Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2014-12-06

国営昭和記念公園 昭和の時代展から Part 2

f:id:gianni-agnelli:20141124133848j:image
1963 NISSAN Blue Bird Type-311

f:id:gianni-agnelli:20141124133956j:image
1963 SUBALU 360 CUSTOM

f:id:gianni-agnelli:20141124134010j:image
1970 NASSAN LAUREL Hardtop

f:id:gianni-agnelli:20141124134122j:image
1970 HONDA 1300 77

f:id:gianni-agnelli:20141124134243j:image
1965 Mitsubishi Minica

f:id:gianni-agnelli:20141124134529j:image
1968 Prince Skyline 2000GT-A

2014-12-02

国営昭和記念公園 昭和の時代展から Part 1

f:id:gianni-agnelli:20141124130421j:image
1965 Prince GLORIA

f:id:gianni-agnelli:20141124130542j:image
1964 Prince GLORIA Super6

f:id:gianni-agnelli:20141124130609j:image
1969 NISSAN Prince GLORIA

f:id:gianni-agnelli:20141124130633j:image
1966 Prince Skyline 1500 DX

f:id:gianni-agnelli:20141124130714j:image
1966 NISSAN Blue Bird Type411

f:id:gianni-agnelli:20141124130755j:image
1970 NISSAN Blue Bird 1600 SSS

f:id:gianni-agnelli:20141124130814j:image
NISSAN CEDRIC Type30

f:id:gianni-agnelli:20141124130921j:image
1969 TOYOTA Publica

f:id:gianni-agnelli:20141124131007j:image
1967 MAZDA FAMILIA Coupe

2014-04-06

1937 DATSUN Roadster

f:id:gianni-agnelli:20140406105457j:image


展示車にはフェートンという説明があったが、フェートンとは20世紀前半のオープン・スタイルの主流であった一形式。折りたたみ式の幌を備えた乗用車で、おもに2列4人乗以上の4ドア幌付オープンカーに対する名称である。2座オープンでランブルシートを備えるこの個体は、どうみてもロードスターであろう。
1937年以降、ダットサンのオープンモデルのドアは前ヒンジの後開きになった。これは戦前最後のモデルとなる。水冷直列4気筒 747ccのエンジンはこの年に圧縮比を5 から5.4 に高め、出力は16HP/3600rpm に上った。前後にフリクション・ダンパーがつき、乗心地もかなり改善されたようだ。ブレーキは油圧式ではなく機械式。

CARグラフィック62年7月号のニッサン特集記事のなかで、五十嵐平達氏は、戦前の教習所ではダットサンが使われ、「小さいくせに馬鹿に重く、その上切れば切れっぱなしで戻らないハンドルや、カラカラと特徴的な音をたてるUジョイントの響きに若き日の郷愁を感ずる方も多かろう」と述べている。


f:id:gianni-agnelli:20140406105532j:image

トランクに見えるのはランブルシート。開けると2座のシートが現れる。左側に乗り込むための小さなステップがある。


f:id:gianni-agnelli:20140406105504j:image

3ペダルのアクセルは真ん中。


f:id:gianni-agnelli:20140406105518j:image



本日、日銀本店前で開催されたジャパン・クラシック・オートモービル 2014から。
http://h-i-d.co.jp/jca/

2013-09-29

1937 DATSUN Type16 Coupe

f:id:gianni-agnelli:20130721140252j:image

f:id:gianni-agnelli:20130721133300j:image
水冷直列4気筒 SV 722cc 16PS MAX 80km/h

1937年ダットサン・クーペ。1931年以来ラインナップから消えていたクーペがこの年にモデルチェンジして登場した。2+2クーペのデザインは若き日の富谷龍一さんで、ドアハンドルを埋め込んだり、サイドステップを省いたり、当時としては最先端のデザインを見せている。シートはモケット張のベンチで、ステアリングコラムも傾斜角度を増していたから、ダットサンの中では居住性は最もすぐれていたようだ。ただしスペアタイアを高い位置で背負っているため、後姿はご愛嬌?
この個体は日産自動車が動態保存しているもの。


f:id:gianni-agnelli:20130721134953j:image

隣にお立ちのご両人は、左から元オペルの児玉英雄さん、日産の中村史郎さん。

2013-09-28

1960 DATSUN Fairlady   Type SPL212

f:id:gianni-agnelli:20130721130620j:image
OHV 1189cc 48ps

ダットサン1000をベースにFRPボディを架装したダットサン・スポーツ(S211型)*1の輸出仕様。SPLのLは左ハンドルのこと。
FRPボディは普通の鋼版となったが、フロント・サスペンションは独立懸架に改められた。
デザインは、戦前にオオタ自動車を製造していた太田祐一さんによるもの。
車名のフェアレディは川又ワンマン社長による命名であったが、正しくは日本式英語(?)の「フェアレデー」と名づけていた。
この個体は、北米での販売第一号車であり、NISSAN USAの副社長であった片山豊さんに日系人が直接購入を申し込んだものらしい。ピンクのボディはオーナー夫人の希望だったそうだ。


f:id:gianni-agnelli:20130721130456j:image

f:id:gianni-agnelli:20130721130504j:image

*1:わずか7ヶ月でSPL212型にモデルチェンジされたたため、総生産台数は20台くらいしか製造されていない。しかもその多くはマーケットリサーチのために北米に輸出されたので幻のクルマとなっている。