里山歩記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-11 龍谷大学 里山ORC 国際シンポジウム

[][]龍谷大学 里山ORC 国際シンポジウム里山とは何か 自然と文化の多様性」

里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター(里山ORC)3年目のシンポジウムとして、12月16日(土)国際シンポジウム里山とは何か:自然と文化の多様性」を開催します。

また企画として、里山に関する活動を行うスタッフや学生のパネル展示も行います。

<展示内容>

・講演者である江南先生による江戸期に描かれた詳細な植物画

京都造形大学の森田先生による環境教育とアートとの関わりをテーマとした

実践の報告をビデオとパネル展示

龍谷の森をフィールドに行われる調査・観察「鳥と昆虫の写真展」

里山を舞台に活動する学生グループ「きのっこ」の活動報告

里山の暮らしから家つくりを考える絵本『わらの家』の原画展

=================================


国際シンポジウム里山とは何か: 自然と文化の多様性」

What is Satoyama? Diversity in Nature and Culture

日時: 2006年12月16日(土) 13:00〜17:30

場所: 龍谷大学 深草学舎 21号館603号教室

講演会場への行き方

京阪電車深草」・JR奈良線稲荷」から南西約0.5km、地下鉄くいな橋」から東約0.8km。龍谷大学深草学舎正門入ってすぐ左の建物が21号館。その6階。

龍谷大学深草学舎→http://www.ryukoku.ac.jp/web/map/fukakusa.html

事前申し込み・参加費不要

同時通訳あり

プログラム

宮浦富保(里山ORCセンター長、龍谷大学理工学部教授)

「日本の里山の現状」

ヴォルフガング・ホルツナー(ウィーン芸大学教授)

里山生物多様性の保護: グローバルな問題- オーストリアからの事例」

江南和幸里山ORC研究スタッフ、龍谷大学理工学部教授)

江戸の市民が見た自然」

パク・チェルホ(江原大学校農業生命科学大学教授)

韓国における里山山菜・雑穀利用とそれに関わる文化」

須藤 護(里山ORC研究スタッフ、龍谷大学国際文化学部教授)

里山: 人と神と動物たち」

〔コーディネーター〕 丸山徳次(里山ORC副センター長、龍谷大学文学部教授)

主催: 龍谷大学 里山ORC(里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター)

http://satoyama-orc.ryukoku.ac.jp/

チラシはこちら 

http://satoyama-orc.ryukoku.ac.jp/symposium/img/20061216j.pdf

後援: 京都府京都市滋賀県大津市朝日新聞毎日新聞京都新聞NHK京都放送局・KBS京都BBCびわ湖放送・一学一山運動実行委員会

<開催趣旨>

 龍谷大学 里山ORC(里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター)が、

里山に関する総合研究を開始して、今年で3年目になります。

 "里山(Satoyama)"という言葉は、もちろん日本で生まれた言葉ですが、海外でも知られるようになってきました。里山の重要性について、世界的な関心が高まってきています。日本では、人々の生活の近くにある森林を里山と呼んできました。薪や柴、肥料のための落ち葉、キノコ山菜など、里山から得られる種々のものは、人々の生活になくてはならないものでした。

 現代のような石油エネルギーの大量消費が行われる前、世界の多くの国々では、人々は身近な森林からエネルギーや生活に必要なものの多くを得ていました。

 里山が、人と自然が長期にわたって共存してきた場所(森林)であるとすれば、世界の多くの国々は"里山"と呼んでよい森林を持っていたはずです。地域により、自然環境は異なり、成立する森林の種類も異なります。自然環境の違いはそこに生活する人々の文化にも影響しているでしょうし、文化の違いは自然を利用する方法の違いとなって現れていることでしょう。里山のありかたは、自然と文化の多様性とその歴史を反映しているのではないでしょうか。

このシンポジウムでは、里山の自然と文化の多様性およびその歴史を考え、人々の自然観などの国際比較を通して、人と自然の共生についての理解を深めたいと思います。

宮浦富保(里山ORCセンター長)

2006-12-07 湖族の郷アートプロジェクト

[]「湖族の郷アートプロジェクト」大津市堅田地域

12月9日〜17日の一週間、大津市堅田地域で「湖族の郷アートプロジェクト」という、

町全体を使った約100人の作家によるアートの展覧会が行われます。

企画を行っているのは、成安造形大学の学生有志で結成したグループ「U−si」と、堅田商工会

昨年に始めて開催され、大反響を呼びました。今年、新たにメンバーを加え第二回目の開催となります。「まちづくりアート」という難しいテーマを実践で探る学生のがんばりに触発されます。

堅田の町並みは、湖に沿って街道沿いに連なり、家と家の間からは湖へぬける路地で結ばれています。湖の交通の要衝となった堅田では、町の中へ船で入れるように大きな水路が張り巡らされ、昔の様子を今に伝える魅力的なまちです。

今回は私もイラストレーションの作品を出品することになりました。

9日、10日は展示場に居ます。

ご都合がつく方はぜひ足をお運び下さい。

http://u-si.net/kaptop.html

2006-07-07 絵本『わらの家』ができました!

geniusloci2006-07-07

[]絵本『わらの家』ができました!

5月から ずっと制作していた 絵本がついに発売します!!!

私の出身大学である成安造形大学の大岩剛一先生が執筆し、 表紙やイラストの作画を私が担当しました。

「家と家族」のあり方をもう一度再構築するために、建築家が子どもと同じ目線で分かりやすく家を語った、家族みんなで読める画期的なシリーズ「くうねるところにすむところ」(芦原義信賞受賞)のシリーズ17番目。

施主自らが参加してつくるストローベイル・ハウス(わらの家)を通して、里山の暮らし中にはあった命とつながることの大切さ、家づくりの楽しさ、わらという素材のもつ哲学などが語られています。

去年から細密画を描き始めていることもあって、 今までとは違うタッチで描くことに挑戦しました。 来週から店頭に並ぶことになりそうです。 建築専門コーナーに並ぶと思われるので、 小さい書店にはないかもしれないんだけど、 見かけたら、一度手にとって見てみてください☆

===================== 

前書きから…

わらの家をつくること。それは、建築家として家づくりに携わってきたこの30年間に、ぼくが失ってきた実に多くのものと、遅ればせながらつながり直す旅でもあるのです。小さなもの、つつましいもの、失われたもの、ゆるやかに循環するものとつながり直すこと。手間ひまかかる家づくりという古くて新しい物語を掲げ、住まいと私たちとの間にもう一度血の通った関係を築くこと。これが、ぼくがこの本に込めた思いです。

タイトル:くうねるところにすむところ17『わらの家』

著  者:大岩剛一 

出版社 :インデックスコミュニケーションズ

A4変判、上製/56項 定価1680円(税込)

==========================