Hatena::ブログ(Diary)

現代画報を発見

2010-10-08

アメリカの最近のインターネットに関する動向について

19:39


このところインターネットを使ったコミュニケーショ ンは、ビジネスだけでは

なくて、プライベートでも活用されていますが、ソーシャルネットワーキング

サービス大手のフェースブックと、インター ネット電話サービス大手のスカイ

プが、提携に向けての交渉を行っているというニュースを目にしました。これは

面白いニュースだと思います。こ れからの展開については注目したいところで

す。国際ジャーナルでも、この両者の思惑などについての特集を行って欲しいと

ころですね。この提携 によって、どのようなことが可能になるのでしょうか。

報道によると、フェースブックのユーザーが「フェースブック・コネクト」のア

カウントを 通してスカイプログインし、スカイプの提供するテキストメッ

セージの送受信や、他のフェースブック利用者との音声チャットや画像チャット

が できるようになるそうです。スカイプインターネットで無料の電話サービ

スを提供している会社ですから、フェースブックの利用者にとっては、 新たな

楽しみが増えることになるのかもしれません。世界中で多くの人が利用している

両社のサービスですから、これから他社の動向についても動 きがでてくるのか

もしれませんね。





現代画報社

報道ニッポン

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

国際ジャーナル』は、昭和59年創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

2010-10-05

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 婚活

23:27

国際ジャーナルに、結婚活動・・・いわゆる「婚活」に関する記事が出ていました。

最近頻繁に聞かれる言葉となり、ドラマのタイトルにまで登場した「婚活」。

今までは、婚活がはやりだした主な原因を、

女性の社会進出の広がりにより、仕事をがんばるあまり出会いのチャンスがないまま

30代半ばになってしまった女性が増えたことではないかと単純に考えていましたが、

どうもそれだけではないようです。

昨年より始まった空前の不況で、規模の大きな企業ですら倒産したり、

リストラが横行したりと社会不安が増大したことや、

社会保障の先行きが見えない昨今、

なるべくゆとりある老後の生活が送れるよう、

できる限り安定した大企業に勤める人を結婚相手にしたいと考える女性が増えたことも

大きな原因のひとつのようです。

さらに、最近は男性の婚活も増えてきたとか。

最近の人気は、

自分より少し収入の少ない、しかし長く働ける安定した企業に勤める女性とも言われています。

男女とも、婚活の主な目的は、現在から将来に続く経済的な安定なのかもしれません。


そうであるならば、

先々どんな業界のどんな企業が伸びていくか、

今後求められるのはどのような人材か、

また自分はどのような人間になればよりよい相手と結ばれることができるか、など、

相手を見る目を養い、自分の能力をより高める動機にもなり、

婚活自分磨きにつながるきっかけとしての役割ももつことでしょう。

経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社

oscar.coresv.com

2010-10-02

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 一本の線の上を

11:24

現代画報で日本独自のサードプレイスとしてのセルフカフェを取り上げています。都市に生きる人々に、癒しの空間、個人的な時間を楽しむ場所をさりげなく提供してくれるのが、「スターバックス」をはじめとするセルフカフェだといいます。都会は冷たいと言いますが、「無関心の親切」のようななものが心を癒してくれる時もあるように思います。プライベートを守りながら、気持ちの良い空間を共有している人々が自分の周りにいる。引き篭もるのとは違い、常に自分と一対一にならずに済むのも、良い気分転換になるような気がします。

でも、不思議と子どもを産んでからは、サードプレイスを持たなくなったんですよね〜。「家」と「職場(学校)」、そして第三の場所に「カフェ」や「バー」があるといいますが、基本的に「家」か「他者と交流する場」の二つしかないから。他者と交流する場を細かく分類して三つ目にするのは、ちょっと強引な感じがする。というか、生活にイマイチ区切りというものが無い。家もスーパーもカフェもお教室子どもの学校も、全部一本線上にあるのです。「妻」「お母さん」「○○の奥さん」いろいろな顔があるはずなのに。

要するに、ファーストプレイスである「家」から離れらないからじゃないかと思うのです。常に献立を頭の中で考えてるし、買い物に行っても子どもの物に目が行くし。本や映画に没頭する時以外は、いや、家族に関係する内容だとそこから頭がすっかり「家」に行ってしまう。。何だかつまらないな・・と思うけれど、ルーツができたのかもしれないとも思います。自分のことだけ考えて生きるより、今の方が良いのでしょう。余裕があれば、もっと社会的なことにも関心を持たなきゃとは反省してます。いつまでも大根の値段が上がった下がっただけじゃ、頭が老化するばかりですからねえ。




press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社

商法総則 by 国際ジャーナル

地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人〜地域で活躍する職人たち〜」「心のふるさと〜社寺めぐり〜」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心〜VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

国際ジャーナル』は、昭和59年創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。

2010-09-30

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル お隣さんの顔

23:41

報道ニッポンの記事にはいつも啓発されることがたくさんあるのですが、今月号の「『隣人祭り』から見える孤独死減少への道筋」というコラムはとても興味深かったです。「隣人祭り」とは、隣近所に住む人たちで集まって交流を深めようというもので、もともとは1999年にフランス・パリで起こった老人の孤独死をきっかけに、「隣近所付き合いを大切にしていく」活動としてヨーロッパに広がっていったものです。日本でも2008年から各地で開催されています。何か特別な団体の協力とか手続きとかが必要なのかと思ったのですが、そうではなく、あくまで自主的なものみたいです。日本支部のホームページで開催の告知をしてくれますが、コンシェルジェと呼ばれる主催者の人たちが中心になって行われています。ホントはもっと普通に開かれててもいいのかなあと思います。ウチの近くの自治体では、高齢者向けで体操教室だとかバスツアーとか大小取り混ぜて色々なイベントをやっているみたいなので、これも隣人祭りといえばそうかもしれないですね。孤独死の予防という本来の意味では、お年寄りを中心にした隣人祭りの方が良いのだろうけれど、ホントは、お隣さんの・・蕕鮹里蕕覆い里麓磴だぢ紊里茲Δ糞い・垢襪鵑任垢茲諭F辰縫▲僉璽箸筌泪鵐轡腑鵑呂發ξ戞・紂Σ次・・・擦鵑任襪・覆鵑特里蕕覆た佑諒・・燭い任靴腓Α・磴た佑魄絜団イ蟾・爐里鰐詰・・福・・・・・・

報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社

国際ジャーナルの取材・・

2010-09-28

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 秋の味覚を存分に楽しむ

23:30

現代画報社の現代画報にも色々とおいしそうな食の話題が載っていますが、

秋になるとやはり楽しみなのは、旬の味覚ではないでしょうか。今年はいわしがかなりお安くなっ

ているそうです。いつもより水揚げ量も多いので、この秋はおいしいいわしが安

く手に入るのではないでしょうか。ここまで安くなっているのであれば、

庶民にも手が届きそうですね。そのほか、中国からの輸入品に

ついても好調のようです。一時は安全性についての不信感から

売上が落込んだこともありましたが、その辺も解決されてきているのでしょう

か。何かと不景気な話題の多い今日この頃ですが、

このようなニュースは大歓迎ですね。今年は、特に財布を気にせずに、

秋の味覚を存分に楽しめるのではないでしょうか。

この秋は、美味しいものを食べて、是非とも明日への活力をつけたいところです。






現代画報の取材で・・

現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社