Hatena::ブログ(Diary)

博物士

 | 

Thursday, 2005/03/31

子どもが減って何が悪いか!

[] 子どもが減って何が悪いか 子どもが減って何が悪いか!を含むブックマーク

 赤川学子どもが減って何が悪いか!』(ちくま新書ISBN:4480062114)読了。

 邪推、あまのじゃく、オナニー言説。本書の性格は、この3つの言葉で言い表せる。

 本書に書かれていることは簡潔明瞭。前半部と後半部、それぞれ1行で足りる。ここで私が要約する必要すらない。ずばり、第4章と第8章の小題になっているからだ。

序章 世に溢れるトンデモ少子化言説

第1章 男女共同参画は少子化を妨げるか

第2章 子どもを増減させる社会的要因は何か

第3章 夫の家事負担は子どもを増やせるか

第4章 男女共同参画は少子化対策ではない

 間違えてはならないのは、「男女共同参画社会」に反対しているわけでも、「少子化対策など必要ない」と述べているわけでもない。両者を結びつけて議論することの誤りを指摘している。

 ここでは、政策策定の道具として社会調査のデータを用いる場合の危うさを指摘する。例えば、統計からは「コウノトリが多数繁殖している地域では、子どもが多く生まれる」という相関関係を示すことすら可能なのだ。著者は、少子化と「都市化の進行度合い」とに真の相関を見出している。そのため、野鳥の生息数が多いこと(=田舎であること)と子供の数とに、見かけ上の相関が生じてしまう。データに対して疑いの目を持つこと*1、そして統計的根拠の正しさを見抜く眼力を身につけること(これを著者はリサーチ・リテラシーと呼んでいる)は、社会科学に携わる者として身につけておくべき素養だろう。著者は、「実証分析の結果を愚直に政策提言に結びつけようとすれば、ときには自らに都合の悪い事実と向き合わざるを得なくなる」と説く〔50頁〕。戒めとして真摯に受け止めておきたい。

 それにしても、「男女共同参画」が本書で指摘されるような捉えられ方をしているとは驚きでした。私は労働法の立場から平等権の問題として考えていたので、見落としていた視点だったのです。


 後半部では、まず、少子化のどこが社会問題であるかを確認する。筆者は、これを(1)若年人口・労働力の減少に伴う経済成長の鈍化と、(2)社会保障費用の増大(現行の年金制度の破綻)という2つのデメリットに集約する〔第5章〕。問題状況を振り出しに戻すことが本書の最大の意義であるので、ここで読み終えてもいい。なお、筆者からの返答は

第8章 子どもが減って何が悪いか

である。つまり、少子化対策として家族支援政策を展開することはやめ、出生率は低いままであるものとして制度を見直そう、と議論の仕切り直しを要求する。みんなが公平に負担を分担しあい、平等に貧しくなるならば、それで良い――と赤川は割り切る。

 こうした著者の態度を下支えしているのが、オナニー言説。これは本書の最後で明かされるのだが、著者の専門はセクシュアリティ論。「選択の自由」という理念を

してもいいし、しなくてもよい。してもしなくても、何のサンクション(懲罰や報奨)も受けない制度設計

として把握し〔204頁〕、そこから子育て支援や両立支援といった施策に疑問を突きつけている〔第7章〕。この態度の出発点が「オナニーは無害で、やりたいときにやればいい」から来ているところにはズッコケた。さらに、ジョン・ステュアート・ミル*2 の《他者危害原則》*3 が、ベンサムによる同性愛擁護に端を発していることも聞かされ、呆然。ついでに触れておくと、本書の題名の元ネタは、『機動戦士ガンダム』第9話におけるブライトのセリフだそうだ(^^;)

 これまでの言説をバサバサと斬っていく姿には、凄味がある。赤川が言っていることは、「オレを信用するな! この本を疑え!!」にも等しいからだ。山田昌弘の「パラサイト・シングル論」についても鋭い切り返しをしている〔第6章〕。といっても全否定ではなく、社会学として評価できる部分と、不適切な政策提言とをきっちり分けている。山田の説を引用するにあたっては、本書も参照しておく必要があるだろう。

 議論が混迷したときに飛び出してくる天の邪鬼からの「身もフタもない」発言は、問題の原点に立ち返らせてくれる。


▼ おとなり書評

▼ 追補::参考資料

http://www.shiojigyo.com/en/column/0504/main.cfm (子どもが減るのは、「危ない」のか)

*1:ちなみに私ですが、「先進国の国際比較」というデータが示された時、検討対象にスペインが含められていなければ、資料作成者は何か恣意的な取捨選択をしているのだろうと疑ってかかります。

*2Wikipedia - J.S.ミル

*3:「危害の原理」に同じ。他人に迷惑をかけないなら何をやってもいいだろう、というもの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050331

Wednesday, 2005/03/30

[] 監督不行届  監督不行届を含むブックマーク

 安野モヨコ『監督不行届』(ISBN:4396763549)。

 ある新婚家庭の物語。この作品を妻=作者=ロンパース(安野)の側から捉えるか、夫=カントクくん(庵野秀明)に注視するか。それは、巻末の「GAINAX全面協力! 超詳細!! オタク用語2万字解説」を、どれだけの時間をかけて読むかで識別可能なのではないだろうか。

 あたかも教科書を読むかのごとく、解説(15頁)をマンガ本編(125頁)より丁寧に読む私。

監督不行届 (Feelコミックス)

[] 横文字なのに右開きな欧米版マンガ  横文字なのに右開きな欧米版マンガを含むブックマーク

 いずみのさんの疑問(id:izumino:20050330#p1)に対して。

 ぢたま某中山文十郎まほろまてぃっく』のスペイン語版(ISBN:987562201X)では、巻末(左開きの欧米だと最初の頁)に興味深いことが書かれていますので、ご紹介しておきます。

Este manga esta editado en su sentido de lectura original japones

このマンガは、オリジナルである日本語の読み方の流儀(注:右開き)で編集されています。

f:id:genesis:20050331134129:image

 図を使ってコマの読み進め方を紹介していますが、その下に次のような解説があります。

En Japon y varios otros paises, la lectura se realiza exactamente a la inversa de como la hacemos nosotros.

日本をはじめとする幾つかの国では、欧米とは反対方向に文章が綴られます。

A fin de poder leer los mangas como estamos acostumbrados, estos se suelen publicar con las paginas espejadas.

そのため、私たちスペイン人が慣れ親しんでいるようにしてマンガを読むためには、左右を鏡像反転させて印刷するのが一般的でした。

Muchos autores de manga, sin embargo, no estan de acuerdo con esto ya que opinan que les distorsiona los dibujos.

しかし多くの漫画家は、反転させることを快く思っていません。何故ならば、それはマンガを歪めるものであるとの意見を有しているからです。

Por eso exigen como condicion para vender los derechos de una serie que el editor extranjero se comprometa a respetar el sentido de lectura original japones y no espeje las paginas.

そこで、この作品の海外版の版権を得るに際して、日本での本来の様式を尊重して鏡像化はしないことを約束いたしました。

Si bien en un principio puede resultar chocante o complicado leer al reves, es solo cuestion de practica y una vez que nuestra mente se acostumbra resulta tan natural y placentero como leer en sentido de lectura occidental.

反対向きに読み進めることに対し、はじめのうちは奇妙な感じを受けたり混乱するかもしれません。しかし単に慣れ(practice)の問題です。やがて私たちの頭脳は順応し、東洋の読み物を自然に楽しく読み取れるようになるでしょう。

 スペイン語版の出版社は IVREA(http://www.editorialivrea.com/)で、2004年9月発行。日本側の交渉窓口は、トーハンになっています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050330

Tuesday, 2005/03/29

護くんに女神の祝福を!

[] 護くんに女神の祝福を 護くんに女神の祝福を!を含むブックマーク

 id:lapis:20050304(やっぱりエメレンツィアたんだよ座談会)を受けて、岩田洋季護くんに女神の祝福を!』第1巻(ISBN:4840224552)を読む。

 結局『イリヤの空』は読み進められずに保留しています。これが当該作品固有の事情によるものなのか、それともラノベ全般に由来するものなのかを考えるために。何を読んでもよかったのだけれど、たまたま推薦があったから、これでライトノベルのお勉強。

 ところが、早々と1頁目で考え込んでしまいました(^^; 問題箇所は、扉絵に添えられていた次のような文章。

人の意思に応え、あらゆることを可能にする奇跡の物質ビアトリス。

大気中に漂うその未知の微粒子を理解し、操り、知り抜くすべを教える日本で唯一の高校が、東京ビアトリス総合大学附属高等学校である。

(中略)

数千人に一人という難関の感応適性テストをクリアした者だけを受け入れる。

 この《設定》の宣言は、読者に2つの前提を受け入れることを強要します。まず第1に、主人公(護)やヒロイン(絢子)を選民として認知すること。そして第2に、この世界での能力は「努力すれば身に付く」ものではなく、先天的な素質によって決まるものであること。第3に、奇跡が自在に起こせる無限定の御都合主義。読者が感情移入する場合には、戦後民主主義を支えていた平等思想を放棄し、自己をエリートであるとみなすことになる。

 そうした前提はさておいて、ともかく読み進める。ところが、プロローグが終わったところで再び頭を抱える。なんだろう、この既視感は。

 転校初日に、さして取り柄もない少年が、学校きっての才女(話したこともないし名前も知らない)に見初められ、交際を求められる。そして生徒会に引き込まれ――

 あぁ、そうか。これは『うる星やつら』のキャラ配置で、『マリア様がみてる』(の「波乱の姉妹宣言」)を演じようとしているのか。どうして主人公が対象に選ばれたのかは語られず、もし仮に考えたところで大した理由があるわけではない。都合のいい世界。それにしても物語の組み立てが稚拙だなぁ。何よりも、文章力が弱い。

 既存のプロットをなぞっているので、《お約束》通りに進行します。勧善懲悪の時代劇とかハーレクイン・ロマンスのように、読み物を楽しみたい読者にとっては痛快でしょう。私の場合、読後に何も残りませんでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050329

Monday, 2005/03/28

[] 電子辞書  電子辞書を含むブックマーク

 電子辞書を買いました。専門学校で「英語」と「日本語表現」の講義を受け持っているのですが、授業のたびに何冊も辞書を抱えていくのは限界があるので。そうでなくとも文筆業ですから、日本語辞書は日常的に参照しますし。

 いろいろ機種がありますが、私の場合には簡単。スペイン語辞書を参照できることが絶対条件。これでさっくり、3系統に絞り込めます。まず、ソニーはタイマーが発動するから除外。あとは、カシオにするかシャープにするか。どちらも同じ辞書(白水社の西和)なので、内容に差はない。周囲の人に聞いてみたのですが、甲乙付けがたいというのが評価でした。カシオは西和(和西)が予め搭載されていますが、シャープの場合には別売りになっているスペイン語辞書カード(\4,680)が必要。迷った末に、合計金額の安さでシャープ製を選択。(新機種が出たので型落ちしたのです)。パールホワイトを選べるというのもあって。

▼ CASIO EX-word XD-H7500 (\29,800)

ASIN:B0002JZQWG

▼ SHARP PW-A8200 (\22,200)

SHARP PW-A8200-W 電子辞書 66コンテンツ内蔵 パールホワイト SHARP PW-A8200-S 電子辞書 66コンテンツ内蔵 シルバー SHARP コンテンツカード スペイン語辞書カード PW-CA08 (音声非対応)

 実際に使ってみての感想ですが、キーボードが安っぽい。色分けされたアクリル製ボタンで見た目は美しいのですが、キータッチが悪い。ふにゃっ、ぺこっ――とした感じ。あと、反応が悪いので、パソコンと同じ速度で入力すると追随してくれない。ちょっと手加減しないとダメ。

 その他は、非常に満足。知識の宝庫を持ち歩けるというのは、幸せなことです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050328

Sunday, 2005/03/27

失踪日記

[] あじま  あじまを含むブックマーク

 吾妻ひでお失踪日記』(ISBN:4872575334)。

 随所で取り上げられており、ここで紹介するまでもないのだが、簡単に述べておきたい。とても面白かった。登場人物(東英夫)は作者(吾妻)を映しだす存在でありながら、突き放されている。この距離感の取り方が、作家として一流であることの証だろう。

 唐沢俊一氏は、歌人・西行法師や、俳人・松尾芭蕉になぞらえ、本作を遁世文学と位置づけている。聖乞食思想からの読み解きは、大変に興味深い。竹熊健太郎氏は「極限漫画」と称したが、唐沢的な捉え方の方が本作の真髄に迫れるように思う。

http://www.tobunken.com/(唐沢『裏モノ日記』2005年3月10日付け記事を参照)

http://www.comicpark.net/ishikawa050304.asp (書評:いしかわじゅん

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/post_6.html#more (書評:竹熊)


 もうひとつ関連した話題を。谷山浩子吾妻ひでおの共作『輪舞−ロンド』が、20年ぶりに同人誌として出版された。紹介記事に「吾妻ひでおが描く谷山浩子の肖像画」があるのだが―― 

http://tkikan.edisc.jp/azuma/01.html

もう大爆笑。初版は完売してしまったが、増刷にかかっているとのこと。是非とも読んでみたいところ。

http://www3.to/sfalamod (発行元:SFアラモード)

http://haruna.g.hatena.ne.jp/tkikan/

http://d.hatena.ne.jp/sirane/20050320

http://yuki-lab.jp/manga/ (関連:マンガの国の浩子さん)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050327

Saturday, 2005/03/26

[] 大学院はてな :: 内部告発  大学院はてな :: 内部告発を含むブックマーク

 研究会にて、トナミ運輸事件(富山地裁判決・平成17年2月23日)の検討。

大手運送業者である被告の従業員である原告がしたヤミカルテル等の内部告発は正当な行為であり,被告が,原告に対し,この内部告発を理由に,ほとんど雑務しか与えず,昇格を停止するなどの不利益な取扱いをしたことは,雇用契約上の付随的義務に違反する債務不履行であるとして,慰謝料,賃金格差相当額等の損害賠償請求が一部認容された事例

裁判所による要約

このうち、差別についての問題は除外し、内部告発(whistle-blowing)に焦点をあてて討議。裁判例をみると、内部告発にあたっては事前に企業内部で通報することをが求められているようである。先例としては、首都高速道路公団事件〔第一審〕*1群英学園事件〔控訴審〕*2 が挙げられる。しかし、この内部通報前置の例外として、報告者は3つの類型を提示した。

 (1) 法律が申告を義務づけている場合

 (2) 刑事上の犯罪を構成する場合、あるいは生命身体に危害を及ぼす急迫の危険がある場合

 (3) 内部通報ができない合理的な理由がある場合

 第3のパターンとして、生駒市衛生社事件(奈良地判・平成16年1月21日 労働法律旬報1572号40頁)があった。本件は、内部通報を経ることなくマスコミに情報を流しており、これに続く事例と位置づけられる。内部告発の態様について、裁判所は以下のように判示している。

告発に係る違法な行為の内容が不特定多数に広がることが容易に予測され,少なくとも短期的には被告に打撃を与える可能性があることからすると,労働契約において要請される信頼関係維持の観点から,ある程度被告の被る不利益にも配慮することが必要である。

 この判示によれば、本件でも内部努力によって問題解決を図ることを《原則》とすることは変えていない。しかし、それに続く部分で、原告労働者が「管理職でもなく発言力も乏しかった」とし、本件での「内部告発の方法が不当であるとまではいえない」とし、労働者を保護したもの。

 《原則》といいながら極めて限定的にしか作用しない(むしろ、例外に該当する場合がほとんどと思われる)内部通報前置ルールについて、ひたすら議論をした。

*1:東京地判・平成9年5月22日 労働判例718号17頁

*2:東京高判・平成14年4月17日 労働判例831号65頁

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050326

Thursday, 2005/03/24

[] 拡張するマンガ表現論  拡張するマンガ表現論を含むブックマーク

 単著にまとめられるのを待っていたのですが、よりによって

「手塚的なストーリーマンガ」という表現空間は『GUNSLINGER GIRL』で閉じられたこととなる

http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20050324#p2

などという面白そうなところを見せられてしまったため観念。伊藤剛手塚治虫〈以後〉のマンガ表現史 ―― 拡張するマンガ表現論」(『波状言論』2005年1月B号*1 所収)を取り寄せて読む。

 リアリズムの獲得という観点から、マンガ表現史を記述するモデル(の不存在)を考察している。ストーリーマンガの検討であるから、手塚治虫地底国の怪人』を始点に置くのは当然だろう。しかしながら、手塚から50年間に渡って紡がれてきた円環を通り抜けた、最初の栄えある存在は相田裕であった――という指摘には敬服。

 私もかれこれ2か月ほど、トリエラを物語(ストーリー)の主役に位置づけて『ガンスリ』を評価できないものかと考えあぐねていたのだが、どうも伊藤を超えることは到底言えそうにない。

GUNSLINGER GIRL 1 (電撃コミックス) GUNSLINGER GIRL 2 (電撃コミックス) GUNSLINGER GIRL 3 (電撃コミックス) GUNSLINGER GIRL 4 (電撃コミックス)

 ただ、この論考で気になるところが1箇所あった。

マンガには、読み手に「リアリティ」を感じさせる装置が三つある。「言葉」「コマ構造」「キャラ」である。

としているところ。ここでは、斎藤宜彦がマンガの構成要素を「言葉」「コマ」「絵」としていることを比較対象として挙げている。そして、

リアリティを媒介するのは「絵」ではなく「キャラ」なのだ

として、マンガ表現史を組み立てている。私が疑問に感じたのは、絵をキャラに置き換えていることの当否である。「キャラクター」を第4要素として付加する方が、適切ではないのだろうか*2。私は少女漫画(しかも1980年代のもの)からマンガに分け入ったということもあって、文学的に漫画をみるという習性から抜け出せずにいる。私が作品論を述べる時に《物語》に重きを置くのは、こうした出自に由来しているのだろうと自己分析している。そのせいか私は、「図像」と「コマ」の価値を相対的に低く見る傾向にある。そうすると、代わりに浮上してくるのは「言葉」と「キャラクター」。それを伊藤のように3つに整理統合されてしまうと、違和感があるわけです。

 伊藤は80年代後半以降の状況につき、「キャラの自律化」という表現で固有テクストからの遊離を語っている。具体的にいうと、〈委員長〉〈眼鏡っ娘〉〈ツンデレ〉などの属性の組み合わせで、キャラ萌えできる。

 しかし、キャラクターを排除したところでもマンガは成立しうるのではないだろうか? それがストーリーマンガになるかどうかは不明だが。「キャラ」に焦点を絞ってしまうと、漫画史から「絵」によって語るという視点が抜け落ちてしまうような気がする*3

 ともかく、単行本『マンガ史の切断面?』が出るのを楽しみにしています。


▼ 追記(3月30日)

 その後も、この件について考えていたのだが、伊藤の場合には「コマ構造」の中に「絵」を含めて解釈するということなのだろう。この論考では個々の要素の概念定義がなされていないので、踏み込んだ検討をするには手がかりを欠く。

*1http://pay.nifty.com/pay/servlet/pr?i=BGCO000606

*2:私は、「キャラクター」が動物化した場合には「キャラ」として区別した方が良いかと考えている。伊藤の用法は読み取れなかったので、ここでは私の用法で書いている。

*3:例えば、夕暮れとか雪景色といった背景のみで構築された頁とか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050324

Wednesday, 2005/03/23

感じない男

[] 感じない男  感じない男を含むブックマーク

 最近、サブカルチャー方面ばかり話題にしていたので、たまには趣向を変えようと新書を読み始めたのですが……

 森岡正博『感じない男』(ISBN:4480062211)読了。著者自身が内容についてのあらましを公開し、自身で書評を収集しているので、興味を持たれたらそちらを参照していただければ良いだろう。自分をさらけ出したところを周囲はどのように見るのか――を気にかけるような著者の性向が、本書にもあらわれている。

http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/

 本書の趣旨はというと、制服に惹かれるわけや、ロリコンがはびこる現象を《感じない男》という概念で説明してみせようとしている。読者としては、女性を対象にしているようである。というのも、女性性に生まれた者には決して気づきえない「射精」を仮説の中心に据えているからである。これにより、フェミニズム論者に抜け落ちていた視座を提供しようとする。女性は知らなかった、そして男性が語ってこなかったことを「私語り」という方法で述べることにより、両者のボタンの掛け違えを解消しようとする試み。

 論旨はかなり大胆。曰く、「制服に萌える」とは学校に萌えるということであり、学校の代理物たる制服少女に向かって射精している〔第3章〕。曰く、ロリコンの男が初潮を迎える12歳の少女に欲情するのは、汚い男の身体を捨て去って少女に乗り移りたい(精液を浴びせかけたい)という心理によるものであるからである〔第4章〕。

 本書の肝は、「不感症で汚い自分の身体からの脱出願望」によってセクシュアリティを解明しようとするところである。ちなみに私は制服フェチで美少女好きであることを公言してきているので、自分自身を被験者として語ることが出来る。各論部を読むとなるほどと思うところも多い。スカートの奥にあるパンツは白でありコットンでなければならないとされる理由〔70頁〕などは、私も自覚していない視座からの分析で興味深かった。

 だが、それだけに疑問もある。つまるところ、総論部〔第2章〕で打ち立てられた《感じない男》仮説の強度が問題。「感じる女性に対する憎悪」からレイプを説明するのは可能だとしても、そこからロリコン心理を導くのは難しいように思う。森岡に対抗して自分語りで述べるなら、私の場合には「少女への羨望」が奥底にあることは否定しがたいのだけれど、それを思春期の分岐点で「間違って男の体になった」のだという意識〔130頁〕で読み解かれると同意できない。

 マルクスは、唯物史観を打ち立てることによって新たな経済学を創始した。フロイトは、イドやリビドーという概念を提唱することで精神分析を開いた。しかし、経済学にはケインズ主義もある。ユングフロイトと訣別して分析心理学を創始した。これらと似ている。正岡の立論は、ある足場が正しいと仮定した場合に、どのようにセクシュアリティを説明することが可能かを示した思考実験である。これは著者も自覚しているようで、まとめに当たる第5章で弁解が為されている。今後の発展を期待したい。

 「この本もサブカルだったのか」と天を仰いでしまったのは132頁でのこと。森岡は

ロリコンの原因は、ロリコンの男が自分の身体を自己肯定できていないところにある

とする。そして

いわゆる「おたく」の男たちの多くはロリコンであると言われているが、彼らが自分の身体の外見に対して きわめて無頓着であるらしいということ、そして彼らがネット上で少女キャラに自分を同一化する傾向があるらしいということも、この仮説で説明できるように思われる

と述べる。

 この箇所では、参照文献として『網状言論F改』(ISBN:4791760093)が挙げられている。具体的には指示されていないが、おそらく小谷真理「おたクィーンはおたクィアの夢を見たワ。」において提示された、性差混乱(ジェンダー・パニック)を受けているものと思われる。次に読もうと思って順序を後回しにした本が登場してくるとは(^^;) ここで小谷は、

おたくのジェンダーは、「男」なのでしょうか。それとも「女」として語られるものなのでしょうか。

と問題提起している。そして、「正常であるべき成人男性」から逸脱する恥ずかしい行為*1 をすることは「女性嫌悪的な感覚」と結びついているように思われるとの見解を示している。援用できなくはないが、小谷の分析と森岡の用法にはズレがあるので、ちょっと引きつけすぎだろう。

 それに、外見への無頓着って男性おたく固有の現象でしたっけ? 腐女子の皆さんについても同様の指摘が出来るような――

 このように、著者は「論理の穴」になる部分を多数残してくれている。これは、好意的にみれば、議論の盛り上がりを期待してのことだろう。本書には、話題のタネ(breed)がタップリ 詰まっている。


▼ 書評

*1:いい年をしてアニメやマンガを忘れられず、集団でアニソンを歌って社会秩序を乱し、二次元世界の少女にうつつを抜かす、等。

hissahissa 2005/03/23 08:00 萌えとジェンダーと射精について、ちょうど書き進めていたところでした(自分用に)。この本は読まなければ。

Monday, 2005/03/21

あいこでしょ!〔7〕

[] あいこでしょ あいこでしょ!を含むブックマーク

 大井昌和ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!』全7巻。

  1. ISBN:4840218552
  2. ISBN:4840220530
  3. ISBN:4840222053
  4. ISBN:4840223661
  5. ISBN:4840225664
  6. ISBN:4840227691
  7. ISBN:4840229821

 ラブコメなのですが、三角関係の取り方が新機軸。浪人生・水明(18歳)を狙う になつく幼稚園児あいこ(4歳)に、保母見習いのハルちゃん(20歳)を当て馬としてあてがうという構成。ただ、ハルちゃんの存在感は第5巻あたりで徐々に薄れていきます。

年齢差14歳のピュア・ラブ ストーリー コメディ

と謳われているように、結末では真っ向からテーマをぶつけてきます。描き出されたあいこちゃんの姿もさることながら、物語づくりに真摯に取り組む作家・大井昌和の姿勢を高く評価したい。特に、家族について触れるところでは綿密に構成が練られている。キャラクター設定に対して距離を置いているところも好感度が高い。登場頻度の高い脇役ですら名前を出さずに幕切れを迎えるというのは、近年のデータベース消費型(いわゆる萌え系)作品とは一線を画している態度の現れでしょう。ただ、画力については今後の向上が期待されます。人物を髪型で描き分けているところがあって、区別のつかないことがあるん。

 もはや、純愛を語るには小学生でも難しいのでしょう。作者も第4巻の見返しで、「中高生や大人じゃ、もう純粋さを表現することが無理だからなのかしら?」と同旨を述べています。10歳前後の女の子を恋愛物語の主人公に据えた話ならば、結構あるし*1。でも、だからこそ、いつか大井昌和には子供に頼らずに恋愛を描いてみてもらいたいと願う。

 男女の仲を隔てる障害が年の差である場合、時間の経過が問題を解決するわけですが、岡野史佳君の海へ行こう』のように年齢差4歳*2 だと、現実味がありすぎます。私、学習塾で12年間勤務していたのですが、最初に受け持った生徒は現在28歳なんですよ。年齢差というものが消失していくのを実感で語れてしまう。さらに考察を進められなくもないのですが、『あいこでしょ』の実現可能性を考えるのは不毛なのでやめておきます(笑)

▼ 参照

http://www.toranoana.jp/torabook/toradayo/ncomic29.html (とらのあな :: No Comic No Life 29)

http://www.toranoana.jp/torabook/toradayo/pdf/ncomic29.pdf (同 pdf版)

*1:例えば、木之本桜は小学4年生

*2:(青年:大学1年生)−(少女:中学3年生)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050321

Saturday, 2005/03/19

BITTERSWEET FOOLS

[] BITTERSWEET FOOLS  BITTERSWEET FOOLSを含むブックマーク

 minoriのデビュー作である恋愛ゲーム『BITTERSWEET FOOLS』。2001年8月発表と多少古く、PC版は既に生産終了。これを健全化させたPS2版(ASIN:B00006AO0L)に、さらにシナリオ2本を追加したDC版(ASIN:B0000694RA)を買い求めました。

http://www.minori.ph/lineup/bsf.html

SIMPLE2000シリーズ Vol.9 THE 恋愛アドベンチャー ~BITTERSWEET FOOLS~ SIMPLE2000シリーズ DC Vol.01 BITTERSWEET FOOLS THE 恋愛アドベンチャー

 全22話で構成されている。大きく2つの流れがあり、時に交錯はするものの重なりはせず、群像劇として物語は綴られていく。

 奇数話に登場するのは、アランとティ(Tea)。「社会の掃除屋さん」を営む青年のもとに、マフィアの抗争で両親を失った少女が預けられる。偶数話は、世間の目を忍んで生きるパレルモが、道端に倒れていたレーニエ(Lenie)を匿(かくま)うところから幕が上がる。そして同居人エリチェも、ある事故から怪我を負ったところを少女ユーン(Yurn)に助けられる。

 人間関係の主軸はこの3組にあるが、物語全体をまたがる人物達が、流れを1つのうねりへとまとめる役割を果たしている。気品のある画像と心地よい音楽に彩られ、情緒ある雰囲気を作り出すことに成功している。古我望*1 による文章には気品があり、シナリオの出来も良い。裏社会に焦点を当てた物語づくりには、相田裕(本作での原画担当)の『GUNSLINGER GIRL』とに共通点を容易に見いだすことができ、読み手の想像は膨らんでいく。

 声による演技は、手放しに褒めたい。特にメイン・ヒロインのレーニエ(声:長谷川智子)とティ(声:倖月美和)は、この人を置いて他には考えられないという人選でした。

――と、ほぼ絶賛に近いです。ある1点を除けば(とはいえ、これが致命的)。

 この物語を《愛情を捧げられる男性》の視点、すなわちギャルゲー文法で捉えると、何も文句の付けようはありません。だからこそ、物語を《少女》の側から眺めようとすると、不安にさいなまれてしまうのです。世間知らずとはいえ、そこそこに社会経験を持っているティがアランを好きになるというのは分かります。彼は、好かれるに足るだけのことをしているし。でも、レーニエの《好き》は愛玩動物(ペット)が飼い主を慕う《好き》であり、ユーンのそれは籠(かご)の中に閉じこめられた「つがい」が相手に心を寄せる感情なのではないのか、と。

 PC版だと性交渉を持たせる必要があったので、このような描写になったのだということは分かります。ただ、それがコンシューマー版によって濾過(ろか)され純化されると、物語における不自然さが際だってしまうのです。不自然というより、不道徳と呼んだ方がよいかもしれません。少女達が、並々ならぬ《感情》を抱くことを非難しているわけではないです。それを受け止める「大人の男性達」の側を甘やかしたシナリオになってしまっているのではないでしょうか、ということ。少女(あるいは少年)が《感情》に恋愛という名称を与えたとしても、それを投げかけられた相手が大人の世界に身を置いている者なら、無邪気に受け止めてはいけないと思うのです。

 具体的に言うと、中学生の女の子から「先生のこと、好きです」とか言われても、受け入れちゃダメなんだよ!*2 どんなに本気で好きになっても、行動に移してしまったら社会から放逐されるんだから(←ルサンチマン

 たかがゲームに、どうしてそんなこと言うかな〜 といぶかしまれることでしょうが、本作に少しばかり抑制の感情を組み入れることで、より広い層に受け入れられる物語に発展するのではないかと思える。そこが惜しまれるのです。なんか、成長した女性であるシエナ(声:浅野るり)やレプレ(声:幸田夏穂)の扱いが、ぞんざいな気がするん。ほら、この表紙。レプレ(中央左)は後ろ向きだし、シエナに至っては描かれてません……

BITTERSWEET FOOLS ビジュアルファンブック (RASPBERRY BOOKS)

 ともかく、私(の主観)は“BITTERSWEET FOOLS”を気に入っています。ロリータ・コンプレックスと言われようとも、ペドフィリアと蔑まれようとも。サウンドトラック『Dolce』(ASIN:B00007M8XE)も買ったし、探し求めていた『ビジュアルファンブック』(ISBN:4797321911)がとらのあな札幌店の店頭に残っていて驚喜したし。フィレンツェへ再び取材旅行に行く予定も立てているし*3。彼女たちの衣装は制服ではありませんけれど、第1ボタンまでしっかり留めている着こなし方には、制服愛好という視線に訴えかける《記号》が込められているようで興味深い。

 文章を取り出して小説に仕立てても、十分読むに足るだけの質を備えている。ただ、シナリオの分岐は少ないので、これがゲームという形態である必要はないように感じる。むしろシーケンシャルに並べて、アニメとして楽しむ方が相応しい作品かな。

*1http://www.lampbox.com/

*2クラリスに手を出さなかったルパンは、その意味で尊敬に値する。他にも『カードキャプターさくら』第10巻では雪兎が自覚的に振る舞っていて、従前のCLAMPとは物語構造が違うなと思いました。

*3:冗談ではないですよ。私には『マリみて』の舞台探訪でイタリアまで出かけた実績があるんだから!

Wednesday, 2005/03/16

[] Candy Candy  Candy Candyを含むブックマーク

 id:nagatani:20050315#p3長谷邦夫氏)に寄せて。

 水木杏子(原告X:物語作者)×いがらしゆみこ(被告Y:絵画作者)『キャンディ・キャンディ』事件に関する判例研究動向を調べたのですが、資料価値があるかと思いまして、所在情報を載せておきます。なお、『キャンディ・キャンディ』裁判には別な被告を相手取ったものもあるため、これは「第一事件」と称されることがあります。

▼ 第一審 東京地裁判決 平成11年2月25日 *1→判決原文

 出版差止請求事件 請求認容

 この段階は、X‐Yの関係をどうみるかという事実認定が争われている。裁判所は、本件漫画を「二次的著作物」(著作権法2条1項11号)であると認定。

  • 中島徹 《判例評論》「連載漫画の原作者と作画者の権利関係」『判例時報』1706号201頁
  • 日向央 「漫画の作画部分のみの利用にストーリー原作者の権利が及ぶか」『著作権研究』26巻335号
  • 長塚真琴 《判例研究》『北大法学論集』50巻5号133頁
  • 和田光史 「キャンディ・キャンディ事件」『CIPICジャーナル』88巻54号

▼ 控訴審 東京高裁判決 平成12年3月30日 *2→判決原文

 この段階における法律的な争点は、著作権法28条の解釈。二次的著作物の原著作物を創作することが出来るのは原著作者に限られる(法27条)が、出来上がった二次的著作物に対しては権利が併存する(法28条)との立場をとっている。そこでYは、「ストーリーを表したコマ絵」と「ストーリーを表していないコマ絵」に分け、後者は二次的著作物ではないとの主張を展開した。

 控訴棄却 (Y敗訴)

  • 堀江亜以子 「漫画と原作」別冊ジュリスト157『著作権判例百選』〔第3版〕ISBN:4641114579
  • 長塚真琴 「キャンディ・キャンディ第一事件高裁判決およびフジサンケイアドワーク事件地裁判決」『特許研究』31号43頁
  • 和田光史 「キャンディ・キャンディ事件控訴審判決」『CIPICジャーナル』108号27頁
  • 『Design Protect』48巻40号
  • 『コピライト』470号38頁

▼ 上告審 最高裁第一小法廷判決 平成13年10月25日 *3

 上告棄却 (X勝訴)

 学説は、賛否両論。原作(ストーリー)が翻案物(イラスト)に影響を及ぼす範囲の広さについて、解釈が分かれている。

  • 青柳沙辧 堡塾禀章澄奸崗説形式の原稿に基づいて制作された連載漫画が同物語原稿を原著作物とする二次的著作物であるとされ、原著作物である物語原稿の著作者からの同連載漫画の著作者に対する同連載漫画の主人公を描いた絵の作成、複製又は配布の差止請求等が認められた事例」『判例時報』1800号195頁
  • 中平健 《平成14年度 主要民事判例解説》『判例タイムズ』1125号164頁
  • 金子敏哉 《商事判例研究》「長編連載漫画における原作者の権利範囲と著作権法28条」『ジュリスト』1243号144頁
  • 辻田芳幸  『平成4年度 重要判例解説』(ジュリスト1224号)
  • 辰巳直彦 「連載漫画は原作原稿の二次的著作物であるとした事例」『民商法雑誌』127巻1号114頁
  • 松村信夫 「二次的著作物の利用と原著作物の著作者の権利」『知財管理』52巻8号1185頁
  • 作花文雄 「原著作物と二次的著作物の創作性の区分と融合」*4 『コピライト』2002年1月号
  • 小泉直樹 「講演録:二次的著作物について」『コピライト』2002年6月号
  • 和田光史 「判例評釈 漫画をめぐる2つの最高裁判例 (1)キャンディ・キャンディ事件」『CIPICジャーナル』142号18頁
  • 水谷直樹 《知的所有権判例ニュース》『発明』99巻5号101頁
  • 『時の法律』1656号68頁
  • 『月刊民事法情報』184号45頁

 以上の資料は、北海道大学大学院法学研究科にて作成された判例データベースをもとに、筆者がNII国立情報学研究所の「論文情報ナビゲータ」で出典を確認してまとめたものです。


 議論にあたっては、2つのことを考えなければならない。

 まず、「物語を考えた者」と「絵を描いた者」の関係。

共同著作物
2人以上の者が共同して創作した著作物であって、その各人の寄与を分離して個別的に利用することができないもの(法2条1項12号)
二次著作物
既存の原著作物を使用して創作したもの(法2条1項11号)

このどちらであるかによって行使できる権利が変わってしまう。長谷氏は、ここに編集者が加わる余地があるのではないかと指摘される。裁判所は、その可能性を否定したわけではない。そのような主張が提出されなかっただけのことである。事実認定の問題なので、当事者の主張立証によって判断される。契約書の雛形を検討することで、この部分は問題になるのを防ぐことが出来るかもしれない。

 その先に待っている法律論が面倒。二次著作物であるとした場合には、原作者は創作の権利を専有するので、翻案者(マンガ家)を支配することが出来る。著作権法がそう決めているのだから、どうしようもない(裁判所や青柳論文は、この論理で結論を導いている)。しかし、漫画家をそこまで従属的な地位に置いてもいいのだろうかという意識から、判旨反対を唱える学説も有力である(その例として、堀江論文、日向論文、中島論文、松村論文など。)。


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html (著作権法:法令データ提供システム)

http://read.jst.go.jp/ (研究者ディレクトリ)

http://www.k-nagi.com/水木杏子

http://www.candycandy.net/いがらしゆみこ

*1:掲載誌は、判例時報1001号229頁/判例タイムズ1673号

*2:掲載誌は、判例時報1726号162頁

*3:掲載誌は、判例時報1767号115頁/判例タイムズ1077号174頁

*4:直接には、キューピー人形事件(東京高裁・平成13年5月30日判決)について論じたもの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050316

Monday, 2005/03/14

iPod mini  iPod miniを含むブックマーク

ASIN:B0007W5FZ6(¥21,800)

 Amazon.co.jp に発注して、今日の夕方に届きました。専門学校で授業をする日は、運転中に歌を歌って声の調子を整えているので、仕事道具なのです(ということにしておく)。iTunes の使い方を会得するのに数時間を要した。クセがあるけれど、コツがわかれば問題ない。ただ、古いコンピューター(VAIO SR1M)なもので USB 1.1 しかない。保証外の環境でも動作しているけれど、転送に時間がかかる。それでもMDに録音していたのに比べれば、はるかに便利。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050314

Saturday, 2005/03/12

[] 大学院はてな :: 出向拒否か,それとも退職か  大学院はてな :: 出向拒否か,それとも退職かを含むブックマーク

 研究会にて昭和電線電纜事件(横浜地裁川崎支部・平成16年5月28日判決、労働判例878号40頁)の討議。出向先への受け入れが拒否されたことを契機として、使用者が「退職してもらうという選択肢しかない」「自ら退職しなければ解雇手続きをとる」と労働者に迫ったうえで表示させた退職の意思が、動機の錯誤(民法95条)により無効とされた例。

 原告(労働者)が出向予定先での面接日を間違えたり、不適切な言動があったり、工事記録を捨ててしまったことがあったり――と、問題のある労働者かのように見えたので、最初は普通解雇もやむを得ないかとの心証を持った。しかし、よくよく検討してみると、たしかに些細なトラブルは起こしてはいるけれども、普通解雇を有効にするほどの能力欠如が認められない。裁判になると「ふつうの人」が悪者に仕立てられていくのだけれど、その便法に乗せられてしまったらしい。そうなると、解雇が認められない状況下でなされた法律行為は無効と解するのが相当だろう。

 それにしても、釈然としない判決。使用者が為した退職勧奨を、(1)雇用解約の申し入れの意思表示であるとともに、(2)前記申し入れに応じない場合には解雇する旨の条件付き解雇の意思表示であると、かなりアクロバティックな構成をしている。本件で労働者を保護しようとすると動機の錯誤を使うしかなかったということなのだが……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050312

Friday, 2005/03/11

[] ARAI, Rie  ARAI, Rieを含むブックマーク

 結末を用意してくれて、ありがとう。本当に嬉しい。

 新井理恵子供達をせめないで』をようやく読了。1996年に第1巻が刊行されたものの*1、長らく途絶えていた作品。第2巻が出るのを心待ちにしていただけに、喜びもひとしお*2

 兄や母に疎まれ、ヘラヘラとしたお調子者を装う高校生睦月。思うところあって自殺しようとしたところを通りがかった小学4年生の女の子菜摘(なつみ)に引き留められる。その菜摘も母に先立たれてからというもの、父は家に寄りつかなくなってしまっていた。ところがところが、菜摘の父とは睦月の担任で、彼が高校生の時に出来た子供で――

 100人の女性が居ても、甘やかしてくれて、好きになってくれる人なんて1人いるかどうかもわからない。でも、そんな1人が、10歳の少女であったとしたら?

叱るくらいのこと 小学生にだって できるんだぞ……?

 心に欠けた部分を持つ《子供達》が織りなす物語。人と人が触れあい、欲しい言葉を与えあうことの喜びを正面から描こうと取り組んだ秀作。

子供達をせめないで(1) (バーズコミックス・スペシャル) 子供達をせめないで(2) (バーズコミックス・スペシャル)

 ただ、この表紙が難点かなぁ。ボーイズ・ラブ風の絵柄であるため、これを見て本作がシリアスなドラマを含んだ内容であるなんて分からないと思う。そんなわけで、ここで褒めちぎっておくのです。

 ぷに萌えな人は、菜摘ちゃんを眺めているだけでも幸せになれる。

*1ISBN:4789780414。ソニー・マガジンズ『きみとぼく』掲載。

*2:刊行されたのはちょうど1年前だけれど、その頃は日本にいなかったん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050311

Wednesday, 2005/03/09

オペラ座の怪人

[] The Phantom of the Opera  The Phantom of the Operaを含むブックマーク

 大学に行く用事があったので外出。帰りがけに映画『オペラ座の怪人』を観てきました。さすがミュージカルで成功を収めた作品だけあって、音楽が良かったの♪(うっとり)

 しかし、どうしてファントムまで美形にするかなぁ。あんな凛々しい顔だと、マスクを付ける理由が無いように思うんだけれど。

 あと、戸田奈津子さん。翻訳が不得手な私でも「?」と思うような字幕はやめてください。

http://uk.geocities.com/jonetsuplay/ (珍訳集)

http://enbi.moo.jp/phantom/phantom-movie.html (字幕改善委員会)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050309

Monday, 2005/03/07

[] イリヤの空  イリヤの空を含むブックマーク

 ただいま、22時20分03秒。

 秋山瑞人イリヤの空、UFOの夏』を第3巻の途中まで読んだところ。いつもならば終わりまで読み終えてから講評を書き始めるところなのだけれど、思うところあって…… この先、嫌なことが起こりそうな予感がするから。自分を納得させるために、あらかじめ防護壁を張っておこうと思う。

イリヤの空、UFOの夏 その1 (電撃文庫) イリヤの空、UFOの夏〈その2〉 (電撃文庫) イリヤの空、UFOの夏〈その3〉 (電撃文庫)

 ライトノベルの代表作だということで、情報消費してみようと思い立った。私がこの作品を認知して読もうという気に至ったのは、昨年の6月16日のことらしい*1。たぶんこの時期に「ラノベ」という用語を見かけた頻度が閾値を超えたのだと思う。で、ずっと違和感を持っていたのです。わざわざ少年少女向け小説を特定区分にカテゴライズする必要は無いだろうに、と。しかし本作は、今まで読んできたものとは異質。別なものという印象を強く受ける。

 ちなみに私は、高校生の時に角川スニーカー文庫を読みあさり、神坂一スレイヤーズ!』(ISBN:4829123451)は初版を発売月に入手している(自慢)。不慣れなはずはないのに、『イリヤの空』では第1巻の半ばにも達しないところで、拒絶しそうになった。

 帯のアオリによれば「ボーイ・ミーツ・ガール」もの。中学2年生の少年=浅羽直之は、夏休み最後の日、誰も居ないはずの夜のプールで、少女=伊里野加奈と遭遇する。

 私が途中で投げ出しそうになったのは、意識と空間が内向きに閉じているから。「読者たる私」の居場所に苦慮する。この空間は「読者=主人公」という感情移入をしていないと、居心地の悪い世界になっている。

 この世界には、少年と少女しか居ない。しかも、その世界は、ヒロイン(イリヤ)の一言によって築かれる。

「うるさい。あっちいけ。」

彼女は、こうして周囲の人々を拒絶する。そして、その言葉を浴びせられていない唯一の存在として主人公がある。把握すべき対象は互いに1つに限られ、結ぶ線は1本しかなくなるのであるから、感情の向かう先はその1点に向かう。でも、それは恋愛どころか友情でもない。たまたま感情を射出した先が、柔らかい胸の所有者だったというだけ(それが重要な考慮要素であることは否定しない)。少年の行為は、認識を通じた「存在の証明」。小説ではないものに同種のものを求めると、新海誠の『ほしのこえ』がすごく近い(こちらは短い作品だったし、映像に気を取られていて、見ている最中には物語構造に気がつかなかったけれど)。

 そうすると、この物語の結末は大きくいって2つの可能性しか考えられない。つまり、恒常性(ホメオスタシス)が働き続けて2人だけの世界が維持されるか、さもなくば―― 嫌な予感というのは、これなん。べつに、結末がどうなろうとも構わない。そもそも論で、このような関係を物語に投影するということ自体に懐疑的になってしまって。

 悪い作品じゃないのです。駒都えーじの描くイリヤは可愛いし、ぱんつはいてないし。ほとんど会話が成立しないけれど、アニメにすればイリヤの乏しい表情の変化が逆に劇的な効果を生むだろうし。文章にしても、整っているとは思えないけれど悪いわけではない。小題でいうと、「正しい原チャリの盗み方」「無銭飲食列伝」は生き生きとしたストーリー展開が楽しめた。でも、どちらも本来の主人公が出てこない挿話なんですよね。前者は妹(浅羽夕子)が、後者はサブヒロイン(須藤晶穂)が中心。そんなわけで本作の本質を掴みかねており、どう位置づけるかに戸惑っているところ。

OTAKU : persona=space=city P.D.  OTAKU : persona=space=city P.D.を含むブックマーク

 2月27日付けの文章に追記しておいたのですが、こちらにも書き添えておきます。これで番組に対する疑問点は解消したのですが、そのぶんラカン(斎藤)は羅漢(森川)を如何に迎え撃ったのかが気に掛かります。

http://d.hatena.ne.jp/./goito-mineral/20050307#p2

*1:キーワードの編集履歴を見ると、いつ頃、何に関心を持っていたのかがわかる

hissahissa 2005/03/11 08:11 『イリヤ』はギャルゲーだと思えばすんなり読めるかと思います。genesisさんのおっしゃるとおり「主人公=読者=プレイヤー」として。

genesisgenesis 2005/03/11 21:51 まさしく問題はそれ、なのです。登場するヒロインが、主人公=読者=プレイヤーに対して当然のように好意を抱いているという、「動物化」した構造そのものに嫌悪感があって……。▼ 付言しておくと、最近、ギャルゲーも体質に合わなくなってきていまして。たぶん来週に書くことになる“BITTERSWEET FOOLS”のレビューでは、このことを論題にする予定です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050307

Friday, 2005/03/04

日本語なるほど塾

[] 大学院はてな :: 基礎関西語  大学院はてな :: 基礎関西語を含むブックマーク

私が師事している山下好孝助教授が、NHK教育『日本語なるほど塾』に出演します。テーマは「うちかて20分でマスターできるわぁ 基礎関西語」。

http://www.nhk.or.jp/naruhodo/

 関西弁ではなく、関西語であるのが注目点。北海道大学では「一般教育演習:外国語としての関西弁」として開講され、『関西弁講義』(ISBN:4062582929)という書籍にもまとめられました。今回は、更なる研究の成果を踏まえています。具体的にいうと、第4回放映分はまったくの書き下ろし。方言は、縄文人(大和言葉)と弥生人(外来語)の勢力争いを反映したものであるという部分。もともと音声学の研究者なので、文字化されていない言語=アクセントから方言を捉えているところに特徴があります。あと山下先生は留学生センター所属で、アジア地域から来た学生を相手にしておられます。一昨年には半年間、中華人民共和国に出張したこともあり、日本語を中国語や韓国語と相対的な位置づけに置こうと試みています。

 国語学会(現在の日本語学会)の主流とは異なる仮説を唱えます。どうぞお楽しみに。司会は山根基世、特別ゲストには嘉門達夫。放送は、毎週金曜日23時10分から*1

*1:再放送は、木曜日の05時05分〜と、24時10分〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050304

Wednesday, 2005/03/02

教養としての〈まんが・アニメ〉

[] 教養としての〈まんが・アニメ〉   教養としての〈まんが・アニメ〉を含むブックマーク

 大塚英志ササキバラ・ゴウ教養としての〈まんが・アニメ〉』(ISBN:4061495534)読了。

 まるで桜ルートの16日目で、黒■に食べられた凛@fateの気分。なんか、今まであれこれ評論めいたことを書き散らしていたのが恥ずかしくなる。

 ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ――

 私には、基礎知識として身につけておくべきものが備わっていませんでした。今まで書きなぐってきたものは、上辺を取り繕った「感想」に過ぎなかったと猛省。「批評」の地平は遙か遠い。

 本書は、大塚がマンガについて、ササキバラがアニメについて、各々5つの作者・作家陣を取り上げて論ずる。執筆の経緯は冒頭に述べられている。それによると、彼らが専門学校で〈まんが・アニメ〉を講義しようとしたところ、「おたくの基礎知識」が共有されていないことに気がついたのだという。そこで本書では、大塚やササキバラの世代が同時代的にどのように受け止められていたのかを言語化し、語り継がれるべき作品が持つ主題を追いかけていく。〈まんが・アニメ〉の戦後史総論とでもいうべき著作である。

 私が打ちのめされたのは、大塚が執筆した部分の構造。まったく系統の異なる作家5人を、ある命題によって結びつけている。

 本文は、手塚治虫の「まんが記号説」から始まる。大塚が着目するのは、敗戦直前の昭和20年6月に描かれた『勝利の日まで』。近代の写実主義とは異なる表現方法で描写された非現実的な存在であるはずのキャラクターに、死という現実を与えた瞬間に戦後の漫画表現が誕生したと大塚は捉える。そして、『鉄腕アトム』の書き換えられた第一話「アトム大使」を手がかりに、死にゆく記号を発見した手塚は同時に「成熟の困難さ」も問題として抱え込んだのだとする。これを大塚は《アトムの命題》と称する。

 《アトムの命題》は、主人公の成長物語として梶原一騎巨人の星』『タイガーマスク』『あしたのジョー』に受け継がれる。しかし、主人公が「成熟の困難さ」という葛藤を内包しているが故に、その結末は主人公の破滅によって幕を閉じている。

 他方、《アトムの命題》を主人公の内面に向けて深化させた潮流として「24年組」を置き、その代表例として萩尾望都『11人いる!』と石森章太郎『龍神沼』を取り上げる。

 続く80年代、少女漫画の変革が一区切りついた時点において、《アトムの命題》を受け継いだ正当な後継者として吾妻ひでおを置く。その意図するところは、手塚的な「記号」絵に「性」を付与し、意味や物語を解体させたということ。大塚は、吾妻によってロリコンまんがは到達点に達し、それ以後の20年間は縮小再生産を続けているに過ぎないと断じる。

 そして90年代、《アトムの命題》は、自分たちの身体(女性性)と自意識を前にして戸惑う女性作家に受け継がれたとして、岡崎京子を挙げる。

 戦後漫画史を「記号的身体」と「生身の身体」の狭間にある問題として位置づけ、すべてを《アトムの命題》に帰結させるのが大塚の史観。筋道をつけるために無理をしていることはわかるけれども、そのダイナミズムに魅せられた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20050302
 | 
RSSフィード
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 04 |
2015 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 10 |
2017 | 12 |
2018 | 01 | 04 | 07 | 12 |
(C) 2003- GenOishi
access: 2072075

HonyaClub.com