Hatena::ブログ(Diary)

現代異能バトル三昧! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  現代異能バトルな作品の感想などを書いています。(旧タイトル:愛があるから辛口批評)

2017-12-07 「ぱねえ」と「バディ」の現代異能バトルラノベ感想

カンピオーネ! XXI 最後の戦い (ダッシュエックス文庫)

 最終巻

 ただ、ラーマと決戦するだけだと思ったら、まさか運命に殴りかかるとは夢にも思わなかったです。

 まあ、たしかにラーマとは何度も戦っていますからねえ。

 賛否両論ありますが、あまり長々と戦っても面白くなかったかも。

 運命と戦うことになったために、再生怪人のノリでこれまでの神(ライバル)が登場したりもしましたが、まともに闘ったの少ないなあ。

 これも、ただバトルするだけではない護堂さんだかですよね、これがドニーだったら……。

 こうみると、カンピオーネっぽくていて、そうでないところもある護堂さんだからこそ、掴みとった勝利でしたね。

 まあ、そのせいでで、ラスボスさんがとんだポンコツさんにみえたのがご愛嬌ですね。

最後はきちんとハーレム運営しているし、○○○でもやりたい放題やっているみたいだし、ほんと護堂さんはパネエっす。

 でも、現代異能バトル好きの僕としては、現代日本もっと戦って欲しいなあ。

 

【宣伝】

 カンピオーネ!魔王たちのような世界最強クラス能力者たちの共闘バトルをTRPGで楽しんでみませんか? 大丈夫です。セッション中は仲間です。

現代異能バトルTRPG魔獣戦線http://tinyurl.com/z4dtrms ] 

 

お世話になっております。陰陽課です4 (メディアワークス文庫)

 無事完結

 今回のラスボスが登場した時はどうなるかと思いましたが、まさか○○モンだったとは。

 それに対する最終的な対抗手段も祈理ちゃんらしい、規則に沿ったやり方ってのがらしくていいですね。

 そして、祈里と主任コンビもよかった。

 男女バディものですが、あまり恋愛っぽくないのがまた良かったですね。

 凸凹コンビですが、互いの長所欠点がうまく噛み合って、ナイスバディでした。

 脇を固める異人さんたちも憎めないし、この作者らしく、物語が進むにつれて、協力者たちが増えて楽しかったのに、4巻で終わりとは……

 完結したとはいえ、まだ続けれそうだし続けて欲しい作品だった。恋愛とはまた違う、男女のバディものだったし、公務員らしさが出ている作品だったので好きだったんだけどな。最終話も、祈理ちゃんの頑張りで活躍できたところがいいなあ、公務員ばんざい(おい)

 

【宣伝】

 リアル陰陽道の呪も、自分で考えた魔術も、自分なりの科学理論で創り上げたSF設定も共存してプレイ可能なTRPG!!

現代異能バトルTRPG魔獣戦線http://tinyurl.com/z4dtrms ]