Hatena::ブログ(Diary)

あなたの旦那様はどう?

ページビュー
65649

2018-01-16

自分から言ってみる

日本を訪れた外国人や、
日本が好きな外国人にとって、
日本という国はとても情緒を
大切にしているところと考えられています。

日本人の情緒のもとを辿ろうとすれば、
それは古い時代に遡って
ようやく見えてくるものとなります。

現代でもなお風情あるものを
美しくとらえられる日本人の感性は
世界から高く評価されています。

ですがその根源ともいうべき古い時代の出来事は、
それにも勝る情緒の象徴だったのです。


現在でも日本には
和歌と呼ばれる言葉遊びの文化があります。

小学校などの義務教育の場で、
そういった日本独自の文化を基礎として
学ぶ機会もあるでしょう。

そんな和歌の中で詠まれるものの一つには、
思い人に向けて書かれた
愛の告白もあったはずです。

男性が女性に贈り、
女性もその返答は和歌の中で詠み、
かつての恋人たちはそういった
風情ある文化の中で恋を育んできました。

お互いを好むムードが男女の間に訪れれば、
彼らは迷わず筆を執ったのです。


では現代の日本人には
どんなカップルが多いでしょうか。

和歌のような文化に触れる機会は格段に減り、
それどころか一般的な手紙さえ
今ではあまり書かれる事がないでしょう。

好きな人との出会いがあったとき、
口頭以外で思いを告げる手段と言えば
ラインやメールなどが思いつくはずです。

しかし簡単にできる代わりに、
これでは情緒に少々欠けます。


紙媒体に思いを記す文化が減っ
た現代においては、好きと伝える
最大の手段は直接口に出す事です。

好きだと言わせるムードが
その場にできているならば、
躊躇わずに言ってみましょう。

和歌のように整ったものではなくとも、
思いを込めればきちんと伝わります。

素敵な恋をはじめましょう。

ブログランキングならblogram

2018-01-12

告白媒体

日本を訪れた外国人や、
日本が好きな外国人にとって、
日本という国はとても情緒を
大切にしているところと考えられています。

日本人の情緒のもとを辿ろうとすれば、
それは古い時代に遡ってようやく
見えてくるものとなります。

現代でもなお風情あるものを
美しくとらえられる日本人の感性は
世界から高く評価されています。

ですがその根源ともいうべき古い時代の出来事は、
それにも勝る情緒の象徴だったのです。


現在でも日本には和歌と呼ばれる
言葉遊びの文化があります。

小学校などの義務教育の場で、
そういった日本独自の文化を基礎として
学ぶ機会もあるでしょう。

そんな和歌の中で詠まれるものの一つには、
思い人に向けて書かれた愛の告白もあったはずです。

男性が女性に贈り、
女性もその返答は和歌の中で詠み、
かつての恋人たちはそういった
風情ある文化の中で恋を育んできました。

お互いを好むムードが男女の間に訪れれば、
彼らは迷わず筆を執ったのです。


では現代の日本人には
どんなカップルが多いでしょうか。

和歌のような文化に触れる機会は格段に減り、
それどころか一般的な手紙さえ
今ではあまり書かれることがないでしょう。

好きな人との出会いがあったとき、
口頭以外で思いを告げる手段と言えば
ラインやメールなどが思いつくはずです。

しかし簡単にできる代わりに、
これでは情緒に少々欠けます。


紙媒体に思いを記す文化が減った現代においては、
好きと伝える最大の手段は直接口に出す事です。

好きだと言わせるムードが
その場にできているならば、
躊躇わずに言ってみましょう。

和歌のように整ったものではなくとも、
思いを込めればきちんと伝わります。

ブログランキングならblogram

2017-12-27

ムード作り

なかなか好きだと言ってくれない異性と
交際をした事はあるでしょうか。

いま現在交際をしている恋人は、
きちんと思いを言葉に出して
伝えてくれる人でしょうか。


日本人は口下手だと良く言われますが、
その理由の一つには国民性とも言うべき
大人しい性格が関わっています。

他の国々のオープンでアウトゴーイングな
国民性のある人達を考えてみましょう。

夫婦やカップルは外でのデート中に
当たり前に愛を育み、
人目もはばからず仲睦まじい様子を
醸し出しているでしょう。

言葉に出す事と言えば、
好きだとか愛しているだとかいった
情熱的で直球な告白です。

言われた方もまた恥ずかしがる事もなく
全面的に喜びを表し、
手を繋いだりハグをしたりして
愛を確かめ合うでしょう。


しかしそれに比べて日本人はと言うと、
人前で恋人に対して好きだと
口にする事は滅多にありません。

言ったとしても二人きりの時に
こっそりと告げ、
二人時の場面であってさえも
恥ずかしがった様子が
ありありと浮かんでいるはずです。

過去の出会いを振り返れば、
中には外国の人に負けないくらいの
オープンな性格を持った人が
いたかもしれません。

しかしほとんどの人に当て嵌まる結論は
やはり、なかなか好きとは言えない
性格である事が多いでしょう。


好きだと口にする事に
全く違和感を覚えない雰囲気を
作り出さない限り、
容易には告白する事もできません。

恋人から好きという一言が欲しいときには、
精一杯場のムードを取り繕う必要が
出てくるのでしょう。

ブログランキングならblogram

2017-12-06

結婚に迷った時は

結婚して、家族になるとはどういうことだろう
と疑問を持っている人もいるでしょう。

結婚が決まった人の中には、
結婚すると何が変わるのだろうかと
問いのない答えを問い続けている人も
もしかするといるのではないでしょうか。


理想のタイプの人に出会い、
交際に至ったときには、
今後のことをあまり深く考えずに
交際をはじめたという人が多いかもしれません。

しかし結婚となれば、
「本当にこの人で良いのだろうか」
「結婚して後悔しないだろうか」
と迷いに押しつぶされそうになることが
多々あるはずです。

そもそも、結婚して家族になる
というのはどういうことかと言うと、
あなたが両親の元で育ったように、
何があっても互いに支え合い、
許し合える存在になるということです。


あなたも困った時、苦しい時には
何度も家族が支えてくれたでしょう。

そして、どんなに喧嘩をしても家族は
あなたを見放そうとはしなかったはずです。

家族になるというのは、
そのような存在になり、
新しい家庭をあなたも築くということです。

この人と結婚して
本当に後悔しないのか迷った時には、
相手をあなたの家族のように思えるか
どうかよく考えてみると良いでしょう。

互いにどんな時も支え合えると思えるのであれば、
これから家族としてやっていけるはずですから、
自信を持ってください。


結婚というのは、
人生においてとても大きな決断です。

迷いがある人は、相手を家族として
一緒に歩んで行ける存在かどうかを
見極めることが必要になるでしょう。

家族になれれば、どんな時も相手は
あなたを支えてくれる存在になるはずです。

そして、あなたも相手にとって
かけがえのない存在となるでしょう。

ブログランキングならblogram

2017-11-24

家族になるということ

順調に交際が続いている恋人と
一緒にいたいから結婚をしたいと
考える人もいるでしょう。

結婚すればいつでも一緒にいられるから
安心できると簡単に考えてしまうかもしれませんが、
結婚とは「生活すること」ですから、
一緒にいられるという理由を優先してしまうと、
即座に後悔することが考えられます。


理想通りの人に出会い、交際が順調に進めば
幸せな結婚生活を望む人がたくさんいます。

しかし、どんなに理想通りの相手であっても
結婚後にラブラブな新婚生活
いつまでも続くわけではありません。

結婚は毎日の生活の連続でしかありませんから、
時には相手の嫌なところを見ることもあれば
喧嘩をすることだってあるでしょう。


あなたも家族と喧嘩をすることがあると思いますが、
結婚すれば相手とも同じように
家族として喧嘩をしながら
生活を続けていくことになるのです。

恋人同士であれば、
喧嘩が原因で別れることも簡単に出来ますが、
結婚すればそうそう簡単に別れることは出来ません。

家族になったからには、相手に思いやりを持って、
理解しようと努めることが必要です。

この覚悟がないまま結婚してしまえば、
離婚という選択をいとも簡単にすることにだって
なりかねません。


誰でも結婚する時には別れることなど考えません。

しかし、簡単に結婚を決めてしまうと
後々になって後悔することになるでしょう。

新婚時のような愛情に溢れる暮らしは
最初の内だけだと十分理解しておいてください。

あとは相手をどこまで許せるか、
そして、思いやれるかで
本当の家族になれるかどうかが決まるでしょう。

愛情を育むのは交際時だけではなく、
結婚後もずっと続けていくのだということを
覚えておいてください。

ブログランキングならblogram