ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス このページをアンテナに追加 RSSフィード

動きを通して自分の心と身体にめざめよう!フェルデンクライス・メソッドをめぐる日記

2010-01-04

「間」のない会話と「聞かない」会話 「間」のない会話と「聞かない」会話を含むブックマーク 「間」のない会話と「聞かない」会話のブックマークコメント

 今の若者にはおしなべて「いい子キャラへの過剰適応」が見られる。

 まず会話に「間」がない。相手の言葉を咀嚼する前にすぐに同調の言葉を発する。周りの雰囲気を壊さないよう、グループからはじき出されないように注意深く会話し、いい子を演じることが身についている。

(朝日新聞朝刊、「2010年代 どんな時代に◆コミュニケーションと社会〜ネットが世界を縛る」2010年1月3日付3面)

「間」がない会話は、50代半ばから60代にもみられます。“相手の言葉を咀嚼する前にすぐ”適当な相槌を打って話題を変え、自分が話し手になる、という点が違いますが。


「すぐに同調の言葉を発する」けれど、中高年に比べると若者は、まだ相手の話を聞いているのかもしれません。聞いていないと、周りの雰囲気を壊す可能性が高くなりますから。


でも、やっぱり聞いていないのかな?会話の「音」「記号」として脳に届いて感じているけれど、そこから「音」(同調の言葉)を返しているだけ、かもしれません。


人の話をろくに聞かず自分の話ばかりする中高年と、すぐに同調の言葉を発する若者。どちらにも共通するのは、

  ・会話の「間」のなさ

  ・妙に甲高い声

  ・曇ったような目

です。


コミュニケーションって何なんでしょう?

口は言葉という「音」を出すだけのスピーカーなのでしょうか?

不安と共に平気でいる 不安と共に平気でいるを含むブックマーク 不安と共に平気でいるのブックマークコメント

昨日の講義(フェルデンクライスのトレーニング・コース)で聞いた言葉

“不安”と共に、平気でいる

グループレッスンや個人レッスンの指導が「上手くいくか?」等不安を抱くことに対しての言葉です。


感情が持つパワーやスピードは大きく、簡単に私をパクリと呑み込んでしまいます。

時々、飲み込まれたことにちっとも気づず「何か変だな・・・」と思いながら後になってわかることもありますが。


マイナス・プラス、ポジティブ・ネガティブ・・・いろいろな感情に飲み込まれないためにも、「平気でいる」ことは大切です。

感情の波にのまれ、さらわれ沈むことのないようにしたいものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/20100104