Hatena::ブログ(Diary)

現代異能バトル三昧! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  現代異能バトルな作品の感想などを書いています。(旧タイトル:愛があるから辛口批評)

2007-11-09

円環少女 6 太陽がくだけるとき

「なんて残酷で暗く、わずかばかりの希望が光輝いている話なんだろう」

と思った東京地下戦争編完結編でした。

 もう最初から最後まで絶望的なバトルばかり、主人公の仁がすごく痛ましいのに、脇役にいたるまで苦悩を抱えており、あまり心が弱い時には読むのはお勧めできない内容になっていますなあ(笑)

 仁は、メイゼルのいうとおり、正しいと思うものに痛くされるのが大好きなMなので(嘘)、ひどい目にあってがんばっており、その体がぼろぼろになっても戦う様は痛々しくもかっこよくて好きですが、今回は誠志郎もかっこよかったです。

 いつもどおり出番は少なかったのですが、仁を思う台詞一つ一つが感動的でした。

 核の危険は去り、悪い魔法使い不器用な真なる悪鬼に倒されましたが、今後どうなるんでしょうねえ

 あの<剣>に何かの秘密があるようですが、何なのでしょうねえ

 それと、さりげなく一番つらい選択をしているきずなちゃんが幸せになればいいのですが。

[ちょっと宣伝]

 僕が薦める現代異能バトルな作品たち

 面白い! 現代異能バトルリストhttp://homepage3.nifty.com/gensouyuugi/inoulist.htm

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証