Hatena::ブログ(Diary)

現代異能バトル三昧! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  現代異能バトルな作品の感想などを書いています。(旧タイトル:愛があるから辛口批評)

2012-06-24

あるいは現在進行形の黒歴史6&7

「うーん、やっぱり理子とアイシャが正妻ポジションだよなあ。妹はもう、汚れキャラにしか見えない…… 」

と思った6巻

「綺麗な大団円。絆が力になるって定番ですけどいいですね。さりげなく実妹より舞子ちゃんのほうが扱いが良すぎて笑った。次はついに彼と闘うのですかね?」

と思った7巻でした。

 

 6巻にヒロインズとのフラグをさらに高め、7巻のクライマックスへつなぐ、いやあ、素晴らしい第1部完結編でした。

 最後の闘いは、主人公主人公らしい戦い方を見せてくれてよかった。

 いい設定用意しているじゃん、妹よ。

 やっぱり最後男の子ががんばらないといけないよねえ、それにしても、理子の「いつも隣にいる」、アイシャの「かいがいしく尽くす」ポジションでの正妻っぷりが半端ないっすね。

 ……メインヒロイン マリスのはずなんですけどねー。

 あと、妹と舞子ちゃんの扱いが違いすぎる。

 うん、気持はよーくわかるけど、妹が不憫すぎるのう。

 

 これで完結でも十分楽しめたと思うのですが、どうやらもうちょっとだけ続くようで。

 

 敵はどうやら、今までちらりと話にはでていた彼のようで。

 さあ、どうなるんでしょうねえ。

 

 しかし、「彼」もこれだけ持ち上げられているとヘタれるの早そうな気が。



あるいは現在進行形の黒歴史7 ―中二天使俺の嫁?― (のべるのぶろぐ 2.0)

http://novelno.net/archives/2012/04/16-214707.php

あるいは現在進行形の黒歴史(7)−中二天使俺の嫁?−』: 積読を重ねる日々

http://kiicho.txt-nifty.com/tundoku/2012/06/7-3aa4.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gensouyugi/20120624/p1