Hatena::ブログ(Diary)

Islands in the byte stream

2009-11-28

Perlのこれだけは勘弁!というところ

Perlのこれだけは勘弁!というところを挙げてみる。

  • scalar context/list contextの区別はいらない
    • void/non-voidだけでよかった
  • メソッド呼び出しと関数呼び出しを区別できない
  • 名前付き引数がないのはDISられてもしかたがない
  • 組み込みのinstanceof演算子相当が存在しない
    • Scalar::Util::blessed($_) && $_->isa(...) は長すぎる

こんなところか。あまり思いつかなかった。他にも欠点がないわけではないのだが,利点と紙一重だったりライブラリで補えたりすることがほとんどだ。

たとえば,巷で言われるような「後付けOO機能」は欠点とは思わない。組み込みのOO機能が貧弱だからこそ生まれたものもたくさんあるからだ。

hogehoge 2009/12/01 17:26 local変数の存在は本当にもう勘弁して欲しいです。ourとかも必要だったと思えないでし。
過去に妥協するために未来を汚さないでくれと。

perlcodesampleperlcodesample 2009/12/03 00:51  モジュールとか作成していても、この4つで個人的には困ったことがないです。どんな場面で困ったりしますか?
Perlのパフォーマンスを改善しようとしたときに問題がでます?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gfx/20091128/1259400760