God & Golem, Inc. このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008.11.04.

[]文学フリマ筑波批評2008秋(改め、ゼロアカ道場破り号)』に寄稿しました

 すっかり報告が遅くなりましたが、以前応援文を書いた「筑波批評社」の今回の同人誌に、寄稿しました。

 先に場所だけお伝えしておきます。今週日曜の11月9日、秋葉原駅近くのココで、文芸批評系を含む同人誌即売会をやっています。

■第7回 文学フリマ

2008年11月9日(日)

11:00〜16:00

東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1・第 2展示室

JR線・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅徒歩 1分、都営地下鉄新宿線 岩本町駅徒歩 5分)

http://bunfree.net/

筑波批評社のブースは、2階、B−62


大きな地図で見る

 ところで、筑波批評の2008秋号が「道場破り号」とあるのは、以下のような経緯によるものです。

2008年11月9日に行われる第7回文フリマにおいて、2人1組となり、

《A5版・表紙4Cカラー・本文1C96ページ・定価500円》の評論同人誌を制作し、自ら売り子となって販売せよ。

刷部数は500部とし、「東浩紀点+太田克史点+販売部数」の合計点上位3組(6人)を関門通過者とする。

(中略)

なお、この関門においては「道場破り」が認められる。

ゼロアカ参加者以外も、別途発表の条件を満たせば、この関門に参加しみなさんと同じ条件で闘うことができる。

講談社BOX:東浩紀のゼロアカ道場より)

 つまり、筑波批評社のうち、id:sakstyle君とid:Muichkine君が、若手批評家登竜門として現在開催されている批評家選考イベントに、中途で斬り込むという状況になっているわけです。

 その彼ら自身の紹介文は……。

概要

ゼロアカとは一体何だったのか。

そして、ゼロアカの先へと進むために。

ゼロアカ道場破り号と銘打った今号の『筑波批評』は、いわゆる「ゼロアカ」と呼ばれる言説空間が、今現在あまりにも狭い領域にとどまっているのではないかという問題意識のもと、むしろゼロアカがより広がっていく可能性を示すべく編まれた。

掲載された論文はどれも、様々なジャンルへと種撒かれ、これから次々と芽吹くはずの、新しいアカデミズムと批評の萌芽たりうるはずだ。

筑波批評社、シノハラユウキ・塚田憲史による、「東浩紀ゼロアカ道場」第四関門への道場破り。

11月9日、秋葉原で開催される文学フリマにて発売!

 というわけです。

 私はこういう話になる前からid:sakstyle君を中心に仲良くさせて頂いていたので、何か出来ないものかと思って寄稿させてもらったわけです。

 目次は、このような感じになっています。

目次

で、いろいろお薦めを書こうと思ったのだけれど

 あまりに色んなことが重なりすぎて、ちゃんと推薦文を書くことができません(でも、全部読みました)。

 私はTRPG批評だなんだと言いながら、ガチ批評系の人間ではまったくありません。しかし、そんな私の目からみて、こうして真正面から文芸批評(あるいは社会評論)に取り組める彼らには、ものすごく期待してしまいます。しかも、一応最先端のトピックを扱いながら、主題はあくまで流行から離れ、あくまで自分たちが興味のある課題へと向かっていくところは、読んでいてとても唸らされました(座談会で、いきなり「ポストモダンの、うすっぺらい歴史感覚」を問い直し始めたところは、ぜひみんなにも読んで欲しい。彼らが単なる“俗な意味での”東浩紀フォロワーでないことは、この座談会を読むだけで十分伝わるはずです)。最後にソワカちゃんにも触れてたりするしねっ!(結局そこに反応するのかよ!!)

 中心メンバーとなるシノハラユウキ君、塚田憲史君の一万字論文は、草稿段階から読ませてもらっており、どちらもとても力の入ったものになっています(これは筑波批評社のBlogにより詳しい紹介があります)。これは私が長々と解説するより、「とにかく読んで」と言った方が早いでしょう。

 また個人的には、id:min2-fly君の短い論文、“グローバル化する学術出版業界”批判もイチオシです。オタク産業に国の金を掛けている暇があったら、知的財産の海外流出と密接な関わりがある、国内学術出版の脆弱な業界構造をどげんかせんといかん、という趣旨の話。ものすごく熱いし、そこには図書館情報学院生としての危機感が籠もってます。この話は批評どうこうという話に限らず、知的産業に関わる全ての人に知って貰いたいという話です。

 あ、自分の文章の紹介がまだでした。

 5000字程度の小さな論文です。〈ゲーム〉を定義する際には、客観的・形式的(objective)な定義だけじゃどうにもうまくいかないことがある。それをどう捉え直せばうまく考えられるようになる?」という問いに、ラフ・コスターの主観的・認知的(subjective)なゲーム論に依拠しつつ、整理したものです。

 このブログでは、Costikyan論文馬場講座など、とかく国内TRPG文脈で取り上げられやすいものを中心に整理・展開してきた私ですが、最近の興味はもうコスティキャン論にはなくて、もう少し基礎的なところにあります。そこを、与えられた紙面の中でなんとかまとめたものになります。

 今回は「TRPGに興味はあまりないけど、ゲームを論じることには興味がある」という人向けのモードで書いています。筑波批評社の今年の成果を見るついでに、どうぞ目を通してやってくださいませ。図がなんかパルプンテになっているけど、その辺はあまり気にせず。

 ちなみに当日は、ゲームでお世話になっているid:Thorn(岡和田晃)さんも、『幻視社』ブースの同人誌に寄稿しているそうです。また、そこでは英米文学批評家の巽孝之さんが主宰する『科学魔界』も委託販売しており、そのどちらも氏のページにて紹介されていますのでそちらも合わせてぜひご覧ください。(Thornさんより指摘があり、ブースの件について修正しました。081107:1400更新)。

石頭@ML弁慶石頭@ML弁慶 2008/11/05 19:23 ブックマークしているのが、TRPG界隈の連中ではまったくない、ってところに、TRPG界隈の連中の、ある種の限界を感じるねえ。

ちなみにお値段いくら?それぞれの評論本て基本いくらなのかまったくわからないので不安なのですが。知っている範囲でいいので、値段教えてください。

オタク産業に金かけて、学術出版に金かけないのは、結局話題の差です。予算交渉の時点で話題になっているのと地味なのでは、説得力が違うわけです。そのオタクの代表のアニメも、話題になったのはポケモンからです。ポケモン、といわれてああ、それですか、と膝をうって官僚が、ああうちの息子が、娘が、と話題になる。であれば予算ももっと色付けましょうとなる。アニメの海外進出に関しておそらく一部官僚の方々の、現場の方々の猛烈な努力以外にはまったく何もしてもらえない状況で、ポケットモンスターが海外に進出して大人気をして、当然のごとくバッシングを受けて(ピカチュウが確かサンタクロースか何かを引きずるような絵もある)、それでも恐ろしい努力をしてコンテンツビジネスとして一大潮流を作ってようやく認知度が上がったわけです。任天堂万歳w

他にも「電脳コイル」でAR、VR関連の学者連中はこれまた狂喜乱舞して「これがパパの仕事だよー」とかおお張り切りで言えるようになって、オタク文化が学術に貢献した、とも言えるわけですが。

でまぁそれとは関係なく、そうした面で、学術は素朴すぎるわけです。海外だとNPOにもMBO的発想でマネージメントしていかないとダメだ、ってのに、「今手を尽くさないと大変なことになるよ」って脅して、純朴に【良いものは良い】なんて子供の発想で予算取れるのかと。

そうではなくて、もっと戦略的に、もう戦争しかけてでも予算ぶんどって状況を変化させるようなロードマップを考えていかないと、おそらく学術出版業界は全滅しますね。まぁ以前言った数値化じゃないですが、それがどれくらい良い影響を及ぼすのか、数値にして説得する、イメージとして、オタク産業でも何でもいいから強引に解釈して、「こうすることによってこれぐらいこんなにハッピーな状況が!」って、カミオカンデ作らせるのにノーベル賞学者から一筆もらうぐらいの、極めてアグレッシブな活動がないと、厳しいと思います(危機的状況を知らせるという点ではその批評は評価します)。

ggincgginc 2008/11/05 22:02 石頭さん:
 ゼロアカ関係は一律500円ですよ。最初の要項にルールで定まってるんですね(本文引用もご覧ください)

 この場合、学術と言った場合、科学技術立国とか言われる時の「科学技術」も入るのですが、実はその辺も含めてmin2-fly君の論文は視野に入っています。詳しくはこのあたりをご覧いただければと思います。前に紹介したかも知れませんが、オランダのエルゼビアなど、海外の学術出版が論文の使用権料を大々的に主張し始めた場合、日本の理系論文の本数が激減する可能性もあります。文系だけの話でもないのです。

http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20080906/1220723969

 だから、石頭さんの話とはまた違う展開になっています。ぜひ当日、買って読んでみてください。

 ところで最初の指摘ですが、ものすごい変な方向に釣られている人が居ますね。今回のネタそれじゃないって言ってるのに。脊髄反射的だなあ。

石頭石頭 2008/11/06 05:27 WinterMuteは他のブクマコメントも読めばわかるけれど基本馬鹿だから。しょうがないよ。可哀想な人、でオチをつければいいのでわ。TRPGerは、基本可哀想な人たちですからねえ。

WinterMute(名前負けしてるw)といい、彼らの劣等感は一体何処にあるものなのか、ちょっと興味深いところではあります。

ご意見は了解です。ちょっとマジめに買って読んでみます。あの早稲田の10時間云々といい、なんというか、東氏、がんばってますねえ。なんらかの結実があれば面白いんですけどね。文芸評論の方々も相当に業が深いので、こうして出てきた連中を東閥と捉えて潰しにかかりかねないところがある。

そこらへんって規模や質は違うけれど、TRPG連中とやっていることが同じだなぁとか思いますです、はい。

最も原始的な人間同士の愛想劇ってのはTRPG論壇wも、文芸批評世界も、同じなのかもしれませんねえ。

石頭石頭 2008/11/06 05:38 要するにだね、ggincさんが本人がどう思っていようと馬場閥の一派だと思われるように、今回のゼロアカから日の目が出た連中は東閥だ、って絶対に思われるんだよね。多分。

東氏の門閥だ、と。

なんでそうなってしまうのかな、と正直思います。そういうものなのかね。理解しやすいのかな?そうしないと理解できないのかな?

そういう点でゼロアカ道場は大変面白いんですが、道場に参加された人たちの今後に対して余計な心配をする一人のオタクでありました(10時間云々を聞いていると、絶対に攻撃するな、この連中は、と思った。高めあうよりも潰しあう、ってのがおそらく文芸評論家の救い難さなのかもしれない)。

ggincgginc 2008/11/06 09:07 「なんでそうなってしまうのかな、と正直思います。そういうものなのかね。理解しやすいのかな?そうしないと理解できないのかな?(中略)10時間云々を聞いていると、絶対に攻撃するな、この連中は、と思った。高めあうよりも潰しあう、ってのがおそらく文芸評論家の救い難さなのかもしれない。」

 その辺りは大変ですよね。なんでも派閥で見た方がわかりやすいし、付き合いもしやすいということなのかもしれませんね。

ThornThorn 2008/11/06 13:29  ご紹介、ありがとうございました。ただ〈科学魔界〉は独自にブースがあるのではなく、〈幻視社〉ブースでの委託となりますので、お手数ですがその旨のみ修正をいただけたらありがたいです。

ggincgginc 2008/11/06 14:15 Thornさん:

 ご指摘受け早速修正しました。ありがとうございます。私は別件で午前中にいけず午後からの入場となりそうですが、幻視社ブース楽しみにしています。

koutyalemonkoutyalemon 2008/11/09 14:50 =w=っ本 こっそり入手してきましたよー。
とりあえずggincさんの部分は読みました。
同時代的な派手さはないですが、10年経って読み返しても時の重みに耐えそうな本っぽいですのう。まだ読んでないのでパラパラめくった印象で恐縮ですが。
ご説の内容としてはゲームにおける経験点のお話として蓋然性が高いと考えます。
私としては初期〜中期でルールとデータベースの学習が行われ、坂の上のほーでは↓で言う
http://www.manabinoba.com/index.cfm/4,396,76,html?year=2001
facilitationの要素が強くなると読みましたが、facilitationの効用を表に出すと自己啓発目的っぽさが出てくるので、娯楽目的なゲームにおける取捨は微妙かなーって考えです。
となると↓みたいなゲーム内での行動の最適化って文脈で読んでみたのですが
http://d.hatena.ne.jp/active_galactic/20081013/1223904677
を思い出しました。
フィクションだとこの主題を描いたのはアフタヌーンのFLIP-FLAPかな。
http://d.hatena.ne.jp/LIT/20080623/1214228836

いやー、なかなか興味深い小論でした。

ggincgginc 2008/11/09 23:11 紅茶さん:

 お買い上げありがとうございます。実は同人誌デビューはこれが初めてですね。知的刺激になったのならば幸いです。

>同時代的な派手さはないですが、10年経って読み返しても時の重みに耐えそうな本っぽいですのう。

 同時代性よりも、彼ら自身の興味をあくまでまっすぐに見通した結果だったと思います。だからこそ、応援したくなったのでした。結果的に410(/500)部も売れたそうです。あの本が400名余の手に行き渡ったことは、とても嬉しいことだと思っています。

 facilitationについては今少し攻めあぐねていて、今はゲームコミュニティとゲームの〈変容〉との関係について再考しているところです。

・以前Scoops RPGで取り上げた「水平思考推理ゲーム」
・GPM23とAの魔法陣の差異
・ひぐらしのなく頃に(前半4作・後半5作)の差異
・前島(2008)の再検討

 について考えていますが、これもWeb上ではなく、もう少し変わったところで発表することになると思います。今回5000字でしたので、事例研究までつっこめなかったんですよね。

 Flip-flapも、ご指摘のぷよぷよエッセイも、気になりました。できればとよ田の作品は手にとって読んでみたいと思います。

Connection: close