Hatena::ブログ(Diary)

なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス このページをアンテナに追加 RSSフィード

動きを通して自分の心と身体にめざめよう!フェルデンクライス・メソッドをめぐる日記

2010-01-24

子育て・教育の「しんどさ」の解決法を見つけにいこう!〜シンポジウム・2月6日(土)10〜12時・宇治市生涯学習センター 子育て・教育の「しんどさ」の解決法を見つけにいこう!〜シンポジウム・2月6日(土)10〜12時・宇治市生涯学習センターを含むブックマーク 子育て・教育の「しんどさ」の解決法を見つけにいこう!〜シンポジウム・2月6日(土)10〜12時・宇治市生涯学習センターのブックマークコメント

昨日お会いした中野久美さんが理事長を務められる、「NPO こせい舎」主催のシンポジウムのご紹介です。

NPOこせい舎 発達障害児が地域でよりよく暮らすには?こちら

◆チラシ:チラシ最終版.pdf 直

◆日時:平成22年2月6日(土)10:00〜12:00

◆場所:宇治市生涯学習センター 第1ホール


大きな地図で見る

◆協力金:1,000円(参加費・資料代を含む)

◆対象者:子育て・教育・福祉に興味のある方

◆定員:先着100名

◆内容

1)講演 10:00〜10:30

古川 直子「“育てにくい子ども”をもつ親が周囲に望むこと」

NPO関西特別支援教育ネットワーク「がじゅまる」会員

発達障がい親の会「ガジュママ」代表

きょうとセルフヘルプ支援センター副代表

2)パネルディスカッション 10:30〜11:30

支援ネットワークのあり方を考える

 山 田 千冬:京都府立こども発達支援センター診療所精神科医

 馬見塚 珠生:NPO親と子のエンパワメント研究所 臨床心理士

 灘  裕 介:(有)あーと・ねっと 作業療法士

 吉 村 夕里:京都文教大学 臨床心理学部 准教授

 大 西  哲:京都府山城北保健所 福祉室 児童・障害担当

 生 駒 尚子:宇治市木幡小学校 言語通級指導

3)質疑応答 11:30〜12:00

◆申込み方法

必要事項をご記入の上、メール・FAXまたは郵送(ハガキ可)でお申込みください(*追って受付番号とアンケートをお送りしますので、当日ご持参ください)

  ・お名前

  ・職業

  ・ご住所

  ・電話・FAX・メール

  ・感覚統合療法を希望:する/しない

  ・お子様のお名前・年齢

  ・連絡・送信可能時間(例/9〜20時)


◆お申込み・お問合せ先

NPO こせい舎(担当:遠藤隆吉)

チラシをご覧ください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/20100124/p1