Hatena::ブログ(Diary)

博物士

 | 

Saturday, 2011/09/17

[] 「アニメに写る富山」  「アニメに写る富山」を含むブックマーク

 日本近代文学会北海道支部例会におきまして,「アニメに写る富山――『true tears』を素材として」と題する研究発表を行ってきました。

 聞くところによると富山県で文学館を設立しようという話があるそうです。それで,サブカルチャーの領域で何か富山の地域表象を語れる作品はないだろうか? という問い合わせがやってまいりまして。こちらからは「『true tears』の話をすればいいですよ」と返したのですが,いろいろあって自分で紹介論考を書くことになりました。

 文学を専門にしている方々を相手にした発表ということで,手法としてはテクスト分析のスタイルでやってみました。どうして城端という内陸の町を基本的な舞台に置いておきながら海の場面が出てくるのか,という観点から出発し,主題である〈涙〉が〈海〉や〈雪〉の描写を通じて如何に組み込まれているのかを論じたものです。機会があれば,どこかで公開したいと考えております。

 ちなみに。題名を伝えたとき「アニメに映る」ではないの? と確認されたのですが,風景がアニメ作品の中に写り込んでいく過程の話をしたかったので,当事者の語感としては「写る」なのでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20110917

Wednesday, 2011/09/07

三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖』  三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖』を含むブックマーク

 4月に入ってからというもの,本を読む習慣が途絶えてしまい反省することしきり。仕事を終えて家に帰ってくると,本を読むよりも,録画してあった紀行番組とか美術番組を見てしまうのです。

 先日,所用で札幌まで往復してきたのですが,帰りの車内で三上延(みかみ・えん)『ビブリア古書堂の事件手帖――栞子さんと奇妙な客人たち』(ISBN:9784048704694)を8割ほど読み進めました。で,今日は学生寮にお泊まりなもので,宿直室に持ち込んで読了。

 いわゆる安楽椅子探偵を務めるのは,北鎌倉で古書店を営む栞子さん。本を読めない呪いの体質を持つ男がワトソン役です。古書をめぐる4つのエピソードによって構成された〈日常の謎〉型ミステリー,かと思いきや最後に明かされるのは栞子さんに関わる深刻な事件で…… 

 仮にも本好きであれば堪らない筋立て。面白く読み終えました。願わくば続編のあらんことを。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/genesis/20110907
 | 
RSSフィード
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 04 |
2015 | 01 | 03 |
2016 | 01 | 03 | 10 |
2017 | 12 |
2018 | 01 | 04 | 07 | 12 |
(C) 2003- GenOishi
access: 2085073

HonyaClub.com