Hatena::ブログ(Diary)

BLO-GENIUS(旧) RSSフィード Twitter

I Apple-ciate You to More Productive and Comfortable IT life!

BLO-GENIUS 〜Google先生が教えてくれなかったこと〜

2012年6月からのメインブログはこちららら!



BLO-GENIUS(避難所)

2012年2月〜 試用運転中。

ニッチなニーズに向き合い、自分だけの成功を Not a blog-Media, Just a blog-Pedia.

2012-04-03 Skyrimプレイ備忘録(鍛冶篇)

Skyrimプレイ備忘録(鍛冶篇)

Abstract

  • いまいちGoogle先生がストレートに教えてくれない、PCゲーム「Skyrim」の「鍛冶」について備忘録
  • 各種装備の種類と、その強化に対応する素材の表をメモ書き程度にまとめた(一部空欄あり)
  • 鍛冶スキルの強化には「鉄のダガー」の乱造がメシウマ



Skyrim関連エントリはこちら!



[SKYRIM]記事一覧 - BLO-GENIUS(旧)


1. ニッチなSkyrim攻略メモ


Windows7/BootcampのMacBook ProおよびMacBook Airで絶賛プレイ中のPCゲーム「Skyrim」。

その自由度の高さ、やれちゃうことの多さから、Google先生に攻略を聞いてもいまいち帯に短し襷に長しな記事が多い。

特に悩んだのが「鍛冶」について。
プレイ開始から今の今まで全く鍛冶をしないで、得られた武器だけでプレイしていたが、ようやくノウハウがわかってきたのでメモ。

2. 鍛冶のノウハウ


鍛冶に必要なのは以下のものである。

  • 強化したい武器・防具
  • 強化素材(インゴット、研磨した〜石)、そのもとになる鉱石系
  • 鍛冶スキル

これらの組み合わせで強化していくことになる。一部未確認のため空欄であるのをご容赦。


武器・防具の種類必要な強化素材強化素材を作るための素材
革 シリーズ各種動物の革
ドワーフ シリーズドワーフのインゴットドワーフの〜〜
エルフ シリーズ研磨した月長石月長石の鉱石
エルフの軽装 シリーズ研磨した月長石月長石の功績
エルフの黄金 シリーズ水銀のインゴット水銀の鉱石
スケール シリーズ鋼鉄のインゴット鋼鉄の鉱石
スチールプレート シリーズのインゴットの鉱石
オーク シリーズオリハルコンのインゴットオリハルコンの鉱石
碧水晶 シリーズ研磨したクジャククジャク石の鉱石
黒檀 シリーズ黒檀のインゴット黒檀の鉱石
デイドラ シリーズ  
(装身具?)銀のインゴット銀の鉱石
(装身具?)金のインゴット金の鉱石


3. 装備の強化レベルと、それに必要な鍛冶スキル・レベル


さて、装備の種類とそれに対応する強化素材については以上である。
強化には段階がある。
鍛冶スキルが必要のないものから、鍛冶レベル・スキルを磨いていく必要のあるものまで幅がある。


強化レベル必要鍛冶レベル・スキル
優秀 
上級 
精巧さ 
上質 
エピックここまでは「鍛冶」レベルの数値が上がっていれば強化可能
伝説的鍛冶レベルのみならず、その武器の強化に必要な鍛冶スキル=(〜の)鍛造術が必要

ややこしい表現になるが、専用鍛冶スキル(エルフの鍛造術やデイドラの鍛造術)などによって、エルフ装備やデイドラ装備を「伝説的」にまで強化することが可能になるが、その鍛冶スキルの取得には「レベルアップ」によって得られる「スキルポイント」が必要になることを付言。

4. 鍛冶レベルの強化・スキルの修得


強化レベルとそれに必要な鍛冶レベル・スキル(Perk)が把握できたら、あとは鍛冶レベルをあげていこう。
真面目に材料を手に入れて鍛冶を行なって、経験値を得て……となると日が暮れるので、合法チートを提案。

これはGoogle先生が教えてくれる通りで、「鍛造」で「鉄のダガー」を作るとあっという間に鍛冶レベルが上がっていく。

ホワイトランの「戦乙女の炉」の近くが、武器・防具の強化やインゴットの生成、鍛造など全て可能で、またすぐに近くで各種素材を購入・売買できるのでオススメ。

鍛造場で、鉄のインゴットと革紐を持って行き、「鉄製品」の中でもっともコスパが優れていると思われる「鉄のダガー」を乱造しまくる。
鉄のインゴット1個+革紐1個で鉄のダガーができるのだが、バンバン鍛冶レベルが上がっていく。
できた鉄のダガーは売るなりなんなり。

そうこうするうちに、鍛冶スキルの中で各種「〜の鍛造術」が入手可能な鍛冶レベルに達していくので、手持ちのスキルポイントに余裕があれば適宜習得していく。

5. まとめ


個人的にわかりづらく、Google先生の教えもいまいちだったSkyrimの「鍛冶」についてぷちまとめとした。

鍛冶をやってみると今まで頼りなかった武具がみるみるうちに強化されていってプレイが円滑になるので、ぜひシコシコ取り組んでいきたい。

なお、備忘録程度のメモ書きエントリであり、不十分な表現、間違った表現があるかと思うので、twitterにご指摘・ご教授いただけると幸い。