Hatena::ブログ(Diary)

現代異能バトル三昧! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  現代異能バトルな作品の感想などを書いています。(旧タイトル:愛があるから辛口批評)

2007-03-24

想望のメモリアル

ミステリーシナリオもいい感じですね、魔導剣は微妙だけど」

とおもったハートフル2巻です。

といってもハートフルなのは、こじまめさんが無理やり作り出したとこだけで、あとはミステリー風なシナリオとギミックを織り込んだものですが、英魔様のロールが輝いていましたねえ、ファンのひいき目込みだけど。

ミステリーなシナリオもプレイヤーの行動もよかったのですが、最後に登場した魔導剣使いが。

いや、なんだか、誰も知らないスキルで戦うって、なんだか遊戯王っぽくて個人的に好きじゃないんですよね

モノケロスの魔杖は穿つ(2)

モノケロスの魔杖は穿つ〈2〉 (MF文庫J)

モノケロスの魔杖は穿つ〈2〉 (MF文庫J)

怪獣大決戦、面白いけど、まともな人がいないなあ」

と思った第2巻でした。

突き抜けた面白さはないですが、キャラクターの作り方が一捻りも二捻りもあるのがいいですね。

凡庸と思われていた主人公が、実は「王」に相応しかったり。

正義の要である律ちゃんが、実は他のみんなに負けず劣らず壊れていたり。

ピエロ忍者も変な人だし、まともな人がどこにもいない。

それでいて設定は重厚だから、なんだかふしぎな雰囲気と確かな面白さがあるんですねえ。

まだ、伏線いっぱいですし、次の3人が登場しないのでどうなるか楽しみです。