Hatena::ブログ(Diary)

現代異能バトル三昧! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  現代異能バトルな作品の感想などを書いています。(旧タイトル:愛があるから辛口批評)

2017-09-01 けっこう読めた!

8月の読書メーター

読んだ本の数:22
読んだページ数:5487
ナイス数:528

かみこい! 2~ずっとずっと とれません~ (GA文庫)かみこい! 2~ずっとずっと とれません~ (GA文庫)感想
火海坂猫先生の #ラノベ まさか続くとは思わなかった第2巻、新ヒロイン登場、で、さらにハーレムが加速していきますなあ。あまりパッとしない主人公ですが、ギリギリハッピーエンドに辿りつく選択をしてよかったです。さすがにこの展開では、風歌ちゃんの出番は少ないけど、ポイントポイント抑えていますね。しかし、綾瀬さんの真の実力も垣間見えたわかですが、続刊あるのかなあ。
読了日:08月02日 著者:火海坂 猫
奈良町ひとり陰陽師 (メディアワークス文庫)奈良町ひとり陰陽師 (メディアワークス文庫)感想
ほっこりとするオカルトもの。なんて優しい世界、バトルなんてなかったんや。ヒロインのゆかり主人公のシノブ距離感想像より微妙に離れていて、ふんわかすると同時にもっと近づいてもいいんじゃないかと思ってみたり。
読了日:08月05日 著者:仲町 六絵
がんばりすぎなあなたにご褒美を! 堕落勇者は頑張らない (MF文庫J)がんばりすぎなあなたにご褒美を! 堕落勇者は頑張らない (MF文庫J)感想
これがパブみなのか……、よく考えると人間失格な展開ではあるのですが、一人で世界を救った代償としては仕方ないのかな?(深く思案)。とはいえ、荒んだ心をもっていると読むだけで癒されそうな物語でした。
読了日:08月05日 著者:兎月 竜之介
パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)感想
だれだよ、タイトル考えた人!と突っ込みたくなるほど、タイトル詐欺な青春もの主人公の直樹はネガティブでいい男ではないけど、だからこそ、リアルでどこにでもいる大学生で、ヒロインたちも揃いもそろって地雷案件メンツのため、グダグダでしまりのない終わり方だけど、だからこそ、痛く、だからこそリアル感がある話だった。……まあ、僕にはこんな青春はなかったんだけどね(笑)
読了日:08月05日 著者:石山 雄規
ブギーポップ・ダウトフル 不可抗力のラビット・ラン (電撃文庫)ブギーポップ・ダウトフル 不可抗力のラビット・ラン (電撃文庫)感想
上遠野浩平先生の #ラノベ 炎の魔女レイン、健太郎と主要メンバーがでて、本格的なブギーポップ物語でした。話し的には全然進んでいないですけど、まあ、ブギーポップはそんな話ですから。しかし、レインブギーポップって初邂逅だったんですねえ
読了日:08月08日 著者:上遠野 浩平
メルヘン・メドヘン (ダッシュエックス文庫)メルヘン・メドヘン (ダッシュエックス文庫)感想
松 智洋,StoryWorksの #ラノベ 妄想少女青春群像劇でした。ちょっと百合百合していましたが、主人公葉月性格が楽しかったです。とんでもなくイレギュラー彼女がどんな破天荒なことをするのか楽しみです。
読了日:08月09日 著者:松 智洋,StoryWorks
ニューゲームにチートはいらない! (GA文庫)ニューゲームにチートはいらない! (GA文庫)感想
#ラノベ 転生とかいうか甦りチートもの? チートといってもこれまでの経験を生かせた結果なのでいいですね。主人公ルーカス性格がいいし、さらに、ビアンカハーレムものになりそうな中、正妻オーラ―がハンパなくていいですね
読了日:08月15日 著者:三木 なずな
クラウは食べることにした (角川スニーカー文庫)クラウは食べることにした (角川スニーカー文庫)感想
藤井論理先生(@fuzylonely)の #ラノベ

微妙に設定が組み合っていない感じはするものの、ドタバタで読みやすい話でした。綺麗にエンディングはむかえたけど、まだ香介のトラウマも完全に解消されていないし、ここから恋愛ドタバタがどう続くのかな?どう考えてもクラウが勝つんだろうけど、志緒にはぜひ頑張ってもらいたいなあ
読了日:08月15日 著者:藤井 論理
夜と会う。: 放課後の僕と廃墟の死神 (新潮文庫nex)夜と会う。: 放課後の僕と廃墟の死神 (新潮文庫nex)感想
蒼月海里先生(@aotsuki_kairi)の #ラノベ

トラウマが異界「夜」となるという設定なので、深く相手と向き合えるジュブナイル物語でした。

イザヨイとレイン関係も良かったけど、最後の展開で少しベクトルはかわったと思うので、次巻でどう展開していくのか楽しみです。
読了日:08月15日 著者:蒼月 海里
南条翔は其の狐の如く 1 (プライムノベルス)南条翔は其の狐の如く 1 (プライムノベルス)感想
梅野歩先生(@ametuyuno)の #ラノベ

孤独少年と狐のハートフル現代異能バトル、こういう妖怪もの場合、妖狐側は人間に変化できるんですが、狐のままというのが珍しいですね、うーん、このままのほうがいいのか、人化したほうがいいのか悩みますね。今のところ、幼馴染のほうの退魔士設定はあまり必要性がないので、今後物語に絡んでくるといいですねえ
読了日:08月15日 著者:梅野 歩
俺、ツインテールになります。 4.5 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。 4.5 (ガガガ文庫)感想
#ラノベ 短編集ということもあり、ギャグメインだったけど面白かった。殴ってもよし、百合ってもよしとは凄まじいコンビだな、愛香&トゥアール。それにしても、愛香は振られるとヤンデレ化するのか……、あの調子で、総二に捨てられるとゾッとするけど、見たいような気も…(ヤンデレ好き)
読了日:08月18日 著者:水沢 夢
クトゥルフ神話TRPG リプレイ セラエノ・コレクション (ログインテーブルトークRPGシリーズ)クトゥルフ神話TRPG リプレイ セラエノ・コレクション (ログインテーブルトークRPGシリーズ)感想
#TRPG タイトルからして、専門的なスキルをもったアーティファクト回収チームの話と思ったら全然違ったリプレイでした。でも、話が進むにつれ、スタッフが集まりそうな雰囲気でしたので、どんどんスペシャリストになっていくんですかね? それまでPCの正気度がもてばの話ですけどね(苦笑)
読了日:08月18日 著者:内山靖二郎/アーカム・メンバーズ
友人キャラは大変ですか? 3 (ガガガ文庫 た 7-3)友人キャラは大変ですか? 3 (ガガガ文庫 た 7-3)感想
伊達康先生の #ラノベ 今回も一郎の空回りが最高ですね、三姫や四神だけじゃなく、サブキャラも堕としていくとは一郎マジヤバいっす。しかし、一郎はほんと臍が大好きですね、第3部の伏線もあるし、次巻も気になるんですが、蒼ケ崎さんとフラグが立つ一方、今回は、リューガちゃんのラブラブ描写が少なかったのが哀しい、もっとラブを!


読了日:08月18日 著者:伊達 康
下僕系イケメンTRPG ダークデイズドライブ (Role&Roll Books)下僕系イケメンTRPG ダークデイズドライブ (Role&Roll Books)感想
#TRPG まさか吸血鬼フォロワーをメインにしたゲームがでるとは思わなかった。宿泊先ですら苦労するイケメンたちのゆるーい冒険? こういうのも悪くないとは思うけど、ターゲットニッチだよなー
読了日:08月21日 著者:齋藤 高吉,冒険企画局
タブー・タトゥー 13 (MFコミックス アライブシリーズ)タブー・タトゥー 13 (MFコミックス アライブシリーズ)感想
漫画喫茶にて。激闘につく激闘についに決着、ぜったいにワイズマンが介入してくるだろうなあと思ったけど、まさかこんな結末とは……。いろいろ思うところはあるけど、表紙に隠された作者のあとがきを読むと、ですよねーとしか言いようがないですね(笑)


読了日:08月23日 著者:真じろう
聖闘士星矢セインティア翔 10 (チャンピオンREDコミックス)聖闘士星矢セインティア翔 10 (チャンピオンREDコミックス)感想
漫画喫茶にて。いろいろ伏線が解明されると同時に、あらた伏線が張られる状態星矢のサイドストーリー風でありながら、やりたい放題である。なのに、シャカのセリフなどに星矢本編での影響がちょこっと現れているのがにくいよなー、しかし、聖闘少女の真のつとめが闘いではないなんて……、たしかにあまり強くないですよね、どちらかっていうと負けっぱなしだし。
読了日:08月23日 著者:久織ちまき 車田正美
トクサツガガガ 7 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 7 (ビッグコミックス)感想
ここまでコアな特撮好きだけど、あるある、もしくはわかるネタが大盛りですね。俳優の生身スタントは、仮面ライダーを思い出しますよね、でも、あれでシリーズ化ができるようになったような気も。あと、お母さん来襲が恐いですね。
読了日:08月23日 著者:丹羽 庭
トクサツガガガ 8 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 8 (ビッグコミックス)感想
グラビア撮影の回の女子会(?)が楽しかったですね、路線変更は、いろいろと思うところがありますが、人それぞれですよね、でも、響鬼は2クールものです(断言) そして最後吉田さんに謎の男が…… 感想をみるとみんな吉田さんを心配している、なんて優しい世界
読了日:08月23日 著者:丹羽 庭
トクサツガガガ 9 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 9 (ビッグコミックス)感想
漫画喫茶にて。駄作上映会は笑った。これは盛り上がりますね、個人的駄作アニメのほうが多い気もしますが、作画崩壊、棒声優……、うっ、頭が。ところでお母さん来襲と吉田さん彼氏はいつでてくるのだろうか……
読了日:08月23日 著者:丹羽 庭
トクサツガガガ 10 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 10 (ビッグコミックス)感想
漫画喫茶にて。ネタバレの話と、リアルタイムでみているかどうかはあるあるだよねえ。特に今はtwitterとかでリアルタイム感想いいあえますしね。そしてネタバレは、僕はネタバレ肯定派なので平気です。そしてついに吉田さん彼氏キター! いい人か悪い人か判断できないなあ


読了日:08月23日 著者:丹羽 庭
ウィッチクラフトワークス(11) (アフタヌーンKC)ウィッチクラフトワークス(11) (アフタヌーンKC)感想
過去編終了 ほのかきゅんが漢前すぎてつらい、そりゃ惚れてストーカーになってもおかしくないよ。霞ちゃんもたいがいだけど、姫さんはそれをさらに上にいくからなあ。……皿も収集しているのか、まじヤバイっすね。
読了日:08月31日 著者:水薙 竜
平浦ファミリズム (ガガガ文庫)平浦ファミリズム (ガガガ文庫)感想
ラノベらしい味付けはされていますが、家族に閉じこもってしまった少年成長物語でした。頭がいい、才能がいいだけでは生きていけないわけで。頭がよすぎるからこそ、殻に閉じこもっていた少年が、殻を割り少しずつ顔をだそうとしている雰囲気がよかったです。これからどう成長していくのかな?
読了日:08月31日 著者:遍 柳一

読書メーター