

それから、今回の強力なパートナーである『ロックアウト』の高橋監督。主演の園部さん。同じ仲間として『Lost & Found』も大事にしてくださいました。

そして、何よりも、劇場にわざわざ足を運んでくださった観客のみなさま。関係者一同、本当に大きな力をもらいました。

この場を借りて、厚くお礼申し上げます。

ありがとうございました。


さて、『Lost & Found』公開に合わせて始めた、この期間限定ブログ

今回をもって終了とさせていただきます。

毎回、好き勝手に書かせていただきましたが、読んでくださった方には心からの感謝を……。

新しい作品も、ただ今準備中です。

監督・脚本・撮影は、『Lost & Found』スタッフと同じメンバーになります。

この先、順調に作品が完成するのかはまだまだわかりませんが、今回いただいた力を糧に、またみなさんにお会いできる日を楽しみにしています。


■■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□

映画『Lost & Found』

監督:三宅伸行

脚本:荒井真紀/三宅伸行

撮影監督:八重樫肇春

キャスト:菅田俊、坂田雅彦、畑中智行、寉岡萌希、藤井かほり、菜葉菜、ひもの屋カレイ、三田村賢二、菅原瑞貴、永井穂花、ジリ・ヴァンソン、田中優

☆シネマート六本木にて公開決定 ※映画『ロックアウト』(監督:高橋康進)との日替上映になります。

詳しくは下記サイトへ

http://www.gr-movie.jp

Toru IdeToru Ide 2010/04/08 04:07 映画を学びにアメリカを目指したところまでが、昨日までの僕の中での三宅君でしたが、久しぶりにWeb上で一方的な再開を果たした君は、驚くほどに順調に自分の決めた道を歩んでいて、自分の事のように誇らしかったです。これからも頑張ってください。恵比寿時代の仲間より。