ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス このページをアンテナに追加 RSSフィード

動きを通して自分の心と身体にめざめよう!フェルデンクライス・メソッドをめぐる日記

2010-01-10

「制限」を設けた主 「制限」を設けた主を含むブックマーク 「制限」を設けた主のブックマークコメント

誰があなたに動きの“制限”をかけているの?

フェルデンクライスのグループレッスンで聞く言葉です。

今回のトレーニング・コースでも耳にします。


誰もあなたに

 ・肩胛骨を動かしてはいけません

 ・手を伸ばす方向を見てはいけません

 ・骨盤が持ち上がるのはいけません

 ・etc

と言ってませんよ。誰があなたの動きを制限しているのですか?


これまで、こうした言葉かけがあった時、私の内側ではこう答えていました。

だって動かそうとすると痛いんだもん


無理に「力で動かない」っていうのがフェルデンクライスでしょ?

「感じる」ことを重視する(に慣れている)私は、「考える」ことが眼中になかったようです。

ある動きをしようとして、違和感や無理矢理感・痛みを感じた時に私がとる行動は、「それ以上動かない」の一点ばり。

どうしたら、痛みや無理め感なく動けるか?を考えようとしてきませんでした。思考停止です。


フェルデンクライス・メソッドを本格的に学び始めて3年近く経ってやっと

「私に制限をかけている」主が誰なのかを理解しました。

(私に制限をかけることが出来るのは、他ならない“私”です)


「知っている」と「理解する」「行動する」の間には広い広い河が横たわっています。


今日一日、自分が設けた制限にどれだけ気づき、どれだけ解除出来るでしょうか?楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/20100110