ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス このページをアンテナに追加 RSSフィード

動きを通して自分の心と身体にめざめよう!フェルデンクライス・メソッドをめぐる日記

2015-06-23 アナタが正しいです このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

  ハイ!アナタが正しいです!

突然私の口をついて出てきたこの言葉。

「アナタ」とは「身体」のこと。


この言葉を聞いた私の脳内では

  「(一体誰が言ってるんだ)?」

  「やっとわかったか〜!」

  「ホントかな?」

という声がしています。


歯を治療中の私は、薬を飲む必要がありました。

治療中の歯で物を噛めない、治療にくたびれた…があり

食欲がいまひとつ。

「薬は食後!」「食べないと回復しにくい」を考える頭と

「食べる気しないな…」な身体。


何かしら食べた方が良い、この点で両者は一致。

では、何を食べるのか?

ここで、頭が何を食べるか提案し、身体が「それはちょっと…」と

やりとりを始めます。

面白いのは、いくら頭が理屈であれこれお勧めしても、

嫌なものはイヤとはっきりしている身体のギャップです。


両者、折り合いがついたのが「食パン」。

(ここで、冒頭の言葉が出てきました)

頭にしたら「昨日の晩御飯も今朝も食パンで、お昼も!?」

身体にしたら「食パンは口の中でまとまるから噛むのがラク!」

ここが決まれば、副食では揉めないから不思議。


身体に従う方が葛藤が少なくて合理的なのでは?と

薬のせいでぼんやりした頭は考えています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/20150623