ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス このページをアンテナに追加 RSSフィード

動きを通して自分の心と身体にめざめよう!フェルデンクライス・メソッドをめぐる日記

2014-07-18 寝る前の緊張を解く?〜NHKジャーナル駄洒落コーナー このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:geko_sishibuhuo:20140718094457j:image:w300


集団的自衛権の閣議決定や台風情報がニュースの中心だった7月前半

NHK第1の「NHKジャーナル」(月〜金、22:00〜)の番組終わり部分にある

いつもの「ダジャレ・コーナー」がなく「???」となっていました。

それが今週から復活!

ニュースデスク・西垣幸児さんのダジャレに

キャスターの永井克典アナウンサーが上手く返されています。

これまでの「寒さ」がなく良い感じです。

(ダジャレが寒いのでなく、放送室の雰囲気が寒い)


ダジャレは高度なコミュニケーションだと思います。

相手が出してきたダジャレにどう反応するか。

「さむ〜」「しょ〜もな」と反応もありですが

必ず何かに引っかけて言葉が繰り出されます。

その「何か」に気づき、その周囲を含めておもしろがれるか

楽しめるか、考えられるか…聞き手に問われます。


相手からのダジャレを聞いて

  1)クスリ/ケタケタ笑う

  2)スルーする

  3)ダジャレで返す

の反応があると思います。


私は悲しいかな「笑う」しかできません。

で、ここで気が付きました。

 a)NHKジャーナルの「寒さ」の原因は上のどれでもない反応だった

 b)相手のダジャレをダジャレで返すのはかなり難しい

ということです。


ニュースデスク西垣さんのシンプルなダジャレに対して

キャスターお二人(永井さん、奥村さん)が笑えず、スルーも出来ず

かといってダジャレで返すのもなかなかできず…

ある種の「寒さ」を電波にのせていたのではないか、と思います。


それが、今週からの西垣さんのダジャレ復活に伴い

一番変化したのが永井克典アナウンサーの返し。

はじめは「今日はたまたま上手くいった?」と思っていたのですが

かなり安定しています。永井アナの慌てていない雰囲気が

返しの言葉に表れていて、間もいいし、クスリと笑えるし

何よりドキドキハラハラせずにすみます。

(京都・祇園祭山鉾巡行、後祭り復活の話題のあと)

西垣さん:二度山鉾巡行が楽しめるって豪華ですね。ただ、24日の後祭り、これまでと日程がちがいますから、見に行く方、日付を間違えると、まさに「後のまつり」ですね。


永井さん:そうきましたか〜。しゃれた一言の矛先が向かぬよう、今夜はホコまでです。

2014年7月17日(木)22:00〜放送NHKラジオ第1

「NHKジャーナル」番組終わりのダジャレコーナーより

夜10時から始まる「NHKジャーナル」をその時間帯に聞いていたら

事件や事故、不安定な国内外の情勢etcを耳にして緊張して

眠りにくくなるかもしれません。

そんな時、番組の締めにこうしたダジャレがあってクスリと笑えたら

その緊張を解くきっかけになるのかなと思います。


西垣さんが本気を出されたら、どんなダジャレが出てくるのでしょう?

kadukadu 2015/03/18 23:03 今夜は最後に「西垣さん反省してください。」と言われてて笑った。

geko_sishibuhuogeko_sishibuhuo 2015/03/20 19:05 kaduさま
いただいたコメントを拝読した時
「西垣さん」と「反省」が結びつかなかったのですが
放送を聞いて、私も笑いました♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/20140718