里山歩記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-16 上田上牧町 真光寺 報恩講

geniusloci2006-11-16

[]上田上牧町 真光寺 報恩講

 浄土真宗のお寺では毎年盛大に行われる「報恩講」という、親鸞聖人への感謝の儀式の見学に行ってきました。

仏教大学のS先生、学生2名と一緒に伺いました。S先生の解説を聞きながら、「報恩講」について基本的なことを知り、少し、早くついたので牧町の「八幡神社」に参拝に行きました。

真光寺の「報恩講」は1日行われ、午前は尼講(70〜90歳のおあばあちゃん)対象、午後は二十八日講(50〜80歳のおじいちゃん)対象、夜は一般の方と3部に分かれて、それぞれ毎回、法要・説法が行われます。

今回は尼講にお邪魔し、その後社務所で住職と説法をされた草津から来られた住職にお話を聞きました。今では簡略された「絵系図参り」「講汁」「七夜」などのお話を伺うことができました。また、草津のみくら大根と牧町の芝や割木の交換が昔から行われているなど、お互いの地域で採れないものを物々交換しながら補ってきたお話を聞くことができました。

また、帰りに本堂を見学させていただくと、尼講のおばあさんが4人まだおられて、昔のくらしについて聞き取りができました。

「田上手ぬぐいはどういうときに使ったか」「戦後の米の価格の急激な変化の中での買い物」「芝刈りのコツ」「芝の束を美しくつくること」など、次々と話してくださり語り口調のなかにいきいきとした山や里での暮らしぶりが見えるようでした。

最後にお年を聞くと、なんと90歳の方がお二人、80歳代の方がお二人!この続きは日を改め、じっくり伺いたいと再会をお願いしました。

帰りは、牧町、芝原町、堂町を散策しながら瀬田キャンパスまで徒歩40分。

次に繋がる充実した一日でした。

2005-12-01 上田上牧町・大鳥居町 大戸川ダムフィールドワーク

geniusloci2005-12-01

[]上田上牧町・大鳥居町 


大戸川ダムフィールドワークを行いました。

テーマ:「水の歴史、大戸川ダム建設について」

午前:アクア琵琶で田上山砂防の歴史・洪水の記憶をたどる

午後:

上田上大鳥居町 「大鳥居町資料館」見学

上田上牧町   真光寺横「郷土資料館」見学

大戸川ダム建設に携わってきた地元の方の聞き取り

大戸川ダム建設予定地見学


大戸川ダム建設事務所:http://www.kkr.mlit.go.jp/daido/index.html

2005-11-20 上田上牧町 干し柿つくり

[]牧町 干し柿つくり

11月19日(土)、20日(日)の二日間 上田上牧町の女性の会が毎年恒例で行われている「干し柿つくり」に参加してきました。

真光寺住職さんにお世話になり、皆さんの中に入らせていただき一緒に作業をしながら一日女性たちにお話を聞くことが出来ました。

お嫁に来られた方から農家の生活の厳しさ、奥深さを教えてもらいました。

共同で生活をする中で身につく礼儀、しつけ、言葉。

地域の色をつくっていく要素として、「食文化・共同作業・コミュニティの形成」のつながりが見て取れて、とても新鮮で興味深かかったです。


19日:

牧町の田の土手の渋柿を採る

女性の会の方役員約20名の方が参加

注文を受けた目標4000個を達成するまで、地域の干し柿を巡る

20日:

昨日採った干し柿を 

皮むき→シュロで二つに組を作り→硫黄で燻蒸し→干す

干し柿は、約一ヶ月干し、農業祭などで販売されます。

 

2005-10-07 上田上牧町 真光寺聞き取り 調査

geniusloci2005-10-07

[]牧町 真光寺聞き取り

上田上牧町 真光寺住職、地元住民のFさんと会談。

小学校にも総合学習で子供たちに歴史や文化を教える住職より上田上にまつわる様々なお話を伺いました。

上田上地域の情報はすべてここに集まっているのではと思わせるほどに資料館には山ほどの郷土資料が所狭しとおかれています。

郷土料理であるしし鍋、菜の花漬け、釜で炊いた田上米を頂きました。

住職の紹介で、牧町の干し柿つくりに参加できることになりました。