ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス このページをアンテナに追加 RSSフィード

動きを通して自分の心と身体にめざめよう!フェルデンクライス・メソッドをめぐる日記

2009-02-09

ブログの文字色が「薄い墨色」に ブログの文字色が「薄い墨色」にを含むブックマーク ブログの文字色が「薄い墨色」にのブックマークコメント

昨日、ブログのデザインを変更しました。

・文字色・文字/行間隔を、見やすいものにしたい

・引用部分に色をつけたい

・フォントを変えたい

・カメ君たちを目立たせたい

が動機です。


「カメ君を目立たせたい」以外の項目は、以前から気になっていたことです。

これらは、管理画面のどこかで調整できるのかもしれません。

でも、ズボラな私は「既製」のデザインから選ぶことにしました。


・本文ができるだけ目立つような

  (ブログパーツ/モジュールばかりが目立っても困ります)

・地色が白

・文字色が黒より薄い色

・一行の文字数が少なめ

・フッターは右側

・シンプルなデザイン

・落ちついた色目

・……

といろいろ考えた条件に一番あてはまったデザインが「soft-mocha」です。


おそるおそる「このデザインに変更する」ボタンを押して、

新しい画面を見るとなかなか良い感じです。


デザインを変更すると、フッターにあるパーツ(カレンダー・コメント欄etc)に影響が出て、崩れてしまうのでは?と心配していましたが、なんとかなりました。

(気になる部分はありますが、今は目をつぶります)


読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)

を読むまで勝間和代さんのブログの文字色が

少しだけ薄い墨色」になっていると気づきませんでした。

例えば、私のブログ(私的なことがらを記録しよう!!http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/)の文字は、通常の黒ではなくて、目にやさしく雰囲気をよくするため、少しだけ薄い墨色にしてあります。

(「読書進化論」勝間和代/著、小学館101新書、149頁)

勝間さんのブログを読みながら、

私のブログ(文字色:黒)に比べて目が楽だなあ

とぼんやり感じていただけで、その理由を考えていなかったのです。


新しいデザインでは、文字色が薄い墨色になりました。目に硬い印象から、目にやさしく記事を読むのに楽な雰囲気に変わっています。

なにより、カメ君の瞳と甲羅模様の黒と文字色で差別化ができます。

f:id:geko_sishibuhuo:20090209142249j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/20090209/p1