Hatena::ブログ(Diary)

博物士

 | 

Thursday, 2009/04/30

斎藤環 『文学の断層』

[] 斎藤環 『文学の断層』  斎藤環 『文学の断層』を含むブックマーク

 気がついたら,4月に入ってからまったくといってよいほど本を読んでいない。融通の利く時間の殆どを,新しく受け持ったスペイン語の講義の準備に費やしているもので(90分の授業のために丸々2日は文法書を読んだり教材作りをしたりに宛てている今日この頃)。晩酌をして微酔い気分のときにはアニメ『咲-saki-』を繰り返し観ているしなぁ……。

 読書会があるので斎藤環(さいとう・たまき)『文学の断層 セカイ・深層・キャラクター』(ISBN:4022504080)を読んだのですが,《読み物》を手にしたのは本当に久しぶり。

 本書の刊行は昨夏ですが,もともとは『小説トリッパー』に2004年から2006年にかけて連載されたもの。

  • 第1章 キャラクター
  • 第2章 棲み分ける「小説」
  • 第3章 家族
  • 第4章 戦争とニート
  • 第5章 震災と文学

参加者の大部分は文学研究科の大学院関係者でしたので,それぞれの興味関心に引きつけて議論が提起されたのですが,だんだんと霧消していってしまう。例えば《ゲーム的リアリズム》では東浩紀を援用し,セカイ系でぷるにえ発言を引用し,成長と変化について伊藤剛の「キャラ/キャラクター」論を引き合いに出し,震災文学に関して大塚英志を参照するのですが,読み込んでみると元となった論者のキーワードの用い方と斎藤の適用とにズレがあることに気づく。あまり厳密に定義しないで用語が使われているため,自分で論考を書くとなるときには迂闊に参照できません。斎藤環のセンスは素晴らしいけれど……という感じで。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090430

Wednesday, 2009/04/22

[] 定点観測:新千歳空港(新国際線ターミナル)  定点観測:新千歳空港(新国際線ターミナル)を含むブックマーク

 シンポジウム参加のため,日帰りで東京へ。

 カードラウンジに立ち寄り,工事の進捗状況を観察(前回は http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090213/p1 )。

f:id:genesis:20090422094956j:image

視界不良で建物は殆ど見えませんが,従前は駐車場へのアクセス通路であった部分が取り壊され,現在のターミナルと結ぶ連絡橋の工事が始まっています。

追記)http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090523/p1 へ続く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090422

Saturday, 2009/04/18

水町勇一郎 『労働法改革の基盤とグラ

[] 水町勇一郎 『労働法改革の基盤とグランドデザイン』  水町勇一郎 『労働法改革の基盤とグランドデザイン』を含むブックマーク

 グローバルCOEが水町勇一郎先生を呼んで研究会を開催するというので参加。直接に関わりを持たないグループの主宰でありましたことから事前に挨拶を送っておいたところ「懇親会にも参加しませんか」とお誘いをいただいたので,夕食の席までご一緒してまいりました。が,その懇親会が(主宰者の慰労会を兼ねていて)大先生ばかりの中に居合わせることになってしまいました。一応ですが「講師」なので先生扱いしていただいた,ということのようで。

 さて,その研究会ですが,連合総研「イニシアチヴ2009」の最終報告書をもとに発表いただきました。

  1. 労使関係法制
    • 多様な労働者の意見を反映できる分権的なコミュニケーションの基盤を構築する
    • 地域や産業の特性を反映できる労使交渉システムの基盤を整備する
  2. 労働契約法制
    • 労働契約法の内容の豊富化を図る
    • 労働契約法や労働審判制のなかに集団的コミュニケーションの視点を取り込んでいく
  3. 労働時間法制
    • 長時間労働問題への対応を図る
    • 労働者の多様化に対応するために法制度の整理・再編を図る
    • 健康問題への組織的対応を図る
  4. 雇用差別禁止法制
    • 現行法制を抜本的に見直し,包括的な雇用差別禁止法制を制定する
    • 雇用差別を実効的に解決していくための法的基盤を整備する
  5. 労働市場法制
    • 労働者派遣,業務処理請負等の定義・区分を明確化し,実態に応じて法を適用するという観点から法制度を整理・再編する
    • 雇用形態に対して中立的な法制度となるような制度設計をする

報告の骨子は,鶴光太郎編著『労働市場制度改革』(ISBN:4535555788)に収められております。また,来週水曜日にシンポジウムを開催することになっており,然る後に研究委員会としての報告書を刊行する予定です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090418

Monday, 2009/04/13

[] 中部縦断旅行(飛騨高山)  中部縦断旅行(飛騨高山)を含むブックマーク

 高岡(富山県)に連泊。もともとの予定では城端(じょうはな)へと旅するつもりだったのですが,昨日のうちに訪れる機会を得たので,まるまる1日が空いてしまいました。昨晩,ホテルでインターネットへ接続し,訪問先を思案。気分としてはもうちょっと合掌造りを文化的に味わいたいのだけれども,かといってバスを使って五箇山へ行くと離れた集落の間を移動できない。

 そこで,高山市(岐阜県)へ行ってみることにしました。いつもはヨーロッパ旅行でも綿密にルート探索してから出かけるのですが,今回は珍しく下調べを殆どせずに出発。そのために早速トラブルが。みどりの窓口で帰りの切符も含めて手配したのですが,単純往復にしなかったために希望と異なる発券がされており,高岡→富山の特急券を持たない状態で特急「はくたか」に乗車。車内で730円を請求されました。わずか4駅(乗車時間12分),運賃320円の区間なのに随分と高い! もともとJRが嫌いなのですが,発券ミスのためにますます印象が悪くなりました(←度量が小さい)。でも高山までは高速バスの便数が少ないのでJRを利用せざるを得ません。

 富山駅を08時00分に出た「ワイドビューひだ6号」は,09時32分に高山へと到着。まずは現金を入手しようと金融機関へと向かいましたが,いずれも自分の利用している金融機関と提携がなく,少し離れた郵便局まで往復。久しぶりに珈琲を飲もうと思ったのですが果たせず,駅まで戻ってきて即バスに乗り込み「飛騨の里」へ。

飛騨地方にあった民家などを移築した歴史施設です。この施設が造られた契機は,昨日訪れた御母衣(みぼろ)ダムの建設。水没することになった家屋が他の地域に運び出されることを憂いた人々が,できるだけ飛騨に残そうとしたのだとか。岐阜県北部の文化が凝縮されていて,大変参考になりました。囲炉裏に火がくべられており生活の“臭い”が残っているために移築建築物が無機的な標本に陥ることが防がれており,運営姿勢も好感が持てます。つまらないものだったらさっさと帰るつもりでいたのですが,2時間かけて約20軒をじっくりと見てきました。

 ちなみに欧米からの旅行者率が異様に高かったです(皆さん周遊パスを持っていたので,それが理由でしょうか)。聞いていると非英語圏の割合も相当でしたので,展示に添えられた解説も多言語化した方がいいでしょうね。

f:id:genesis:20090413102959j:image

 再びバスに乗って駅前に戻り,昼食に「ひだラーメン」をいただいてから風致地区へ。

 午後の始まりは高山陣屋から。江戸時代に幕府直轄領であった飛騨に置かれた役所。母屋は面白味がありませんでしたが,土蔵には史料が展示されており勉強になります。

川縁に出ると,見事な桜。

f:id:genesis:20090413140643j:image

f:id:genesis:20090413161524j:image

古い町並みをそぞろ歩きし,「日下部民芸館」「吉島家住宅」では内部も見学して桜山八幡宮へ。

 さて,ここで時刻は15時過ぎ。急いで駅へ向かえば15時22分の特急にも乗れるが,ちょっと名残惜しい。特急券を払い戻して15時55分発の普通列車に乗るというのも考えたが,それだと富山に戻る頃には日没を迎えているので急ぐ理由がない。そこで17時12分の特急で帰ることにし,古い町並みを逆方向に戻る。目指したのは三之町で見かけた杉玉。酒蔵で量り売りをしてもらい升酒を飲み,再び川縁に戻って花見酒気分と洒落込む。

f:id:genesis:20090413162006j:image

[] 中部縦断旅行(富山)  中部縦断旅行(富山)を含むブックマーク

 高山からの帰路,富山にて下車。もう15年前になりますが,勤めていた学習塾の繁忙期応援で夏冬に2週間ずつ富山に滞在したことがありました。道筋は記憶に残っているものの,町並みは見覚えがないほど変わっておりました。

 もしやと思い富山城址公園まで行ってみると,期待したとおり夜桜のライトアップが行われておりました。こんどは缶ビールで花見。

f:id:genesis:20090413195856j:image

trivialtrivial 2009/04/14 06:50 JRの特急券は駅で買っても車内で買っても同額だったと思いますが? 「希望の発券」だったなら、何らかの割引があったのかも、と思いましたが、どうも見当がつきませんる差し支えなければ教えて下さい。

genesisgenesis 2009/04/14 07:58 何が起こったのかというと,「高岡から高山まで特急自由席で,帰りは富山まで同じく特急自由席で」というように伝えたのですが,検札の時点になって特急券が富山‐高山往復のぶんしか発券されていなかったことに気がついた,ということなのです。いつもであれば先に料金計算をしてから購入するので意思伝達の齟齬であっても支払いの際に分かるのですが,確認の際にも「高岡」「高山」「富山」と少々似通った地名が並んで混乱していたようです。こちらの心づもりとしては請求のあった「5,810円」を支払ったところで旅程全体について精算が終わった気でいましたから「+730円」に恨みがつのった,というわけです。あと,この時点では未だ銀行へ行っておらず手持ちの現金が乏しかった,というのも心理的な窮乏状況をもたらしています。まぁ,どういう経緯であれ,人間としての器の小ささを表すエピソードですが……。

trivialtrivial 2009/04/15 23:39 なるほど、了解しました。
いずれにせよ高岡-富山の730円の料金は必要ですから、発券ミスのせいで損をしたわけではありませんが、一括払いではなくその分だけを払うと割高感がありますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090413

Sunday, 2009/04/12

[] 中部縦断旅行(雛見沢)  中部縦断旅行(雛見沢)を含むブックマーク

 合宿旅行2日目。午前中は雛見沢村(白川郷)に詳しい人の案内で村内めぐり。地図や写真を眺めていたところでは,もっと山あいなのかと思っていたのですが存外に平地があります(ここで耕作するとなると大変でしょうが)。聞き知っていたとはいえ,梨花ちゃんハウスとレナ家が向かい合っているのを目の当たりにすると困惑します。

f:id:genesis:20090412110956j:image

展望台(城址)からの眺め。絶景かな。季節を変えて,また訪ねてみたいものです。神社に詣でた後,「基太(きた)の庄」にて昼食をいただいて散会。

[] 中部縦断旅行(麦端)  中部縦断旅行(麦端)を含むブックマーク

 このあと大阪方面へ戻るという方の自動車に同乗させてもらい,東海北陸自動車道を北へ。

 城端(じょうはな)に立ち寄り,しばしの散策。

f:id:genesis:20090412154455j:image

アパートを見たり,オートバイ屋さんを見たり,銀行を見たり,本屋さんで買い物をして「じょうはなフラワーカード」を発行してもらったり,お寺の会館を見たり,通学路で桜を愛でたり,中学校の校舎を見たり,坂道を見たり,橋を見たり,スーパーマーケットを見たり。落ち着いた雰囲気を持った良い町でした。

f:id:genesis:20090412161339j:image

f:id:genesis:20090412161637j:image

 ふたたび高速道路を駆って,高岡へ。「HACHI-HACHI」でたこ焼きを購入し,城址公園の噴水前でいただきました。ここもまた桜が見頃。

 夕方,高岡駅前で大阪へ向かう一行を見送り,ホテルに投宿。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090412

Saturday, 2009/04/11

[] 中部縦断旅行(白川郷)  中部縦断旅行(白川郷)を含むブックマーク

 朝9時に名鉄バスセンターを出発する高速バスに乗り,白川郷を目指す。

 東海北陸自動車道を経由していくので,昨夏に開通したばかりの飛騨トンネルを通っていくのかと思いきや,バスは荘川ICで高速道を降りて国道156号線へ。このルートを通ると,御母衣(みぼろ)湖の西岸を通っていくことになります。


大きな地図で見る

御母衣湖は電源開発のために作られたダムによる人造の堰止め湖なので,付け替えられた道路は山腹を切り開いて作られています。昭和30年代の技術によるので幅が狭く大型車は対面通行できない。車窓から目をこらしてみると,最近まで使われていたのであろう放棄された橋やトンネルが多数あって,改良工事が進められていることが分かる。風光明媚ではあるが自分では決して運転したくないような道路を30分ほどかけて走行。

 11時48分,白川郷に到着。知人に迎えに来てもらい,今回の旅の同行者と合流。先ほど下ってきた道を戻り,平瀬温泉にある食堂「次平」で昼食会。参加者11名(翌日に1人加わって12名)。

 食後,さらに遡り,来る途中に眺めていた御母衣ダムの取水口へ。雪解けの時期なのに水位が随分と低いのでどうしたことかと尋ねてみると,暖冬のせいで雪がほとんど降らなかったのだとか。

f:id:genesis:20090411145942j:image

見慣れたコンクリートダムではなく,石と粘土を積み上げて造る「ロックフィル方式」ということで,傍目にはちょっとつつけば崩れてしまうのではないだろうかと感じさせる構造。そのすぐ下には電源開発の広報施設があり,御母衣ダムの建設により村が水没してしまうことに反発した住民によって「御母衣ダム絶対反対期成同盟死守会」が結成された歴史などが解説されておりました。

 それから先ほども昼食の際に立ち寄った道の駅併設の「大白川温泉しらみずの湯」にて入浴。

本日の宿は,白川村が所有する合掌造り民家「好々庵」。今回の旅を企画立案したスタッフが,ふつうの宿泊施設ではおもしろくないだろうということで探し出してきてくれたところ。囲炉裏こそないものの,近代的な調理設備も用意されており,温水暖房も備えています。2階に上がれば,屋根裏がどのように利用されていたかも分かるし,吹き抜けになっているので。メンバーにより自炊して夕食に。ところが,しばらくして問題に気づきました。屋根が自然素材(茅葺き)ということで,昆虫が大量発生します! 「かめむしのぶ頃に」という言葉が造語されたほどに多い。ムシが苦手な人にはつらいでしょうね……。宿泊施設には対策用品が備え付けられていたのですが,カメムシ専用の殺虫剤というのを始めて見ました。

 「好々庵」は合宿をするなら実に面白い施設です(利用料4,000円)。あまり広報もしておらず利用頻度も高くないようですが,ここは積極的に活かされてほしいところですね(利用については村役場に相談するのだそうです)。ちなみに場所ですが,いわゆる「圭一ハウス」の真上です(間に川を挟むので道は繋がっていません)。

f:id:genesis:20090412082204j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090411

Friday, 2009/04/10

[] 中部縦断旅行(名古屋)  中部縦断旅行(名古屋)を含むブックマーク

 新年度が本格的に始まる前に休みをとり,休暇旅行に出ました。午前中の便で新千歳→セントレアと移動し,14時過ぎに名古屋市内へ到着。

 名古屋を訪れた時には美術館訪問を常としていたのですが,たまたまどこも入れ替え期間でめぼしい展示がない。そこで,以前,友人のブログで紹介されていた「二葉館(旧川上貞奴邸)」へ行ってみました。

ホテルからだと面倒な位置関係だったので,タクシーにて移動。運転手さんに地図を見せてもすぐには伝わらなかったことからすると,あまり知られていない施設である様子。

 もともとは別な場所にあったものを移築復元したものだとかで,内部は妙に整っている。移動の際に人が暮らしていた“名残り”がこそぎ落とされてしまったかのよう。鮮やかなオレンジの屋根を持つ此の和洋折衷の建物は,外観を愛でる方が面白味があるように感じました。

f:id:genesis:20090410160807j:image

 続いては徳川美術館徳川園へ。一言で表現して「大味」でした。

f:id:genesis:20090410170243j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090410

Thursday, 2009/04/09

[] P.A.WORKStrue tears P.A.WORKS 『true tears』を含むブックマーク

 前々から観たいと思っていた『true tears』を視聴。昼過ぎに第1話の再生を始め,途中で大学まで出かけたあと,続きを観て…… 13時間で全13話を観ました。明日から旅に出るので…… 

true tears vol.1 [DVD] true tears vol.2 [DVD] true tears vol.3 [DVD] true tears vol.4 [DVD] true tears vol.5 [DVD] true tears vol.6 [DVD] true tears vol.7 [DVD]

でも,こういう視聴方法は良くないですね。3人のヒロインがストーリー上で縺れ合うのですが,時間的余裕がないとそれぞれの感情を受け止めきれません。第8話あたりで湯浅比呂美寄りの心情に傾いてしまったまま劇終を迎えると,安藤愛子は《当て馬》,石動乃絵が《痛い女の子》という印象に至ってしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090409

Monday, 2009/04/06

[] 労働組合の勉強会  労働組合の勉強会を含むブックマーク

 とある労働組合からの依頼で,勉強会の講師をしてきました。テーマは「雇止め」。法学部を離れたのに,新年度最初のお仕事は法律関係でした。

有期雇用契約の雇止め 

  • 1. 「雇止め」と「解雇」の違い
    • ※ 解雇に関する法理(解雇権濫用法理,労働契約法16条):「解雇は,客観的に合理的な理由を欠き,社会通念上相当であると認められない場合は,その権利を濫用したものとして,無効とする。」 
  • 2. 『約束は守られなければならない(pacta sunt servanda)』
  • 3. 東芝柳町工場事件(最高裁第一小法廷判決・昭和49年7月22日・民集25巻5号927頁)
    • 事案: 期間2か月の有期契約が,最高で23回更新されていた労働者の雇止め
    • 状況: 採用の際の期待を持たせる言動,契約更新手続の形骸化
    • 判決: 「本件各労働契約は,期間の満了毎に当然更新を重ねてあたかも期間の定めのない契約と実質的に異ならない状態で存在していた」ので,雇止めは「実質において解雇の意思表示にあた」り,「解雇に関する法理を類推」すべきである
  • 4. 日立メディコ事件(最高裁第一小法廷判決・昭和61年12月4日・労働判例486号6頁)
    • 事案: 期間2か月の労働契約が5回更新
    • 状況: 更新手続の際には労働者と契約書を締結
    • 判決: 雇用が臨時的なものではなく,期間満了後も「ある程度の継続が期待されていた」ものであるときには,有期契約の雇止めに解雇の法理が類推適用される
  • 5. 有期雇用の継続に対する《合理的な期待》
    • 考慮要素: 契約の更新状況,採用の際の使用者からの説明,契約書の記載内容,仕事の内容,他の労働者の更新状況など
    • 平成15年10月22日厚生労働省告示357号,平成20年1月23日厚生労働省告示12号
  • 更新回数の上限設定 
  • 6. 雇止めの《合意》
    • 「契約の更新は,今回で最後にしましょう」と切り出されたら?
    • いつの時点で争うべきか?
    • どのように対処すればよいのか?
      • 異議留保
      • 情報の入手: 同僚の扱い(職場慣行),新規採用の状況

このような内容で40分ほどお話しました。有期雇用の人が多い職場だということで非組合員の方も多数いらしていただきまして,用意したレジュメが足りなくなるという嬉しいことも起こりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090406

Sunday, 2009/04/05

小林立 『咲 -Saki-』〔5〕

[] 小林立咲 -Saki-』〔5〕 ¿¡Caliente!?  小林立 『咲 -Saki-』〔5〕 ¿¡Caliente!?を含むブックマーク

 アニメ放映もはじまる中,原作でも盛り上がりを見せている小林立(こばやし・りつ)の『咲-Saki-』第5巻(ISBN:4757525176)。

 この巻には番外編「昨夏のこと」が収められています。その冒頭,ゆーき(片岡優希)が「あっづー」と言っているコマには “ Caliente! ” と添えられています。確かにこれは,スペイン語で「熱い」を意味するのですが…… 

f:id:genesis:20090406125054p:image

 スペイン語には,温度が高い状態を表す形容詞として2つのものがあります。

  1. caliente (カリエンテ)
  2. calor (カロール)

文法的には「気温が高い」場合には calor を使うのが正しい。caliente は「熱いお湯」「熱いスープ」などの場合に用います。あと,スペイン語で感嘆文を作場合には語頭に!を逆さまにした記号を添えます(これがなくても通じはしますが見た目のスペイン語らしさが消えてしまう)。従って,真っ当に訳すなら 

¡ Qué calor ! (ケ・カロ〜ル)

となります。他方,「今日は暑い日だ」というつもりで caliente を用いてしまった場合,別な意味にとられてしまいます。

caliente : 火照ってきた(性的な意味で)

一般的には誤訳とされるのですが,タコス娘の場合,わざと言い間違えているのかもしれない。

Saturday, 2009/04/04

[] 支倉凍砂狼と香辛料 対立の町』  支倉凍砂 『狼と香辛料 対立の町』を含むブックマーク

 引き続き療養中。支倉凍砂(はせくら・いすな)『狼と香辛料』の第VIII巻と第IX巻「対立の町」上下巻を読む。

狼と香辛料〈8〉対立の町(上) (電撃文庫) 狼と香辛料〈9〉対立の町(下) (電撃文庫)

 第VI巻あたりの段階では目的地の変更に新キャラクター投入があって引き延ばしにかかるのか? という印象が否めませんでしたが,うまく物語と絡んできて良い具合です。

Friday, 2009/04/03

[] 杉井光神様のメモ帳 杉井光 『神様のメモ帳』を含むブックマーク

 胃腸炎にかかって起きあがれません。上半身を起こしていると目眩がしてくる……。掛け布団の上にノートパソコンを置いて原稿を書こうとしてみたものの,ちょっと無理。というわけで,症状が落ち着いた合間合間に読書。

 寝込んでいるときに読むならこれかな,と寝台に持ち込んだのは杉井光(すぎい・ひかる)の『神様のメモ帳』第1巻と第2巻。

神様のメモ帳 (電撃文庫) 神様のメモ帳〈2〉 (電撃文庫)

パジャマ姿のニート探偵がヒロインでした。NEETの多義性はつとに指摘されているところではありますが,本作におけるニートの概念はすさまじく広いな……。これだと《戯言シリーズ》の玖渚友も,《GOSICK》のヴィクトリカも同類だよ。

 ただ,あまり楽しめなかったのです。“良くできているのに好きになれない”という『ばけらの!』でもあった読後感。キャラの圧力が強すぎて,ストーリーを押し流してしまっているせい,かなぁ。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20090403
 | 
RSSフィード
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 04 |
2015 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 10 |
2017 | 12 |
2018 | 01 | 04 |
(C) 2003- GenOishi
access: 2018529

HonyaClub.com