ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

g-note(Genmai雑記帳)

2016-06-28

★最高裁:債務整理事件における簡裁代理権の範囲

| 07:51

平成26(受)1813 損害賠償請求事件
平成28年06月27日 最一小判
裁判要旨抜き書き

 債務整理を依頼された認定司法書士〜が,裁判外の和解について代理することができない場合

続きを読む

最高裁、簡裁代理権の判決について

| 07:53

本日upした★最高裁:債務整理事件における簡裁代理権の範囲 - g-note(Genmai雑記帳)の判決についてです。

この判決文だけ読むと、誠にごもっともで、そのとおりだと思ってしまいます。(さすがに最高裁の理屈は分かりやすい、などとまで・・・・・)

続きを読む

最高裁:生命保険契約の受取人変更と遺留分減殺

| 07:54

平成11(受)1136 死亡保険金支払請求権確認請求事件
平成14年11月05日 最一小判 
裁判要旨抜き書き

 自己を被保険者とする生命保険契約の契約者が〜受取人を変更する行為は〜1031条〜遺贈or贈与に当たるものではない。

続きを読む

立憲主義破壊(石川健治・東大教授)

| 07:54

やはり、憲法学者のほとんどが違憲と言っていても無視していく姿勢には、不安を覚えます。
憲法学者の石川東大教授も、「一門の戒め」を超えて、「『いざ』という時が来れば、立ち上がらねばならん」とお考えになったとのことです。

続きを読む

2016-06-27

最高裁:遺留分減殺による移転登記請求訴訟における価額弁償意思表示

| 07:35

平成6(オ)1746 遺言無効確認等
平成9年02月25日 最三小判
裁判要旨抜き書き

 〜遺留分権利者が〜不動産の持分移転登記〜を求める訴訟において、受遺者が〜裁判所が定めた価額により1041条〜による価額〜弁償〜の意思表示をした場合〜裁判所は〜事実審口頭弁論終結時を算定の基準時として〜額を定めた上、受遺者が右の額を支払わなかったことを条件として、遺留分権利者の請求を認容すべき〜。

続きを読む

憲法改正の内容を白紙委任するかどうかの選挙・「ある日気づいたら」

| 07:36

町村先生が、今回の選挙と憲法改正について書いておられました。

続きを読む

横浜地裁:売り上げ連動契約への借地借家法適用

| 07:36

平成16(ワ)2128、平成17(ワ)554 賃料減額確認請求〜 
平成19年03月30日 横浜地判
要旨抜き書き

1.定額賃料と固定賃料で構成された特殊な賃料の仕組みを有する百貨店〜建物の賃貸借〜、共同事業的な側面〜共同事業〜リスクの分担という性質は賃貸借契約〜と両立し得ないものではない〜借地借家法第32条第1項の適用がある〜

続きを読む

2016-06-24

株主リストの作成と職務上請求

| 08:32

内藤先生が、株主リスト作成のために、 住民票等の職務上請求が可能かどうかについて書いておられました。

続きを読む

商業・法人登記の補正

| 08:32

資格者代理人(司法書士)の補正が多すぎる、と言う記事があり、「へ!」と思って見てみました。

続きを読む

最高裁:個々の財産についての遺留分価格弁償

| 08:32

平成11(受)385 土地建物共有物分割等請求事件
平成12年07月11日 最三小判
裁判要旨抜き書き

1 受贈者or受遺者は、遺留分減殺の対象とされた贈与or遺贈の目的である各個の財産について1041条,亡陲鼎価額弁償をすることができる。

2 〜単位株制度の適用のある株式の共有物分割において〜単位未満株式を生じさせる現物分割を命ずることはできない。

続きを読む

2016-06-23

最高裁:和解錯誤(苺ジャム事件)

| 08:33

昭和32(オ)1171 商品代金請求
昭和33年06月14日 最一小判
裁判要旨抜き書き

1 仮差押の目的〜ジヤムが一定の品質を有することを前提として和解契約〜、ジヤムが〜粗悪品であつたとき〜和解は要素に錯誤〜無効〜
2 契約の要素に錯誤があつて無効であるときは、570条の瑕疵担保の規定の適用は排除される

続きを読む

最高裁:遺留分価額弁償の価額基準時

| 08:34

昭和50(オ)920 持分権移転登記等請求
昭和51年08月30日 最二小判
裁判要旨抜き書き

 遺留分権利者が〜1041条,硫然枴杤を請求する訴訟における贈与or遺贈の目的物の価額算定の基準時は〜事実審口頭弁論終結の時〜。

続きを読む

最高裁:特優賃への借地借家法適用

| 08:34

平成17(ワ)1967 賃料減額確認請求事件
平成20年05月26日 千葉地判
判示事項の要旨抜き書き

 〜住宅供給公社が〜転貸を前提として〜特優賃を借り上げ,借上料を〜総額〜の10%〜管理経費を控除した額とする〜合意した〜契約について,借地借家法〜適用を認め〜借上料減額〜を認めなかった事例

続きを読む

2016-06-22

相続法制見直し、改正試案

| 08:33

 〜法制審議会〜民法部会は21日、相続〜配偶者の居住権確保などを柱とした中間試案〜

続きを読む

外国籍の売主・証明権限、原因日より前の委任状

| 08:33

少し前のことですが、nsrに、「宣誓供述書の証明権限」と言う記事がありました。

続きを読む

最高裁:遺留分請求権の性質

| 08:33

昭和40(オ)1084 所有権移転登記手続請求
昭和41年07月14日 最一小判
裁判要旨抜き書き

遺留分権利者の減殺請求権は形成権

続きを読む

最高裁:遺留分減殺、価額弁償の効果

| 08:34

平成18(受)1572 遺留分減殺,建物明渡等請求事件
平成20年01月24日 最一小判
裁判要旨抜き書き

 遺留分減殺請求を受けた受遺者が1041条1項の〜価額〜弁償〜の意思表示をし〜遺留分権利者が〜価額弁償を請求する〜意思表示をした場合〜その時点において〜遺留分権利者は〜遺留分減殺によって取得した目的物の所有権+所有権に基づく現物返還請求権をさかのぼって失い〜価額弁償請求権を確定的に取得する。

続きを読む

2016-06-21

最高裁:転得者に対する遺留分減殺、時効起算点、遺留分違反の贈与の効力

| 07:45

昭和33(オ)502 土地建物所有権移転登記等請求
昭和35年07月19日 最三小判
原審  仙台高判 昭和33年02月28日
裁判要旨

1 受贈者に対し減殺請求をしたときは、その後に受贈者から〜譲り受けた者に対してさらに減殺の請求〜できない。
2 受贈者から〜譲り受けた者に対する減殺請求権の1年の消滅時効〜は、遺留分権利者が相続の開始+贈与〜を知つた時から起算〜。

続きを読む

最高裁:取引先への譲渡担保と詐害行為取消

| 07:47

昭和43(オ)275 詐害行為取消請求
昭和44年12月19日最二小判
裁判要旨

 〜従前どおりの営業の継続をはかる目的のもとに〜支払猶予を受け〜店舗を営業用動産営業権等とともに現在および将来の債務の担保として譲渡担保に供したとき〜諸般の事情〜営業を継続するための仕入先に対する担保提供行為として合理的限度をこえず、かつ、他に適切な更生の道がなかつたものと認められるかぎり、詐害行為とならない。

続きを読む

ふるさと納税の特典、空き家管理

| 07:51

 福井県勝山市はふるさと納税で寄付した人への特典の一つとして、市内にある寄付者の住宅が空き家〜、家を管理するサービスを新たに始めた。

続きを読む

2016-06-20

最高裁:買戻特約ある場合の移転登記等+質疑応答

| 08:11

昭和32(オ)469 所有権移転登記抹消登記手続等請求
昭和36年05月30日 最三小判
裁判要旨

 買主が買戻の特約を登記した不動産を第三者に転売しその登記を経由した場合は、最初の売主は転得者に対し買戻権を行使すべきである。

続きを読む

最高裁:遺留分減殺請求権の債権者代位・「遺留分減殺請求の性質」

| 08:11

(2011-12-19)の改記分

平成10(オ)989 第三者異議事件
平成13年11月22日 最一小判
裁判要旨

・遺留分減殺請求権は〜権利行使の確定的意思を有することを外部に表明したと認められる特段の事情がある場合を除き,債権者代位の目的と〜できない。
・遺留分制度の性質

続きを読む

「破産と養育費」(森法律事務所)

| 08:12

森法律事務所の弁護士の方が、「破産と養育費」について書いておられます。

続きを読む